2016

07.07

読んだ本

「ガソリン生活」伊坂幸太郎
望月家の兄弟が、スキャンダルに狙われている女優とほんの少し関わり、その関係で記者と出会って…で、すったもんだする話。
この話の主人公は緑のデミオ(車)です。車視点だから比喩や慣用句?がすごく面白かったり、緑デミの知らないところで交わされた家族の話はわからないから、隣家の車と一緒に推測したり、な感じが楽しいです。二輪車とは会話できないのかわいすぎて吹いた(笑)
兄弟が悪意のある人たちに嫌な目に遭わされて途中すごくモヤモヤしますが、最終的にはスッキリします。エピローグもすごく良かった!

「黄金の烏」阿部智里
八咫烏シリーズ第三弾。
世界観はすごく好きなんだけど、二冊目まで読んでて、このシリーズはキャラにあまり思い入れしない方がいいのか…?と思っていたところだったので、今回文句なしに面白かったです!
舞台は同じのそれぞれ別の話?とも思っていたので、今作でしっかり続き物だということもわかりました。二作目(烏は主を選ばない)の雪哉が引き続き主人公です。根性があって有能な主人公はやっぱり面白い。
烏に転身できる一族を描いた平安風ファンタジー。今作で「外の世界」というものが存在することがわかり、その描き方が意外で面白かった。続刊でどういう展開にするのか、すごく楽しみです!

「希望荘」宮部みゆき
杉村三郎シリーズの新刊。中編集です。正直、このシリーズはペテロで終わりかと思ってたので、続くんだ!?ってところにビックリしました。杉村が再スタートを切る話。
宮部さんはほんと人間を書くのが上手い…単なる「悪人」がいるのではなく、「弱い人間」がいるんだ、っていう感じがリアリティあるし宮部節ですよね…
ミステリなんだけど主人公は普通の善人で、やってることは調査員。人と話をする中で情報を集めていくんだけど、相手の気を悪くさせないように言い回しに気を遣ったり、凄惨な事件に心を痛めたりと、ほんとに普通なところが応援したくなって好きです。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可