2010

07.15

読了本

読みました。

「長弓戯画 うさ・かめ事件簿」滝田務雄
新シリーズ待ってました…! 面白かった!
滝田さんの作品って、いわゆるギャップ萌えだと思います。
個性的すぎるキャラ、妙なテンションの掛け合い、こりゃバカミスかな、と思っているとラストで精緻なトリックに鮮やかに持っていかれる、というギャップです。
今回のシリーズはキャラがすごく好みでした。
おネエ言葉の少女漫画家(男)とサド編集(女)のコンビが主人公です。
いじめっ子編集に漫画家が、キャー!いやー!と泣かされる哀れな(はずの)シーンが笑えてしょうがない。しかしこのヘナチョコ漫画家が、意外にもキリッとした一面を魅せるシーンこそ、まさにギャップ萌えです。
エリートインコさんの自己紹介シーンにも吹く。
キャラのぶっ飛び具合は田舎の刑事シリーズの方が上なので、そっちの方が笑えるシーンが多いともいえますが、うさかめの方がにやにやできるかも!
続編待ってます!

長弓戯画 (うさ・かめ事件簿) (ミステリ・フロンティア)長弓戯画 (うさ・かめ事件簿) (ミステリ・フロンティア)
(2010/06/29)
滝田 務雄

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可