--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/08/04

善人シボウデス プレイ感想

善人シボウデス (vita)

前作未プレイです。
メインは各部屋の謎解きをする脱出ゲーム。
それにストーリーが絡んでいって、いろんな分岐を読んでいって全体図がわかってくるという感じ。
分岐点にはチャートから簡単に戻れるので、分岐ごとにセーブを分ける必要はないです。
その分、特定の分岐やEDを見ないと進めないストーリーがあり、基本的には全テキスト読むようになっています。特定のEDに向けてストーリーを進めていく感じなので、ある意味では一本道。
EDコンプまで30時間以上かかったので、テキスト読むのが苦手だとつらいかも。
謎解きゲームを全部ハードモードでクリアすると、真エンドが開放されるようになっています。

閉鎖空間に閉じ込められた主人公たちが無理やりゲームをやらされる。殺し合いのゲームではないんですが、ペナルティを受けると毒を注入されて死亡してしまうので雰囲気はデスゲームっぽいのかもしれない。
なぜデスゲームなのか、なぜ主人公たちなのか、分岐を見ないと進めないストーリーがあるのはなぜなのか、ゲームシステム的なところにきちんと説明がつくストーリーになっています。

前作「9時間9人9の扉」のネタバレががっつり出てきます。(犯人の名前と犯人の目的が語られる)
こちら三部作となっており、「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」という作品が完結作となっています。
今作だけやると消化不良かも。ストーリーは面白かったのですが、犯人の目的と主人公の役割がわかるところで一段落します。
ラストに主人公が新たな目的を得るのですが、それに向かって行動を開始する、というところで終わってしまいます。
気になるので完結編もやろうかな。
前作も本当は先にやりたかったのですが、なかなか見つからなくてプレイできず…やるなら絶対にDS版推奨だそうです。
ADV | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。