--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

11.18

オーディンスフィア プレイ感想

オーディンスフィアクリアしましたぁあああ!!
超・詰まってましたが頑張って再開してみた。
面白かった。面白かったっていうか…もう、そんな言葉ひとつで済ませていいのか。
エンディングまでは約60時間です。前半もたついたのと丸々二周したキャラが二人いるからなんですが。普通にやればキャラ一人に8時間ぐらいかなあ?
バッドエンド・叙事詩エンド・固有イベント制覇すれば、+2時間ぐらい。

予言における世界の終焉を控えた、主人公5人のオムニバス形式の物語。基本的に王子王女の話。
グウェンドリン編→コルネリウス編→メルセデス編→オズワルド編→ベルベット編→世界の終焉(ラスボス戦)、という順でプレイします。
セリフ回しが大仰なのと芝居っぽいのが世界感つくってていいかな~と思います。叙事詩っぽい不思議な情緒がある。
しかし男性陣ポエマーすぎて吹いた。
朧村正と同じく2D形式の横スクロール型アクションRPG。武器レベルとHPレベルがあり、前者は敵を倒した後のフォゾンを吸収することで、後者は食べ物を食べることでレベルを上げることができます。

とにかくグラフィックが美しいぃいいい!
森とかもう、色がきらっきらしてて見てて楽しいです。グウェンドリン冒頭の王城のシーンでは、あまりの美しさに息を飲みました。各所の空の色と雲の動きがとにかくたまらない。
キャラもかわいくて、食べ物食べるときのアクションとかたまりません。熱いものはフーフーして食べたり、食後はナプキンで口をふきふきしたりしてかわいい。オズワルドはさすがにしてなかった(笑)。あと、ベルベットのアクションがあんなにかわいいデザインなのに妙にせくしー。
それから処理落ち激しいぃいいい!
死の女王戦は処理落ち上等です。ボス戦はザコをどんどん召喚するので処理落ちしやすくなりますが、処理落ちで動きが鈍っていると焦らずにすむという(笑)。

セーブデータを見ると、とりあえず1年に1回は起動していたようだ。メルセデス編で3年ぐらいさまよっていました… メルセデス編以降、急にアクションが難しくなります(主観)。剣をぶんまわしていればいいコルネリウス編が一番楽だった。プーカかわいすぎる。でも慣れるとベルベットすんごいコンボ出る。
攻略を調べてみると、イージーのクリア推奨レベルが40~45になってて絶句した… え、ノーマルで30ちょっとしかないんですけど。久々でプレイ感覚&ストーリーを思い出すのを兼ねて、グウェンドリン編とコルネリウス編もう一周してきましたよっと。それとメルセデス編でレベル上げ。あと難易度をイージーに!
アクション苦手なのでもう無理じゃん…!って思いながらプレイしてたのですが、メルセデス編6章で戦闘のコツに気付き(いまさら)、オズワルド編6章でレベル上げのコツに気付きました(超いまさら)。

ストーリー良かった…!
メルセデス編でじーんとした…! 明確なキャラ成長ものってメルセデスだけなので、終章でなんかいろいろ込み上げます。
オズワルドもなかなかいい。グウェンドリン編の裏版的なものが見れます。
ベルベット編が一番展開びっくりした。せつないなあ…
基本的にみんな、親や身内に人生振り回されて(っていうか狂わされて)るので、けなげだったりせつなかったりで感情移入してしまう。

世界の終焉&叙事詩エンドがもう…!
すべての伏線、個々の物語、そして題名までもが収束してひとつになる感じ、うおおおと感動しきりです。
終焉&エンディングのすべての演出、グラフィックの美しさ、ストーリーのせつなさと美しさにもう涙だだ漏れ…!
すごいなあもう、このエンディングのためにすべてはあったんだ!って感じです。
最初は芝居を見ている感覚でふんふんとストーリーを追っていたのですが、エンディングにたどり着いたころには感情移入しまくってます。どの子もみんないい子…! 終焉の最初のボスは誰で挑んでも泣ける…
スタッフロールもデザインが美しいわエンディング曲の挿入タイミングが神すぎるわっていうか神曲すぎるわ、ラストの一枚絵で涙が出るわ。
ちなみに男女の組み合わせではメルセデス&イングヴェイが一番好きです…!
単体ではグウェンドリン、見た目はコルネリウス(プーカ)が好き。声はベルベット。


↓おまけで個人的なコツ
★戦闘のコツ
スキルをじゃんじゃん使いましょう。
スキル等を使えば、プレイヤースキルが低くてもなんとかなるということに気づけば光明が見えてきます。
右見てサイクロン→左見てサイクロン→フォゾン吸収、の繰り返しでけっこうなんとかなります。被ダメが少なくなるので戦闘ランクSもとれておいしい。
ボス戦はペインキラーを飲んでボコる。攻撃力2倍のスキルも使いましょう。被ダメやザコ敵が増えてきてパニクったら、とりあえず姿を消しましょう。それから落ち着いて回復。姿は消えててもスキルは当たります。
★レベル上げのコツ
種はコールフォゾンで育てる。実の方は調合時にけっこう便利。
積極的に調合をするとフォゾンを稼げます。掛け合わせで数字の高いマテリアルを作っておくと、調合時のフォゾンがかなりおいしいです。
武器レベル優先で、HPレベルはあまり拘泥しなくていいっぽいです。
↑我流ですがこんな感じでとりあえず乗り切りました…!
これに気づくまで、プレイヤースキル低くて被ダメージ多し→ステージボスまでにアイテムがもたない→ステージの最初からアイテム回収やりなおしという嫌なループが…

オーディンスフィアオーディンスフィア
(2007/05/17)
PlayStation2

商品詳細を見る


このゲーム、一度見たイベントはいつでも再生出来るのが嬉しすぎる。しかもフルボイスだし。
エンディングまで長くつらいですが、エンディング見るためにプレイするだけの価値があるゲームです。
すばらしかった。

ところで朧村正の百姫と虎姫の声って、オーディンスフィアのメタ的なキャスティングだったんですね!ってことにいま気がついた。

ARPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。