--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

09.25

じぶり

こないだコクリコ坂のDVDをうっかり買ってしまったので、めいらさんと一緒に見ましたのことよ!
やっぱコクリコは雰囲気が好きだわ~
そしてやっぱり主人公がいい子でけなげすぎてきゅんとくる…

そういえばかぐや姫公開してたときに観に行きました。
あれは高畑作品の最高傑作だと思うわ。
でも人を選ぶ作品だと思います。
受け身のつもりで見るとたぶんあんまり面白くない。
登場人物の気持ちを読み取ろうとか解釈しようとかすると面白くなる。
表情とかしぐさとか音響とかいろんなところに情報が隠されていて、読み取ろうとすると奥深いと思います。でもあんまりセリフでは説明してない。
オリジナルで昔の思い人(?)に会うシーンがあるんだけど、時間とか世間とかいろんなものが横たわっていて二人は結ばれないというのが高畑節だなあと思います。ここでかぐやが姫だから結ばれないとすればよっぽど綺麗なんだけど、そうすると身分が悪いっていう話になっちゃうしそれは違う気がする。
それに関して夢なのか現実なのかわからないシーンがありましたが、あれは互いの気持ちだけは本当に逃避行したんだと私は思ってます。気持ちは本物だったけど永遠じゃない。だから終わる。
翁に関しては、自分がかぐやを追いつめていたことに気づいてももう遅すぎた、というのがやっぱり高畑節だと思う。でもかぐやは知っていてわかっていて翁を許していたんだよなあ。
しかし貴族女性の間では身分の高い相手に嫁ぐことこそ幸せ、というのは当たり前だったのではないだろうか。そういう意味ではかぐやこそが異端だともいえるし、親心を解しない娘だという解釈もできる。
無常観というのをいろいろ考えさせる作品だったなーと思います。

でもジブリの高畑作品で一番好きなのはおもひでぽろぽろだわ。
昔はこれが一番つまらないと思ってたけど、大人になると沁みる~
なにより、トシオさんはジブリ一いい男だと思うの…!(笑)
ベッド・ミドラーのThe Roseの高畑訳もすっごい良いんだよな~
原曲はちょっと説明調っぽい歌詞だけどいい歌。

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。