--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

06.06

TOV プレイ感想其の四

ちまちまプレイ。進捗感想。
ベリウスに会ってダングレストに戻ってカロルが「悩める少年」の称号を取得したところなので、ストーリーは折り返し地点過ぎたのかな~と思います。

砂漠の町でフレンと再会したときはほんとどきっとしました…
なんかフレンが手柄を立てるたびに切なくなってしまうのはなぜだろう。
エステルの価値観が少しずつ変わってきてるので、これだったらユーリの行く道と交差することもあるかもしれないなあ、とちょっととらえ方が変わってきました。

ストーリーですが、このあたりはやっぱりカロルを応援したい!
最初はちょいちょいしゃしゃり出てきて、ちょっといらいらする子だな~と思ってたのですが(むろん、狙って演出されてたのだとは思いますが)、展開が進むとちょっとずつしっかりしてくるところがいい。いくら自分の意思で関わってるとはいえ、大人の都合に散々振り回されてると思うのでちょっと可哀相だなと思います。でもそれを乗り越えようとしてるとこがいいな! いつも八の字眉でどうしよう、って言ってたけど、船に乗り込むときにビシッとした顔つきになってたとこがいいです。
子供が頑張ってる話ってとにかく泣けてしまう。
ヴェスペリアは演出いいですよね。イベントの途中で時折映る空の色が綺麗で、ちょっと泣けてしまったりします。会話シーンで特定人物の表情だけ見せたりとか、逆に表情は見せないで後ろ姿だけとか。いままでのテイルズはポリゴンキャラの表情が硬かったけど、技術が進むと表現の幅も増えるんだな~となんだか感心。

それと相変わらずおっさんが素敵すぎます。
なにしゃべってても可愛すぎる。砂漠でひとり元気なのは可愛すぎますよ… 自分のことおっさんって言っちゃうのもいいし、時折年長者らしい言動をするのもいい。
表の顔と裏の顔と裏の裏の顔があるんですよね、たしか… どきどきするけど展開楽しみです。
パティも、なにこの変な子、かわいい!って感じで気に入ってます。他人に迷惑をかけない、自己完結してる感じが子供キャラらしからぬけど、けなげでかわいいです。移植時に丸々増えたキャラだとは思えないぐらい、イベントの繋ぎが奇麗ですよね。開発時には最初からいたんでしたっけか…

続きも楽しみにプレイだー
いまのとこ、ワンダー記者のイベント一個逃しましたが、サブイベントはだいたい全部拾ってると思います。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。