2011

01.05

ラジアントヒストリア プレイ感想

ラジアントヒストリアクリアしました~!
一度エンディング見たけど、サブイベント回収のために続きやってベストエンド!って感じです(特定のサブイベント回収したら見れる)。最初のクリアはレベル56ぐらいかなー
マスターの修行だけは完遂できませんでした…が、それ以外はイベント全部回収したよ! それで40時間ぐらいです。

ストーリーは一本道で、やり込み要素もクリア後要素もないけど面白かった!
歴史をテーマにした話です。
世界の砂漠化が進む世界で、少ない土地を巡って大国が争っている、主人公はその一国に属する軍人。なのですが、時間を行き来できる(歴史の分岐点に戻ってやり直しが出来る)書を与えられ、世界の砂漠化を止めるという使命を言い渡されてしまいます。
とはいえ、国の行き来も容易ではなく、まずは戦争をなんとかしないといけなかったりして、主人公はなかなか大変です。
Fateとか遥か3とか4とかみたいな、ストーリーの分岐を埋めてってバッドエンドも回収してく、みたいな作業が実は大好きなので、あっちこっち分岐に戻ったり選択肢替えたりとかとにかく楽しかった!
物語の終盤で、主人公がなぜ選ばれたのか、なぜ書を使いこなせるのか、という理由もちゃんと説明されていてなるほど!みたいな。
設定もいろいろと面白かった。

戦闘フィールドは3×3のグリッドになっていて、そこに敵が配置されています。(プレイヤーパーティの位置は固定)
敵を押したり引っ張ったりして配置場所を変えることができるのですが、前列は攻撃力が高いけど防御力は低いとか、同じ位置に置けば同時にダメージを与えられるとか、コンボを繋げれば繋げるほど攻撃力が上がっていくとか、いろいろ戦略性があって楽しい!
ダメージ計算とかのシミュレーションゲーム的な細かい戦略は苦手なんですが、このゲームは結構単純な要素で出来てるのでいろいろとわかりやすくて楽しかった。
上手くいかなくても、レベルを上げると強くなるし強力な技もどんどん覚えるので無問題。
とはいえ、ストーリー上連れ歩く確率の高いレイニーとマルコでほぼ固定でしたが。
でもアトは魔法攻撃力高すぎて使うの楽しい。

キャラは主人公ストックがいろいろと男前すぎてすごい…!
そしてマルコとキールが可愛くって好きです。
特にマルコ、ケモ耳っぽい兜は狙ってデザインされてるだろう…マルって呼ばれてるのも可愛いし、すごくいい子で好きだー
エルーカ姫も可愛くて凛々しくて好き。ビオラ准将もお姉さま!って感じで好きです。
あとラウル中将はリアルに考えたらストックと張るぐらい男前ではなかろうか…初登場のときはなにこのモヤシキャラ!と思ってスルーだったのに(笑)
それとロッシュ×ソニアがかわいくてにやにやする~
二頭身ドット絵とボイスなしの単純明快さがなんだか懐かしい雰囲気がしてほっとします。
こういうの好きだ~ DSはまだドット絵ゲームが出るので嬉しい。

ストーリーの中盤ぐらいで主人公の使命とか展開をなんとなく予想してしまいましたが、予想を大きく裏切ったラストでした…!
伏線も奇麗に回収してて、昨今のゲームでこんなに綺麗なエンディングなかなか見ないなあーと思ってしまった。
美しさ切なさ、ラストの希望、すべてに過不足のないすごく綺麗なエンドだった!
エンディングがあんまり綺麗で泣けてしまったのですが、エピローグの演出がまたニクい!ニクすぎる!
ベストエンドはエピローグ後ちょっとしたおまけが見れるのですが、このゲームに限らず、ベストエンドよりノーマルエンドの方が余韻があっていいよな~と思ってしまう。
ベストエンドってなんだか説明しすぎな気がしてしまうのですよ。もちろんベストの方が好きなゲームもあるけど。
ラジアントヒストリア 特典 オリジナルサントラCD/下村陽子付きラジアントヒストリア 特典 オリジナルサントラCD/下村陽子付き
(2010/11/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る


曲もなかなか良かった!

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可