2019/07/28

アライアンスアライブ プレイ感想

アライアンス・アライブ (3DS)
発売されてすぐ買ったんだけど、やっとクリアした…
もう移植版も出ようかというときに!(このパターン多い)
レジェンドオブレガシープレイ感想


・全体的に&システムとか
イメージ的には、ストーリーのあるレジェンドオブレガシー。(設定の繋がりはない)
魔法以外の戦闘システムのベースが同じで、グラフィックデザインのテイストも同じ。
(魔法は精霊の取り合いがなくて普通に使えます。専用の装備がないと使えないところは同じ)
世界地図&飛空艇が出てきてより一般のRPGっぽく調整されてる感じです。
ムービー多めですがボイスなしなのでさくさく&ムービーの見返しもできます。
地図や本拠地要素がタッチ画面なので指でぽちぽち押すことにはなります。(完全ボタン制ではない、ちなみに立体視もありません)
スキル・フォーメーション・ポジション等、わりと早めに数々の要素が解放されるので、一気に理解しようと努めると混乱してしまうかも。盾役を決めつつ、SP・HPの上がりやすいスキルを習得しておくのが基本かな。
フリーで仲間になるキャラが3人いたり、寄り道要素は多いので、寄り道が好きな人にもストーリーをがしがし進めたい人にも良いです。(一応寄り道した方がお得。サポート機関のレベルを上げられるので戦闘で有利になります)

実はレジェレガのときはポジションレベルをあまり理解していませんでしたね…やっとわかった。
例)アタックポジションで技レベルが上がる→同ポジションで技を使ったときに威力が上がっている、という感じ(ポジションを変えると効果がない)
とはいえアタックポジション→攻撃力が上がる、サポートポジション→速さが上がる等の恩恵があるので、技ごとにポジションを変えるのか、完全固定にして技レベルを上げるのか、その辺を決める必要があります。
例)回復魔法はアタックポジションのレベルが低い状態から始まる→アタックポジションで回復を使っても効果が薄い

・ストーリーとか
特に誰が主人公とかなく(敢えて言うならガリル)9人のキャラの群像劇でストーリーが進みます。
千年前、魔族により4つに引き裂かれた世界で、魔族によって人間が管理されている。その歪みから抜け出すため、主人公たちは結界を壊して世界を取り戻そうとする。
序盤は基本的に3つのグループに分かれて話が進んでいきます。
どのグループも男女コンビがいるのが好きなんだ…幼馴染組、主従組、仕事のパートナー(冷静眼鏡と元気少女)がどれもおいしかったですね!(笑)
それぞれのグループが合流&本拠地ゲットしてからが本番、って感じであちこち行けるようになったりカスタマイズできるようになったりします。
スキルの育て方とかあれこれ考えだすのは、合流してからでいいかも。
必須ではない仲間キャラは3人いますが、仲間になるのが後半(うち一人はけっこう終盤)なので、なんかあまり育てずに終わってしまう…
途中、3パーティに分かれて戦うところがあるのですが(各メンバーは5人まで)、それ以降は特に全員育てる必要はないです。
育てるのも単純なレベル上げではなくてステータス上げ(戦闘中に技レベルが上がる、戦闘後にHPやSPが上がる)なので、キャラを複数育てようと思うとちょっとめんどくさい感じはする。

2周目は引継ぎニューゲームが選べるのと、サブイベント(というか船に乗せられるモブ)が増えます。
1周目でできることは一通りやりましたが、ストーリーはわりと王道でそんなに上下する展開がないのと寄り道要素多めだけどサブイベント感がそんなにないので、やりすぎるとちょっと飽きてくるかもしれない…
とはいえ、戦闘メインで楽しみたい人は、武器ごとの固定奥義や各武器の閃き技の多さとかいろいろやり込み要素あるので楽しいと思います!


2周目途中で放ってあるレジェレガをまたやろうかな…(キャラデザはレジェレガの方が好き)
レジェレガはかなり癖があるしさくさくできないから人には薦めにくいけど、雰囲気が本当に良いのだ
RPG | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示