2013

11.29

DQ6 プレイ感想

ドラゴンクエストVI

数年前に買ったのですが、ラスボスが倒せなくて詰んでいたのを最初からやり直して20時間ぐらいで放置してたのを再開しております(いつものパターン)。
クリアまでは約37時間。普段から途中放棄→再開パターンが多いんですが、攻略サイトのストーリーチャートって便利ですよね…(内容忘れてるときに)

・ストーリー
辺境の村で妹と暮らしていた主人公は、幻の大地を目にし、精霊から本当の自分を取り戻せとのお告げを受ける。
二つの世界を行き来する設定なのですが、ちょっとずつ背景がわかっていく感じが面白かったー!
ドラクエは4~8をプレイ済みですが、個人的に一番ストーリーを進めていくのが楽しかったかも。(キャラやキャラエピソードが好きなのは4ですが)
ラストのちょっと切ない感じと余韻も良かったです。

・キャラ
漫画版の印象で(うろ覚えだけど)、ハッサンは脳筋、チャモロは嫌味小僧だと思ってました…二人とも超いい人だった…
他のシリーズと比べると、いまいちオタク受けするデザインじゃなかったのと、パーティキャラが基本的に癖の少ない善人ばかりなので、地味な印象が付いてしまうかもしれません。
DS版で追加されたというキャラ会話システムが面白かった~ わりと常識的なキャラの中で、バーバラだけやんちゃな子なので会話が楽しいです。村人に一人話しかけるごとに全員違うコメントをくれるので、テキスト膨大で凝ってるなーと思います。アモスさんの会話も面白いらしいのですが、うっかり追い払っちゃったので仲間にしてません…

・その他システム
移動が面白いゲームだなーと思います。
普通のRPGだと船なり飛空挺なり手に入れてどこへでも行けるってのが定番だと思いますが、ドラクエ6は移動手段が何種類もあって、海は渡れるけど森や山には入れないとか、森の傍でも接岸できるけど浅瀬には入れないとか、段階的な移動方法になってます。
だから地図もエリアごとに埋まっていくんじゃなくて、虫食い状態になっているのを新しい移動手段を手に入れたらそこを埋めに行く、って感じなので地図埋めが楽しい。その移動手段入手にも、ご褒美的にほいっと手に入るんじゃなくて、それぞれ関連したイベントをこなすので愛着もわいて楽しいです。
それから職業システムがありますが、FFと違って一度覚えた技は職業変えても使えるのはいいですね。

ドラゴンクエストVI 幻の大地ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2010/01/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る

余談:
二大ゲーム論争はどっちかというとFF派です。
ドラクエは戦闘中のキャラ行動が固定されてしまうのと、とにかくレベル上げになっちゃうので(その代わりレベルさえ上げればクリアできるけど)、レベル低くてもなんとかなっちゃうFFの方が好きです。
というかドラクエは個人的に難易度が(悪い意味で)絶妙すぎる… 世界樹みたいな凶悪難易度だと、ちょっとずつ進めてボス戦時もそれなりにレベル上がってるのですが、ドラクエはレベル高くなくてもとりあえずボスにたどり着けてしまうので、勝てない時のやり直しやレベル上げがほんとにつらい…(装備買いたくてもお金貯まりづらいし、セーブポイントが町中にしかないのでダンジョンが長い)

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可