--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

07.04

ゴーストトリック プレイ感想

ゴーストトリック買ったのでプレイしました!
あまりに面白くて一気に進めてしまいました。
だいたい10時間ぐらいでクリアできるかと思います。
amazonでPVが見れますがなんともわくわくする出来…!

逆裁の巧舟さんが!というだけあって、キャラは個性的で癖があって妙なテンポとシュールさ加減がたまりません。
ストーリーは、魂になった主人公がいろんなものにとり憑いて操って、自分の記憶を捜しながら他者の死ぬ運命を救っていくという話です。
ゲームの操作に関しては、逆転裁判のノリでピタゴラスイッチを!って感じですね。
失敗してもゲームオーバーにならないので、何度でもやり直しが出来、難易度はところどころ難しいけど自力で解けるレベル、という絶妙さです。
5章ぐらいでようやく、トリックととり憑くをかけてるのか!と気づきました。
シセルが"死せる"だと気付いた瞬間、キャラたちの名前の由来に気づいて爽快感が。
カノンちゃんだけわからないけど正典でいいのだろうか…警部は屍だと思う。
っていま気づいたけど、ミサイルとセットでキャノンなのかな?
※追記
カノンちゃんは観音だそうです!なるー

キャラがぬるぬる動いて楽しすぎる…!
警部の動作がいちいち面白いのですが、あとから出たテンテコの舞いにすべてを持っていかれました…
ゲームを進めるのを忘れて延々見入ってしまう恐ろしい魔力があの舞いにはあります。
ストーリーは、ラストへの収束感がたまらないです。
すっきり綺麗なハッピーエンド!なのにどこか切なくなってしまうよ…!
なんという絶妙さ。プレイ中のシセルの妙な落ち着きっぷりが大好きです。

とても面白かったので続編希望!です!
舞台が同じスピンオフっぽいものか、システムだけ継承の新主人公だったらいいなー

ゴースト トリックゴースト トリック
(2010/06/19)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ADV:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。