2011

10.11

うたプリ プレイ感想其の一

うたのプリンスさまっ Repeat
プレイ中です。アニメ視聴済み。(←なのでキャラに好意的な状態でプレイ始めてます)
とりあえずAクラス終わったのでそこまで感想。

・全体的に
アイドル養成学校恋愛ゲーム。
アニメが真面目にギャグアニメ!って感じだったので、ゲームどんな感じって思ったのですが、わりとがっつり恋愛系でそれなりにシリアス。普通の乙女ゲーの範疇って感じです。ただ基本的に最初から惚れられてるので物足りないかもしれない…
園長は完全にギャグ担当ですが、あとはちょこちょこテンションの高いキャラがいるぐらいで、まあ少女漫画にもこういうコメディあるよねーぐらいです。動きやエフェクトのあるアニメと比べたら、立ち絵+説明で進んでいくのでどうしても大人しい印象になるかなと思います。
あと、乙女ゲーだけあってみなさんとってもポエマー(笑)
アニメから原作に興味持った男性もいると思いますが、きちんと乙女ゲーなので恋愛ゲーム耐性ないと辛いと思います。
歌はゲームのメインだけあって、どれもすごくいいです。あとスチルの春歌が可愛い。

・システム
割とシンプルでコンプも容易だと思われます。乙女ゲーをやり込み慣れている人にとってはちょっと物足りないかもしれません。
最初に誰ルートかを選んで攻略していくシステムになっています(開始時は3人からしか選べず、条件を満たせば攻略対象が増える)。音楽ゲージと恋愛ゲージの達成度によってエンディングが3種類に分かれる仕様になっていますが、フラグを立てないと見られないイベントというのはないです。
それぞれのキャラルートの任意の章をいつでも選んで再プレイ可、章ごとのミニゲームは一度クリアするとスキップ可、というのはすごくありがたいシステムだと思いました。さらにミニゲームはリトライ可です。(あと選択済みの選択肢がわかるのはコンプ時に地味に便利)
クリア後にそれぞれのエンディングの後日談が見れます。さらっとワンエピソード、かと思ったらどれもがっつりボリュームがあって、なかなかお得です。
どれも友情エンドがバラエティ豊かで面白くって好きだなー(友情エンドはライバルとユニットを組んでくれる)

とりあえず一人ずつコンプしていくプレイスタイルでやってます。
一通り終わったらテキスト既読率もフルコンプしたいなーと思ったのですが、もしかしてあれ、ミニゲームパーフェクト取れないとコンプできない…?
攻略3人目からミニゲームの難易度上げました。とっても無理ゲーです。イージーかハードしかないってなぜに…


・音也ルート
たぶん、ほとんどの人が最初に選ぶルート。Aクラスの中では(もしかして全キャラの中でも)一番「恋愛してる」感があるルートだと思います。けっこう早い段階からラブラブになるので、いつ惚れられたんだ…と思っちゃったりしますが。
アニメだとアホの子わんこなイメージでしたが、ゲームではもうちょっと、等身大の男の子っぽいです。
照れ屋だけど照れるときも素直な感じが可愛いかも。恋愛では意外とがっつり押しまくるタイプ。妙に強引なところがあるので、現実にいたらちょっと面倒くさい(…)かもしれない。
園長がかなり出張ってるので、他のルートよりギャグっぽい印象が強いかも。音也ルートはAクラスの仲良しっぷりが見えて良いです。園長を筆頭にズレてるキャラが多いので、意外にもツッコミキャラとして機能している音也。テンポ良くて面白いです。
あとHAYATO様がプロすぎて吹く。
素直にプレイして普通に大恋愛エンドにたどり着けました。それなりに音也ルート堪能したのですが、
ごめんなさい友情エンド後日談で完全に吹っ飛びました
イチコ(笑)どうした公式(笑)宮野さん上手すぎてひどい(笑)
抱腹絶倒すぎてひどい…さらにツッコミキャラの音也がトキヤと組むと華麗なるボケキャラに転身します。

・真斗ルート
なぜ主人公は相手役を様付け呼びなのか(笑)
レンと御曹司対決をやらかしてるので執事組はギャグチックですが、基本はシリアスかな?
生真面目クール天然というジャンル… 歌の歌詞に突然心のダムが出てきたときはどうしようかと思いました。さすがダム様。
こちらも照れキャラですが、音也とは違ってごまかすタイプです。
レンとの確執がよく出てくるので、レン以外の生徒キャラがあんまり出てこないのと、割と予定調和というか大人しめのシナリオなのでちょっと物足りなさはあるかも。
レンがいちいち面倒くさい(笑)んですが、後半になるとけっこう可愛く思えてきます。
友情エンド後日談良かったです! 仲悪いのにツーカーな感じがいい。っていうかレン絶対真斗のこと好きすぎるよね…

・那月ルート
このキャラなんでこんな人気あるの?と思ってましたがプレイすると納得。
アニメとはけっこう印象変わります。テンションの高い不思議ちゃんだと思ってましたが、感性のズレたおっとり系って感じですかね。意外と常識的な言動も多いです。
シナリオが良いルートでした。内容は序盤はギャグですが後半はがっつりシリアス。被害者友の会(笑)みたいな感じで、AクラスSクラス共にみんな仲良し感があるのがすごく良かったです。翔ちゃんと音也が仲良しコンビみたいな感じですごい可愛かった。さっちゃんもおいしい。
音也ルート真斗ルートは友情がいつから恋愛になったのかいまいちわからなかったのですが、那月ルートは主人公への共感とか才能に対する感動とか上手く説明されていて違和感なかったです。こちらも最初から友好的ではありますが、博愛キャラなのと翔ちゃん大好きキャラなので、主人公に好き好きオーラ出してても変な感じはなかったです。
ところで全面的に翔ちゃんが男前すぎる…!
どのエンドも良かったけど、友情エンドの翔ちゃんの男前っぷりと後日談の主人公との仲良しコンビっぷりときたら…! 「小動物ども」吹いた。
あと那月担当の歌が上手すぎて安心して聞けます。

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)
(2011/08/11)
Sony PSP

商品詳細を見る


やっぱりいまの恋愛ゲームってフルボイスが主流なんですね~
サウンドノベル系は割と投げずにクリアしてるので、全員コンプまで続けてやろうと思います。

乙女ゲーム:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可