2012

04.26

読んだ本

「黄金の狩人」(全三巻)ロビン・ホブ
「仮面の貴族」(全三巻)同上
ファーシーアの一族三部作の続編シリーズ、道化の使命三部作です。
読む前に前シリーズ読み返そうとしてたら新刊が出てしまったという…再読しましたが、一度読んだにも関わらず何度も泣いてしまったわ… ファーシーア三部作はいろいろと胸をえぐる話でしたね。主人公フィッツがとにかく痛々しくて、ここまで過酷な運命に放り込まれた主人公を他に知らないよ。手に入れたものは取り上げられ、大切な相手は次々失っていき、絶望の中に希望を探すような、希望の中に絶望を見るような、そんな物語でした。鬱展開は苦手な方なんですが、この作品は薄っぺらさの欠片もなく強い説得力を持っていて、絶望の中に時たま見顕わされる愛情がまた泣かす。
続編である道化三部作は、前シリーズの十五年後の物語になっています。フィッツも大人になったからなのか、前作ほどひどい鬱展開もなくて子供たちの中に希望の光を見る事ができるので、まだつらくなく読めるかも。道化はシリーズのオアシスだと思います…! フィッツは何度も裏切られ、利用され、愛する人たちから返される愛情を信じていないところがすごい泣かす…君はそろそろ幸せになっていいんだと言いたいけどそうは問屋が卸さない。
「黄金の狩人」は新展開始まったよーって感じですが、「仮面の貴族」の展開には振り回されまくりの泣きまくりですよ。道化の愛に泣いてブリッチの愛に泣いてシェイドの愛に泣いてナイトアイズの愛に泣いてケトリッケンの愛に泣いてペイシェンスの愛に泣いて大変です。中でも仮面の貴族二巻終盤の展開には息も出来ないほど泣いたわ。黄金の狩人にもすごく辛い展開あるんだけど、そっちはまだ受け入れやすかった。
ちなみにファーシーア三部作では、山小屋で道化と再開したシーンとヴェリティがフィッツに作業を手伝わせてくれない真意がわかるシーンで特に泣けました。なんかこの作品の泣きシーンってじわじわくるというよりは、突然息もできなくなるような感じに近い。
年代が違うので、道化三部作だけでもストーリーはそれなりに楽しめると思います。でも前作読んでないとフィッツがどんな目に遭ってきたかとか絆がどれほど強いかとかわからないから、心揺さぶられるような情動は感じないと思うなあ。
翻訳が綺麗で、特殊な言葉の訳もぎこちない感じがなくて好きです。中でも道化のセリフの訳がいいなあと思います。続きすごい読みたいんですけど、三作目が出るまでに何年待たなきゃいけないんだろう…
っていうか某キャラに死亡フラグが!やめてー!
黄金の狩人1 (道化の使命) (創元推理文庫)黄金の狩人1 (道化の使命) (創元推理文庫)
(2010/01/30)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る

仮面の貴族1 (道化の使命) (創元推理文庫)仮面の貴族1 (道化の使命) (創元推理文庫)
(2012/04/11)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る


「堂島物語 5~6」(完結)富樫倫太郎
ここでまさかの主人公交代です。エッなんでと思ったのですが、前主人公は才覚を顕わしてのし上がって成功して独立してその後のもうひと山まであったわけで、これ以上成長の伸びしろがなくて旨味が少ないのかもしれない。
前主人公の知り合いの息子が新主人公なんですが、遅すぎる歳で奉公に上がった負けん気の強い少年というところは同じで、ばりばりのし上がるところがやっぱり面白いです。前主人公が雲の上クラスの存在で登場するのでニヤリとします。
堂島物語5 - 暗中篇(仮) (中公文庫)堂島物語5 - 暗中篇(仮) (中公文庫)
(2012/02/23)
富樫 倫太郎

商品詳細を見る


「夏天の虹」高田郁
みをつくし料理帖七巻目。澪は人生におけるとても辛い決断をします。そんな澪に追い打ちをかけるような出来事が次々起こりますが、中でも終盤の展開には呆然としてしまいました。予定通りに話を進めているそうですので、この展開も予定通りなのかなと思ったらなんだかすごいなあ。
今回はすごくシビアな感じがしました。
夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
(2012/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る


