--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

06.26

ピンポン

ピンポン、最終話まで見れてません…!
いやあ、なんかもったいなくてちょっとずつ見てます。あと二話!

最初は、驕った天才が敗北から立ち上がるスポ根物だと思ってたんだよなー
でも違ってて、次は天才の陰に隠れてたもう一人の天才の話かと思った。
それもちょっと違ってて、最終的には五人の少年の物語としか言えぬ…
卓球の話なんだけど、卓球だけの問題とは言えず、人生の話なんだけど、ただのスポーツの話とも言える。

戦う相手を壊してしまうロボットのスマイルVS戦う相手を救うヒーローのペコ
という構図なんだけど、ペコの最大のライバルであるスマイルは本当はヒーローをずっと待っている。
スマイルが呼んでるから、というペコのセリフは泣けるぜ…
孤独の王者ドラゴンと自分に才能がないことを思い知ったアクマの関係も切ない。
自分が神格化していたドラゴンが卓球をするための理由を見失っている、ただ追いつめられて逃げ出せない状況で戦っていることにアクマは気づくが、自分のヒーローであるドラゴンにかける言葉を持たない…
この作品が天才と凡人という構図だとすると、ドラゴンもまた凡人の側であることにもアクマは気づいてしまっている。
チャイナは夢が粉々に砕かれたが、別の道を見つけることで卓球に関わり続けている。
もう夢は追いかけられないことを受け入れる切なさと、親鳥のような目でチームメイトを見る優しさに泣ける。

最後は予測がつくようなつかないような、どっちが勝つか知りたくない感じ…!

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。