--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

04.18

読んだ本

ラノベ強化週間

「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1~3」柳内たくみ
地元の本屋で大プッシュ。面白そうなので読んでみる。

うおおお自衛隊かっけええええ
東京銀座に異世界の門が突如開かれ、自衛隊が門の向こうの偵察と門周辺の確保に乗り出すお話。
良くも悪くもネット小説です。女の子のキャラなんかはラノベの典型っぽいのがちらほらいますが、それでもラノベというよりネット小説ですね。さらさらっと読めてしまって一冊500頁の枚数も全く苦にはなりませんが、ネット小説読んだことないような人にとっては、もしかしたら読みにくいのかもしれません。(ネットスラングっぽいノリの描写もありますし)
元自衛官が書いただけあって、自衛官にはニヤリとできる描写がいろいろあるそうです。ミリタリー的なことはよく知りませんが、意味がわからないという描写ではないし、知識がなくても楽しく読めます。
門の向こうの文明はこちらと比べるとかなり遅れていて、それに対して自衛隊はすごくハイスペック。さすがの機動力と装備、日本人的な平和ボケというかお人好しさ、な感じの同居具合が面白いです。成り行きで現地人を助けて、懐かれてしまってあれあれ、みたいな。
1巻は割とライトなノリがあるものの、以降はなかなかシリアスな描写、組織の中の自分と個人としての自分との葛藤があったり、たまにずっしり来る描写があったりします。1巻の方が雰囲気としては好きだけど、2巻3巻の方が面白い気がする。現実世界での政治と異世界での政治が同時進行しているので、そこんとこどう切り抜ける!?っていう展開が面白い。
味方の男性キャラがみんな男前な性格してていいです。
次が最終巻だという話を聞いたので、どう締めるのか気になる。楽しみ。
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編
(2010/04)
柳内 たくみ

商品詳細を見る


「コップクラフト 1~3」賀東招二
こっちも異世界への門が通じちゃう話。
ゲートが開き、異世界人と地球人が雑多に暮らしてるサンテレサ市、主人公は市警のマトバ刑事。異世界人で地球年齢二十歳ぐらいのティラナ(でも見た目は女子中学生)と、ある事件で組むことになり、以降はいわゆるバディものな流れ。
正直1巻表紙のおっさんに一目惚れですよ…村田さんのカラー絵いいなあ…
文体やストーリーの硬派さもすごく好きなんですが、なにより渋い(?)おっさんで歳の差、っていうどストライクな組み合わせが…!萌えすぎる。料理得意な男性というのも萌えポインツ。
ティラナのツンデレすぎないいじっぱり具合も可愛いし、普段は皮肉の応酬で反目し合っている二人ですが、たまにいい雰囲気になりかけて気のせい気のせいで誤魔化してしまうのがたまらなくいい…!
フルメタ書いた人なんですねえ、気付かなかったわー
コップクラフト (ガガガ文庫)コップクラフト (ガガガ文庫)
(2009/11/18)
賀東 招二

商品詳細を見る


「烙印の紋章 8」杉原智則
わーい新刊だー
表紙の背中合わせがたまらん…! この二人はこういう感じがいいわー ビリーナ姫のデザイン(ドレス含)がすごく好き。このレーターさんドレスのデザインがかわいい。
今回いろんなところでいろんなことが動き出してて次がどうなるか楽しみであります。オルバのビリーナ姫への思い入れが見えるのがいい。
ここんとこ「次巻へ続く」の引きがあるのでやきもきしてしまいますが、今回はほんとにひどいところで切ってるよ!
超絶いいところで!生殺しタイム!
烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)
(2011/04/08)
杉原 智則

商品詳細を見る


「花物語」西尾維新
今回は駿河のお話。中表紙の駿河がめちゃめちゃ可愛いです…
駿河サイドで話が進むので、いままでの印象とがらっと変わってしまうかもしれません。それが嫌な人もいるかもですが、駿河の内面が覗けて好感が持てました。
いろいろと嫌悪感や葛藤に悩む駿河ですが、個人的には(共感はできないまでも)対立している沼地の考えの方が理解できるので、そのあたりのさじ加減が面白かった。
しかし暦の印象が全然違ってた。駿河サイドだとこういう感じなのかなあと。なかなか先輩してます。
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る


まんが
「青の祓魔師 6」加藤和恵
カバー下四コマの志摩さんがかわいい。表紙なのに出番は冒頭ぐらいしかないかわいそうな志摩さん。
前巻の続きで、内通者は誰だ、という展開。一応京都の地名とか出てますが、エクソシスト側の世界でずっと話が進んでいくので現代ファンタジーというイメージはないかな。
しかし燐が相変わらずかわいい。熱血いい子で単純馬鹿な主人公、って他の漫画にもいますが、他のそれとは不思議と印象が違うんだよなあ。かわいいとしか言いようがない…
番外編も入ってますがクロがかわいすぎてジタバタゴロゴロしそうになった…
青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)
(2011/04/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

アニメもやってたので1話見ましたが、けっこうアレンジ入ってるけどいい感じでしたね。
そして燐がかわいすぎる…! 作画も良かった。


北方水滸伝は九巻まで読みました。あと半分ちょっと。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。