2017

04.03

マザー3

マザー3再プレイしようかなーと思ったのでちょっと語る

マザー3は賛否両論激しい作品です。
3を叩いている人はたいていはシリーズファンで、おそらくは「シリーズに裏切られた」という思いがアンチに変わっているのだと思う。
3はそういう意味では、2までとはまったく違ったアプローチの話です。ちなみに私は2のファン。
2は優しく温かくおかしみがあって、たくさんの素敵な町や村があって、少年少女が冒険をして旅をして悪を打ち破る話です。電話をすればいつでも家族の絆を確かめられて、幼い思い出の詰まった精神世界(モラトリアム)との穏やかな別れを経験し、倒すべき敵も真の悪ではなく、心の力で打ち破る。理想の子供時代と冒険が詰まっている。
それを期待してプレイした3には、さぞ裏切られただろうと思います。3はそういう物語ではないからです。3は痛みの物語でした。
3は時代に合わせて作ったそうですが、マザーにそんな現実は求めていないという意見が多かったように思います。3は鬱だから嫌い、ひどいという声もよく聞きますが、単にショッキングな展開を娯楽にしようという作品ではないと私は思います。

マザー3は弱者の物語で、理想が現実を打ち破ったりはしない物語でもある。
主人公たちはみんな弱者で、半人前としか見なされない。悲しみに暮れる幼き少年、名ばかりの姫、脚の悪い男、ペットの犬。金と近代化の波にのまれて、世界はどんどん変わっていってしまう。それに乗り遅れた半人前の言うことなど、誰も聞いてはくれない。
世界の鍵を握る魔女たちも、やっぱりマジョリティではなくマイノリティの立場なんだよね。主人公の味方は、老人たちや、虐待されている猿や、社会的弱者ばかりなんだ。
でもそんな半人前たちが、世界を救うという話です。一人では未熟でも、力を合わせれば一人前以上になる。どんなつらいことやひどいことがあっても、力を合わせれば乗り切っていける。そういう話かなあと。
自己完結しすぎていて他人を頼らない、人の意見に耳を貸さないと、自分の判断が間違っていても気づけない。認めない。そういう話でもあるかもしれない。

村がどんどん近代化してしまうのは、プレイヤー視点だと無粋だしやめてほしい。でも現実には止められない流れなんです。おまえの村だけ不便なままでいろとは言えない。変わらないままが正しいとは言えない。
変化を受け入れ、そこから進むべきだと言うメッセージかなと思います。村は元に戻らない。失った人は帰って来ない。障碍はいきなり治ったりもしない。それでも生きていくんだっていう辛い話なんだよなあ…
世界の構造がわかってしまう部分も賛否両論かなと思いますが、誰もがそれぞれの役割を持って生きているということなのかなあ。
シリーズではやっぱり2が一番好きなのですが、一番いろいろなことを考えさせられたのが3だと思います。辛いし痛いけどしみる。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可