--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

09.06

読んだ本

あー!いっぺん書いたのに消えちゃった!


「天地明察」冲方丁
兄貴が最近読んだ本の中で一番面白かった!と言っていたので、積読になってましたが読みました。
碁打ちであり数学者である主人公が、天の理を解き日本の暦を改革する物語です。
冲方さんといえば、SFのマルドゥック・スクランブル全3巻を読みましたが、設定がアクロバティック、展開は面白かったけど小難しくて感情移入という面であまりのめり込めなかったかな、と思ってました。
しかし個人的な先入観を打ち砕いた本作、とても面白かった。
歴史物だからというだけの理由でなく、地に足のついたリアルな物語でした。
主人公の心の動きを丁寧に追った筆致が、心に響きます。
いやあもう、なんど目頭が熱くなったことか!
弟子兄弟のくだりは本気で泣いてしまったではないか。マジ反則。
政治が人を殺すということを知った主人公は、算術はなにかを殺すんだろうかと考えます。その解が見えたくだりは、思わず鳥肌が立つようでした。そしてやっぱり泣ける。
主人公の転機となった絵馬のシーンが、要所要所で回想として差し込まれる演出が震えるほどに良かった。

キャラの書き方がすごく巧くて、歴史物って人物が多すぎて混乱することが常なのですが、本作はそういうことがなかったです。
中でも愛すべき観測じいちゃん二人組がたまらない…!
主人公もどんどん愛おしくなります。作中で二人の天才が出てくるのですが、主人公は彼らには届かず、彼らを仰ぐ存在となっています。それでも、主人公は彼であるとひしひしと感じます。
熱血ものだと、襲いくる困難に立ち向かい次々ピンチをくぐり抜ける主人公…となるはずですが、この主人公は当たって砕けてしまいます。
彼の最大の敵は、外からではなく内にいます。自らの敗北感、挫折感、虚無感に支配され、もう消えてしまいたいと嘆く情けない主人公、それが段々、不思議と愛おしくなります。可愛い奴なのです。
こういう挫折感etc.っていうのが理解できるから感情移入してしまうのかも。

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。