2011

06.20

読んだ本

「空色バトン」笹生陽子
児童書の人なので、児童書っぽい内容かな~と思ってたらそうとも限らなかった。
とある合同同人誌にまつわる人々の話を書いた短編連作です。年代が飛ぶので、主人公は高校生だったり中学生だったり主婦だったりでいろいろです。恋愛よりは友情メインかなー
2話が、思春期の女子グループというのを的確に書いていてなかなかスルドイのですが、展開自体はきつくなくて最後ほのぼの〆で好きです。
1話と最終話がダイレクトにリンクしてるのもいいなーと思います。現実的な悩みを書きつつも、ほのぼのした作品でした。
空色バトン空色バトン
(2011/06)
笹生 陽子

商品詳細を見る


「トッカンVS勤労商工会」高殿円
まさかトッカンの続編があるとは思わなかったので、嬉しい悲鳴です。レジでニヤニヤを堪えるのに苦労しました…
今回は鬼のハスキー・鏡特官が、税金滞納者から訴えられる事態になってしまいます。チワワな悪徳(?)弁護士との対決が見もの。
前作では鏡特官におんぶにだっこだったぐー子が、自分の力でなんとかしよう!と頑張る様子が良かったです。その分鏡特官の出番が減ってしまったのでしょんぼりでしたが… しかし「ドラえもん」の発動はニヤニヤした(笑)。
今回も面白かったのですが、なぜにラブ要素が少ない!? でも病院の美人さんの謎が解けてないので、これはさらに続編ある…んですよね?
トッカンvs勤労商工会トッカンvs勤労商工会
(2011/05/20)
高殿 円

商品詳細を見る


以下ラノベ
「影執事マルクの手違い」手島史詞
以下シリーズ10巻(影執事マルクの決断)まで読みました。ラブコメや日常系以外の、ラノベらしいラノベだなあという感じで、読みやすくキャラも多く(典型的ですが)ライトに読めてなかなか面白いです。ジャンル的には能力者バトルファンタジー。
暗殺のミッションのため執事としてお屋敷に潜り込んだ主人公・マルクだったが、返り討ちに遭った上、なぜだかそのままずるずる居付いてしまう…という話。
空回り系の主人公というのは苦手なんですが、マルクの場合は本人はなかなか優秀で、周囲とのちょっとした認識のずれが高じて身動きが出来なくなる、という感じで、空回りっぷりも微笑ましいし1巻以外はそんなに空回ってないのであまり気にせず読めました。
主人公が苦労性の敬語キャラというのがツボです…! あと無表情お嬢様が可愛すぎる。絵も色使いが可愛くて良いです。
途中からダブルヒロインものになってきて、揺れ動く主人公にはしっかりせい!と言いたくなりますが、それなりの説得力を持って書かれているのであんまり嫌な感じはないかも。
基本的には一冊完結シリーズものですが、巻ごとにお嬢様の秘密が明かされていくので、「話が進んでいる」感はちゃんとあると思います。短編集は若干本編のテンポを阻害してる感はありますが、本編と関連付けて構成されているので流れ的に違和感はないと思います。あんまりだらだら続かないでほしいかな…と思いましたが、そろそろまとめに入ってるっぽいのでラストまでの流れが楽しみであります。
しかしこういうシリーズものって題名が覚えられなさ過ぎて困る(笑)。
影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)
(2008/10/20)
手島 史詞

商品詳細を見る


以下まんが
「町でうわさの天狗の子 8」岩本ナオ
8巻来たああああ! 今回かなりキュンキュン回です。
待ちに待った、秋姫→瞬ちゃん確定か!? に加え、赤沢ちゃんの可愛さと言ったら!
あと、金ちゃんとの「聞いてほしいこと」「話したいこと」のやりとりにキュンとしました…!
しかし瞬ちゃんがかっこよすぎるので今後の展開が楽しみ。
町でうわさの天狗の子 8 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 8 (フラワーコミックスアルファ)
(2011/06/10)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


「絶対可憐チルドレン 26」椎名高志
こっちも可愛い展開だった…!
紅葉姉さんかわええええええ。個人的には真木ちゃん応援してますが、誰とくっついてもいいなあ…
それと薫ちゃんが役得すぎて可愛かった。皆本→薫の意識してる感がもー、フラグが立った!みたいな。
新キャラ少年もいい感じです。さすが皆本さん男前やでー
絶対可憐チルドレン 26 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 26 (少年サンデーコミックス)
(2011/06/17)
椎名 高志

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可