2016

06.06

グラビティデイズ プレイ感想

GRAVITY DAZE (vita版)

公式の分類はアクションアドベンチャー。
vita買ったころに一緒に購入して、一度プレイしたんだけど敵倒さないといけないところで操作混乱してやめてしまった…(超序盤)
最初は重力を駆使してぽんぽん飛ぶだけのアクションだと思ってたからかも。ちゃんとやり直したら面白かった。

・概要とか
記憶を失った少女キトゥンがヘキサヴィルの一角で目覚めるところから物語は始まる。いつも一緒にいる黒猫ダスティの力を使って、キトゥンは重力を操ることができる。
町は重力嵐の脅威と隣り合わせ、嵐に合わせてネヴィという外敵が町に入り込む。キトゥンは重力を駆使して町を守るのだった…というストーリー。
重力を操れるのは限られた人間だけなのになぜキトゥンにその能力があるのか、キトゥンは何者でどこから来たのか、ダスティは何者なのか(猫の形をしているが、生命体ではない?)、世界の創造主と名乗る人物が現れるがこの世界は何なのか…という謎は基本的に解明されません
ただ続編が出るみたいなのでそっちでわかるのかな。町に現れた脅威を倒して町を救う!というストーリー自体は完結してます。

・システムとかプレイ感とか
とにかく重力を操れる!がコンセプトのゲームです。空だろうが建物だろうが指定した方向を下にして、ぎゅいーんと飛ぶ(落ちる)ことができます。ジャイロも対応してますが、個人的にはスティックの方が使いやすかったかな。
最初は浮遊感に慣れなくてけっこう混乱したのですが、慣れてくるとストーリーもミッションごとにさくさくクリアしていく感じで、テンポ良くて面白かったです!
町の機能を回復させていくとミニゲーム(ミッション)が開放されるのですが、基本的にタイムアタック系なので一回ずつぐらいしかやらなかった…ただミニゲーム数も多いしご褒美ももらえるしいつでもチャレンジできるし、こういうの好きな人はとても楽しめると思う。
空中をゴーって飛んで移動してばっかりなので、地理は全然覚えられませんでしたが(笑)町中を飛び回ること自体は楽しかった。アサシンクリードとか好きな人は楽しめるんじゃないかな~
警官シドーとキトゥンの関係がかわいくてちょっと萌えた(笑)
後半は敵と戦ったり異空間に行ったりがメインになるので、前半の町のお悩み解決な雰囲気の方が好きでしたが、全体的には良かったです!

続編も興味はあるけどPS4か~~
買うとしてもまず本体が何年後かな…PS3もほとんど遊べていないというのに

ACT:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可