「赤ちゃんはまだ夢の中」青井夏海
九年ぶりのシリーズ新刊です。雰囲気は相変わらず。助産師助手の主人公が、妊婦さんの周りのワケありそうな人々はいったい何なんだどういう関係なんだ、と首を突っ込んでいくパターンです。いわゆる日常の謎派ミステリ。
男性作家は書かなさそうだなと思います。なんというか、助産師を探偵役にしようという発想にならないのではないかと。松尾由美さんのシリーズにも妊婦探偵とかいましたね。
赤ちゃんはまだ夢の中 (創元推理文庫)赤ちゃんはまだ夢の中 (創元推理文庫)
(2012/04/21)
青井 夏海

商品詳細を見る


以下ラノベ
「スクランブル・ウィザード 2~7」(完結)すえばしけん
四巻までで第一部、五巻から第二部っていうイメージでしょうか。四巻がピークかな、と思ったのですが、最終巻への盛り上げ方と締め方が良かったです。
ヒロインが可愛くてすごく好みでした。淡い恋心みたいなのが好きだったので、途中で積極的になっちゃうのはちょっと残念でしたが、ラストの持って行き方がすごく良かったです!
一部ラブコメっぽい展開は苦手でしたが、主人公とヒロインの組み合わせが好きなので面白かったです。展開はけっこう読めましたが、キャラの掘り下げとかわりと硬派っぽくて良かった。
スクランブル・ウィザード7 (HJ文庫)スクランブル・ウィザード7 (HJ文庫)
(2010/06/29)
すえばしけん

商品詳細を見る


「東京レイヴンズ 1~5」あざの耕平
ファンタジーの学園物って大好きです…! いわゆる陰陽寮が現在も続いていたら?という設定の、現代舞台のファンタジー。主人公たちは陰陽師育成学校の学生となります。とにかく設定が好みです。
一巻はハーレムラブコメっぽい雰囲気があってちょっと苦手ですが、その構成にちゃんと理由があるのがあとでわかるのがいい。四巻あたり、短編を挟む構成になっているのですが、下地にラブコメがあってギャグに振り切った話は続くとちょっと食傷気味かな…と。
本編自体はとても面白いと思います。イラストもカラーリングが良くて好き。
東京レイヴンズ1  SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)
(2010/05/20)
あざの 耕平

商品詳細を見る


以下まんが
「ちはやふる 1~2」末次由紀
アニメの出来がすごく良いので原作欲しくなりました。一気に買いそろえるのはキツイので、ぼちぼち揃えていきます。かるた競技の話ですが、ほとんどスポ根。
コマ割はそんなに上手くないですが、魅せゴマが良いです。おまけ四コマがかわいい。
新と千早の関係がツボすぎる。離れてても会えなくてもメールの返事がなくても、新は千早の心の一番大事なところにずっといて、指針になってるんだなあと。なんかこういう、尊敬の混じった関係って大好きです…! というか新が好きすぎて、登場のたびに新ああああああってなります。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


「京洛れぎおん 3」浅野りん
千鳥の昔のパートナーが登場。千鳥と鉄汰の組み合わせって公式的には無しかと思ってたから、千鳥→鉄汰のほぼ確定にすごくもだえました…! ツンデレ千鳥が可愛すぎる。
京洛れぎおん 3 (BLADE COMICS)京洛れぎおん 3 (BLADE COMICS)
(2012/04/10)
浅野 りん

商品詳細を見る


「銀の匙 3」荒川弘
実は一巻の時点ではあんまり好みじゃないかなあ…と思っていて、続き買うか迷って一巻読みなおしてみたら逆に面白かった。キャラやストーリーがどうのというより、農家の裏話的な感じとか、それぞれのシチュエーションが面白い。
三巻は八軒の兄登場と可愛がってる豚が食用になることを許容できるかどうかの話。
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
(2012/04/18)
荒川 弘

商品詳細を見る


「俺様ティーチャー 13」椿いづみ
相変わらず面白いです…! アッキーがまじ後輩。
生徒会の歌音がメインの回。今回は夏男が大活躍です。真冬さんまじ男前。あと私服番長やべえ。
毎回大サービスの四コマで港ちゃんが可愛すぎます。そろそろ大久保さんとくっ付けよ。そしてファンシー有栖川組に入りたい(笑)
俺様ティーチャー 13 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 13 (花とゆめCOMICS)
(2012/04/20)
椿いづみ

商品詳細を見る


「月刊少女野崎くん 1」椿いづみ
やっとコミックスになったー! 少女漫画家の男子高生の四コマ漫画。ヒロインの千代ちゃんが可愛すぎる。
オンラインで最新話が読めるので書き下ろし目当てでしたが面白かったー! この人キャラ作るのがうまい。先輩がカッコ可愛くて好きです。
月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/04/20)
椿 いづみ

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可