--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

04.02

読んだ本

久々に。

「小夜しぐれ」高田郁
新刊きたぁああああ。書き下ろしで割とペース速めに出るのでほんと嬉しい。
澪の恋心はたまにほんのり見えたりするのですが、今回小松原さまサイドがちょっと覗けて大変おいしかったです。野江ちゃんとの方もまた澪に大きな転機がやってきてて…どきどき。
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る


「銀のらせんをたどれば」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
ページ数が少なめで、今回はわりとシンプルあっさりな感じです。
祖父母と暮らす主人公ハレーは、祖母の怒りを買っておばの家に追いやられてしまいます。いとこ組もおばさん組もいっぱいいすぎて名前覚えられませんが、主人公周り数人がわかっていればいいのでそんなに困りません。
いとこたちの<ゲーム>に参加して、主人公は<神話層>に遊びに出掛けます。<神話層>というのはいろんなお話がごった煮になった世界です。
あとから設定のモチーフなるものが明かされるのですが、そうだったのか!って感じでなかなか面白いです。
銀のらせんをたどれば銀のらせんをたどれば
(2010/03/18)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る


「メルストーン館の不思議な窓」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
おなじみのはちゃめちゃ感で面白いです。
主人公は大人の男性です。亡き祖父の館を受け継いだ元大学講師が、館の癖の強い人々と渡り合いながら自分の土地を管理していこうとする話。
途中で、社会福祉指導員から追われている孤児の男の子が館に助けを求めにやってきて、主人公は彼を保護します。男の子は謎の影に追われていて、主人公はそれをなんとかしてあげようとします。
子供たちが大人から逃げつつ奮闘する…っていう話も好きですが、主人公が保護者的立場でいろいろ手を尽くすっていうのも新鮮で面白かったです。
メルストーン館の不思議な窓 (創元ブックランド)メルストーン館の不思議な窓 (創元ブックランド)
(2010/12/18)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る

ジョーンズはやっぱり面白いなー またいろいろ読み返そうと思います。クレストマンシーシリーズとかダークホルム、七人の魔法使いとか好きだ。バビロンは単行本持ってますが文庫買い直すか悩む。割とパロっぽいものとかあるので、古典ファンタジーとか戯曲とか知ってるともっと楽しめると思いますが、あんまり知らないや…

以下ラノベ。
「デュラララ!!×9」成田良悟
毎回ページ数が多くてボリュームずっしり。
今回は臨也のターン。って感じですかね。新羅との過去も明らかに。
臨也があるグループの人につかまってしまうんですが、それは本物か偽物なのか?という謎を過去や現在の出来事をぐるぐるシャッフルしながら終盤まで引っ張ります。なかなか面白かった。
デュラララ!!×9 (電撃文庫)デュラララ!!×9 (電撃文庫)
(2011/02/10)
成田 良悟

商品詳細を見る


「イスカリオテ 1~6」三田誠
神の奇跡を再現するイスカリオテに適合した人々が、特別指定教区とされた都市で<獣>と呼ばれる化物と戦う話。
主人公のイザヤはかつての聖戦で亡くなった双子の兄の身代わりとして都市に送り込まれ、兄の名前を名乗り、兄の性格を模倣し、兄のイスカリオテを使って<獣>と戦う。
ダブルヒロインもので、玻璃はイザヤを偽物と知らず慕っていて、ノウェムは偽物と知っていて慕っています。このノウェムがすごくけなげで可愛くて、ノウェムのために読んでいるといっても過言ではないぐらいです。機械人形なんですが、イザヤを守ることを第一使命と考えていて、少しずつ感情豊かになっていくさまがかわいすぎる…
あと一冊で終わるそうです。4巻まではあちこちに現れる<獣>との戦いをちょっとずつ書いていってるのですが、5巻でどんと転換期が来て、6巻で主人公の秘密、聖戦の秘密が明かされる急展開。6巻の終盤がラスボス戦直前!みたいな緊迫感で、次巻が楽しみすぎる~
イスカリオテ (電撃文庫)イスカリオテ (電撃文庫)
(2008/11/10)
三田 誠

商品詳細を見る


以下まんが。
「いっしょにねようよ 4」高尾滋
待ちに待った学園編です~
最初は守ってもらう立場だったいちこが守る側になってきてるのがいいなあ…
いっしょにねようよ 4 (花とゆめCOMICS)いっしょにねようよ 4 (花とゆめCOMICS)
(2011/02/18)
高尾 滋

商品詳細を見る


「魔法使いの娘ニ非ズ 1」那州雪絵
続編きたぁああああ。新米陰陽師初音ちゃんのまだ小手調べっぽい巻ですかね。兵吾はよりましに徹底してるような感じもする。ところで二人は良い仲になったのか気になる…
なんだかんだで那州さんって大人向けっぽい雰囲気がする。ぱっと見わからんというか深読みをさせるというか。
絵は月光のころが安定してるのかな~って感じですが、グリーンウッドの10巻ぐらいが好きだな。ストーリーはフラワーデストロイヤーとかも好きです!
魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)
(2011/02/25)
那州 雪絵

商品詳細を見る


「俺様ティーチャー 10」椿いづみ
ほんとたまらん漫画だよ! 一冊ごとに好きになる。
表紙の忍が髪やわらかそーですごいかわいい。今回は忍回でしたね。忍もかわいかったけど、忍×若菜もまたかわいすぎる…! 鷹臣×真冬もよかった。
間違いなく忍が好きになれる巻です。しかし俺ティーの男子生徒でかわいくないキャラがいるのか?ってぐらいみんなかわいすぎてたまらん…
四コマでアリスちゃん出てきてテンション上がった(笑)。アリスちゃんレギュラー化してくれよ~
俺様ティーチャー 10 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 10 (花とゆめCOMICS)
(2011/03/19)
椿 いづみ

商品詳細を見る



そういえば零の軌跡の続編が年内に出るみたいですね…マジデカ。

※追記
ジョーンズさん亡くなったのか…ご冥福をお祈りします。
いつまでも新しい世界が生み出されるものと信じて疑ってなかったよ。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。