2011

11.17

夢幻の砂時計 プレイ感想

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 クリアしました!
3年ほど前に買ってて詰みに入ってましたが、なんとか…なんとかクリアしました。
最終地図入手直前までいってたので、終盤近くだったみたいです。

・ゼル伝について
ジャンルはアクションアドベンチャー。
他にはふしぎのぼうししかクリアしたことないのですが、一定の型があるようです。
少年リンクが手に入るアイテムを駆使して、ゼルダ姫を助け出すシナリオになっています。作品ごとにパラレル設定(?)になりますが、続編ぽく設定を継承している作品も一部あるようです。
アイテムというのは、例えば今作では弓とかブーメランとか爆弾とかです。そのアイテムをどう使って先に進むかという謎解きがゲームのメインになります。敵によっては特定のアイテムを使わなければ倒せません。ボス戦では基本的に特定のアイテムを使って倒すことになります(弓で目を射るとかロープを張って攻撃を撥ね返すとか、使い方を考える必要がある)。
リンク本人はしゃべりませんが、サポートキャラがいろいろと教えてくれたりしゃべってくれたりします。
謎解き自体は楽しいですが、アクションゲームが苦手な人にとってはかなり厳しいゲームという気がします。
というのもボタン連打や技を繰り出していれば勝てる昨今のアクションRPGとは違い、レベル概念が存在せず、レベル上げができません。ライフはストーリー進行で増えますが、基本的にプレイヤースキルがなければ進められないゲームです(特にボス戦)。また、一部スピードを要求される場面もあります。

・今作について
幽霊船に囚われた友人テトラを助け出すため、幽霊船にたどり着くための情報やアイテムを求めて、リンクが船に帆を掛けあちこちの島を探索していくストーリーになっています。
まさにタッチペンであることの利点を最大限利用しているシステムになっていて面白いです。情報を書き込んだり、ブーメランやロープを張るための軌跡を描いたり。
その代わりに、アクション苦手な私がとても苦しんだのがアイテム選択です。リアルタイムなので、アイテム選択中もゲーム内の時計は止まりません。それだけならまだなんとか…なのですが、これ、タッチペン1本なので選択中は攻撃できないどころか移動すらできないのです。そのせいで何度やられたか…自分どんくさい…
ミニゲームやコレクター要素もいろいろありますが、自分は一通り軽く触ったぐらいなので進行上必要なところ以外は無視していいと思います。(サルベージは砂時計の砂が増えるのがいくつかあるのでやっとくといいかも)
今作は海王の神殿というのがメインダンジョンで、何度か潜ることになりますが、ここが一番キツかった! まず、時間制限あり。そしてファントムという倒せない敵が登場し、見つかると逃げるしかなくなる→攻撃されると気絶、階の最初に戻る、制限時間を減らされる。(ボス戦に向かう最後の最後では倒せるようになります)
とにかくここのせいで心折れかけました…ゲームオーバーになると最初の階からやり直しだしね!
他のダンジョンは適度に面白かったです。ラスボス戦も辛かったけど、アイテム交代もほとんどなかったし、ふしぎのぼうしのラスボスの方が辛かった気がする。(それでも2回ゲームオーバーなったけど)

・その他
一般に猫目リンクと呼ばれるデフォルメリンクが可愛いです。
というか全体的に足の短いデフォルメが可愛い。紙芝居の絵も可愛くてよかった。
リンクはセリフを一言も口にしませんが(選択肢のセリフすらない)、表情がころころ変わったりして感情豊かです。
エンディングのおっさんと妖精のやり取りがケンカップルみたいでニヤニヤしました(笑)。
一番最後の締めが余韻があって良かったな~と思います。

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
(2007/06/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


また他のゼル伝もやろうかな。(アクション苦手で辛いけど)

ACT:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可