--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

11.03

光の4戦士 プレイ感想

ファイナルファンタジー外伝 光の4戦士

一応FFなのに全然評判を聞かない(スルーされてる?)ので、あまり期待せずやってみましたが、面白かったです! 鍵で解禁のEXダンジョンには一切行かず、Lv.53で34時間ぐらい。
スクエニ新作のブレイブリーデフォルト(体験版だけプレイ済)に雰囲気は似てます。キャラデザとかミニキャラのポリゴンがフィールドマップを歩くとかマップが夜になるとかジョブの変更とか。デザイン的なイメージはけっこう似てるかなあと。
FFの中ではかなり可愛いところに位置してる作品だと思います。DS版のFF3っぽい。デフォルメのきいた世界をミニキャラがとてとて歩きます。

・ストーリーとか
一昔前のRPGっぽさ。序盤から当たり前のように姫を救出に行く展開だったり、いきなりクリスタルの使命を受けて世界を救わなきゃいけなくなったり(具体的な説明はされない)。そういうもんだと思ってプレイしてると面白いです。
なによりさくさく話が進むのがいい。町ごとに異変があって、近くのダンジョンボスを倒すとイベントが進む、という流れが基本なのですが、ダンジョンも短めでさくさく進みます。
面白いのが、最初に集まった四人組(主人公たち)がパーティを組んだと思ったら序盤で別れ別れになってしまうこと。喧嘩だったり呪いだったりでほいほい別れては再会してまたパーティを組んで、かと思えばやっぱり一人で行くわ、と別れちゃったりみんな協調性なさすぎる!(笑) こういう作品で最初に四人パーティそろっちゃうとだんだん飽きてくるのが常ですが、メンバーを次々別行動させちゃう展開が面白い。
もちろんその間は一人旅だったりゲストキャラが入ったりで、どういう旅支度(装備)で行くか…(持ち物がそれぞれ15個までしか持てないので)と考えたりがなかなか楽しいです。
シナリオは外部委託で紅玉いづきさんとかがやってます!(「ミミズクと夜の王」の人)
四人そろったストーリー後半はいままでほど展開が動かないので面白みが減るかもしれませんが、その分各地のジョブを集めていったり最強装備をそろえていったりジョブの組み合わせをいろいろ割り振ってみたり、戦闘面で楽しめるかなと思います。まあ使わないジョブもいっぱいあるんですがね…

・システムとか
ジョブ制で私が苦手なのは、ジョブの育成に手間がかかることです。熟練度制だと、特定のジョブに就いて戦闘を重ねないとレベルが上がらない。さらに、マスターするのには時間がかかる。いろいろ試してみたいけど、あれもこれもとレベルを上げているうちに飽きる…というのが自分のパターンです(なのでジョブ固定の方が好き)。
しかしこの作品にはそういう手間が要らない! さらに装備制限もないしメニューからいつでも好きにジョブ変更できる。という、なんとも私好みのシステムでした。
この作品では宝石が万能アイテムとなっています。敵を倒すと手に入るのですが、お金は落とさないため宝石を売ってお金に替えます。
宝石には種類があって、特定の宝石を特定の個数持っていれば、ジョブのレベルを上げることが出来ます(つまり、一度も使っていないジョブでもレベルを上げられる)。また、ジョブレベルも三段階でマスターになるので、手間もあまりかかりません。このあたり、気楽で楽しかったです。武器防具の性能を上げるのにも宝石が使えます。
また、戦闘システムはAPという行動ポイントシステムになっています。戦闘中「ためる」で溜めることができ、いろんなスキルや魔法の使用に必要となります。これも私好みでした。何故かというと、いわゆるMP消費というのがないからです。ボス戦までひたすら温存しなくても使い放題なところが嬉しい。
ポイント交換(戦闘回数や通信によってポイントがたまる)というのもあって、専用の店で装備を買うことができます。弓買ってみたけど、あまりにもバランスブレイカーだったのでそっと封印しました(笑)

・残念な点
不満点というか、かゆいところに手が届いてないなあというところはあります。主に操作性について。
まず、メニューの選択がちょっと手間。キャラの切り替えにLRボタンが使えないので、いちいちキャラを選択する必要があります。選択肢一覧が出てる状態だと十字ボタンで切り替えできるので少し楽だけど。
メニューや戦闘におけるカーソル記憶が不十分なのも多少面倒臭い。このへんはまあ、慣れたらまあいっかとも思うけども。
それから、ジョブ変更すると装備品はそのままですが装備アビリティ(スキル)が全部はずれてしまいます。ジョブ固定アビリティだけならわかるのですが、魔法をいちいち装備し直すのがとても面倒臭い。
それと、持ち物に個数制限があるので、中身を厳選したりどのキャラに持たせるか整理したりするのですが。離れている仲間が持っている物には手が出せません。これはまあ、合流すればアイテム整理できますが、もっと困るのはゲストキャラが持っているアイテムが別れる際に回収できないこと。貴重なアイテムを持たせていた場合泣く破目になります。
その分倉庫の使い方が鍵になりますので、別行動をしている際に他の仲間の分まで装備を買って倉庫に放り込むということをすると楽です。そのあたりは不満点でもあるし、考えどころがあって面白いともいえる(ボス攻略のために装備品を厳選したりとか)。

光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-
(2009/10/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ボスが強いとはいえ、難易度的には普通クラスのRPGだと思います。
ただし、RPG初心者にはおすすめできない。というのも、荷物に制限があったりスキルを選んだり、取捨選択が必要なゲームだからです。そういうのが苦手な人にとっては難易度高くなってしまうかも。
それとキャラのレベルが上がると敵も強くなる仕様みたいです。ラスボスがけっこうキツくて、全滅しては装備やジョブを変えてみての再挑戦、五回ぐらい全滅しました…!(勇者、ナイト、精霊使い、白魔法使いでクリア)
終盤の展開は王道もいいとこでしたが、エピローグとか可愛くて満足です。伝説の装備外すとき、鎧装備してたブランドが下着姿になったままイベント進んで吹いた。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。