--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

08.29

読んだ本

「ブレイズメス1990」海堂尊
海堂さんの作は、一番好きなのがバチスタで次がブラックペアンです。今作はブラックペアンの続編になります。どっちも装丁が黒くてかっこよいので好きです。
ブレイズメス面白かったぁああ!
大学病院にまたも革命児が現れて大騒ぎな感じの粗筋。医療は金儲けだと言い切り患者にギャンブルをさせる今回のメインキャラは、メインとして話の根幹に関わってくるのが後半になりますが、それまでの前半も充分に面白いです。孤独に頑張る貧乏くじキャラの主人公がいい味出してる。
海堂さんの話はテーマが真面目なのが多いので、真面目なキャラで進めると、シリアスだったりちょっと重く感じちゃったりするんですが、周囲を巻き込んでごり押しするようなぶっ飛んだキャラがメインに据えられると途端に面白さがはね上がりますね! ジェネラルルージュなんかもそうでしょうか。ちょっと芝居がかってるぐらいが一番面白い。
海堂さんの話はテーマと過程を見せるのが目的(だと思ってる)なので、ストーリーの結はあんまり重要視されてない気がしますが、そこはご愛嬌ですね。

ブレイズメス1990ブレイズメス1990
(2010/07/16)
海堂 尊

商品詳細を見る


海堂さんの本は、新刊→買う→積読→次の新刊→読まなきゃ!で2冊ずつ読むという変なループになってます。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。