2010

12.06

読んだ本

「なぎなた」倉知淳
ノンシリーズ短編集。
同時刊行の「こめぐら」と比べてみるとちょっと違いがあるかも。「こめぐら」は倉知ファンがもうちょっと癖のあるの読みたい、と思ったときに読むといいです。「なぎなた」の方が一般的な推理物っぽいので初倉知読者はこっちを読むといいかも。
闇ニ笑フの読後感が良くて面白かった。
倉知さんの文章ほんと好き! 人物造形に癖があるので合わない人には合わないかもですが、とぼけた文章とテンポの良さが面白い。それにすごく読みやすいのでページ数が苦にならない。
寡作なので年一冊…とはいかなくても三年に二冊ぐらい出してほしい~
なぎなた (倉知淳作品集)なぎなた (倉知淳作品集)
(2010/09/29)
倉知 淳

商品詳細を見る


「退出ゲーム」初野晴
なぜかしばらく気付かなかったのですが、1/2の騎士書いた人か! そっちも面白いです。現代ファンタジーっぽい作風だけど、今作は普通の学園ものです。
吹奏楽部のハルタとチカが、奇妙な三角関係に陥りながらもコンビを組んで学校内の事件を解決していくシリーズ短編物。ストーリーはチカの一人称で進みます。読みやすい。
吹奏楽部の描写がちょくちょく不自然なことに目をつぶれば面白いです。演劇部との演劇合戦を繰り広げる表題作がいちばん面白かったかな。
一話でハルタ×チカに萌え、三話で名越×チカに萌え、四話で日野原×チカに萌えてしまった… あれ、このシリーズどのカップリングに萌えるのが正しいの。
嬉しいことにシリーズ続刊があるらしいです。文庫化が楽しみ~
ところで装画の丹地さんが好きで好きで、ちょくちょく表紙買いをしてしまいますの…
退出ゲーム (角川文庫)退出ゲーム (角川文庫)
(2010/07/24)
初野 晴

商品詳細を見る


以下まんが
「俺様ティーチャー 9」椿いづみ
表紙かっこいいいい。白カラーも新鮮ですね。
いままでの巻で一番笑ったかもしれない… あれだけシリアスな引きをしといてなんで展開そうなる…!(笑) アリスちゃんが異様にツボに入りました。
今回は丸々番長回でした!良かった! 番長かわいすぎてときめく。しかし俺ティーの男陣はみんなカッコいいくせに異様に可愛いのはなぜなんだ…! いいぞもっとやれ
ところで今回タイトルになってるくせに先生の出番がほぼなかったね。忍の方が多いってどーゆーこと…! しかし濃いキャラじゃんじゃん出すぎて早坂くんの影が薄くなってませんか… 生徒会の女の子気になるので次巻楽しみです。
俺様ティーチャー 9 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 9 (花とゆめCOMICS)
(2010/11/19)
椿 いづみ

商品詳細を見る


「鋼の錬金術師 27」荒川弘
完結です。お疲れさまでした…!
新刊追いかけだしたのが3巻からだったので、長いこと付き合ったな~みたいな気分。
最後の決着のつけ方が良かったです。また1巻から読みなおそうかな。
アニメは見てないけど、エピローグはアニメの方が充実してたのかな? アルは将来いい男になりそうだ。
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
(2010/11/22)
荒川 弘

商品詳細を見る


「乱と灰色の世界 2」入江亜季
アリさんの魔法の表現がほんと好きだ…! 呪文があって~じゃなくて、ジョーンズのようにイメージをかたちにする、みたいな。
今回は本当に萌え巻だった…! たまらん…!
パパ×ママとお兄ちゃん×珊瑚ちゃんと日比×乱に萌えまくって、何回も何回も何回も読んでしまいました。
ママほんとかわいい。パパとママが大魔法使いで地位の高い人なのでいろいろとニヤニヤします。お兄ちゃんもモテキャラでニヤニヤ。でも押しつけがましい感じは全然なくて、キャラが魅力的なのでいい感じ。
しかし日比があんなに可愛いキャラだとは思わなかった。珊瑚ちゃんの展開が気になるので次巻楽しみ…!
乱と灰色の世界 2巻 (ビームコミックス)乱と灰色の世界 2巻 (ビームコミックス)
(2010/11/15)
入江 亜季

商品詳細を見る



そういえば時代物にも結構萌えが隠れてる気がする…!
大抵はプラトニックか官能の二極かなって感じです。手も繋がないようなプラトニックが読める…! 婚約者もの、政略結婚ものも結構あるのでニヤニヤ。ただし究極のプラ物は悲恋一直線だったりするので要注意だ! でもあとで別の人と結婚して幸せになりました~だったりするのでまあいいかな。
最近はみをつくし料理帖シリーズの展開が一番気になる。手も繋がんどころか相手役の出番があんまりないのが焦らし過ぎる…!
それと山本周五郎さんの奇縁無双(短編)が何べん読んでも好き。ニヤニヤ。

ところで最近、東川篤哉さんの「謎解きはディナーのあとで」が平積みになってるのをちょくちょく見かけてびっくりです。まさか東川さんが平積みになる時代が来るとは(新刊出たばっかりのとき以外で)…表紙効果かな?
普段の作風よりは推理部分がだいぶライトな感じですが、シリーズ短編で読みやすいですよ。慇懃無礼で超なまいきな執事がいい味出してる。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可