2019/01/10

読んだ本

賢者の怖れ」(全7巻)パトリック・ロスファス
キングキラー・クロニクルの第2部です。問題を起こしたクォートは、ほとぼりが冷めるまで学園を去らざるを得なくなってしまう。ある大公に雇われ、盗賊団を追っていくうちに、家族の死に関わるチャンドリアンの情報の一端を手に入れることになる。
2部は序盤がアンブローズとの対立、あとはほとんど大公に雇われているときの話です。
2部もめちゃくちゃ面白くて一気に読んでしまった。今までは少年だったクォートが急に性に目覚めてしまうので、読者は戸惑う…まだ起きてない出来事多すぎるんですけど(過去の回想録なので)3部でちゃんと終われるのかな!?
個人的にはやっぱり学園篇が好きかな~意味不明なことばかり言ってくる命名術の師匠の変な人感とシリアスのギャップが好き。

第三の女」アガサ・クリスティー
ポアロシリーズです。自分はどうやら殺人を犯したらしい、と相談にやってきた娘が思い直して逃げてしまう。何の件なのか気になったポアロは娘のことを調べ始めるが、関係しそうでしない情報が多すぎて行き詰ってしまう。
どういう事件なのかがずっと曖昧なまま続くのですが、終盤でわーっと情報が繋がってどんでん返しになるのが面白かった。

日本庭園の秘密」エラリー・クイーン
日本では国名シリーズの一冊とされていますが、原題にmisteryとは付いていません。とはいえ、出版予定タイトルの時点では国名シリーズだったみたいです(世界情勢とかいろいろ事情があったらしい)
クイーンって謎解きは面白いけど材料が出そろうまでじりじりさせられる…という印象だったのですが、この作品は全体的にテンポ良くて読みやすかったです。エラリーじゃなくて若い女性視点でロマンスも混ぜてるのが面白かった。
日本かぶれの女性作家が殺され、部屋が密室状態だったことから、第一発見者である被害者の婚約者の娘が疑われてしまう。被害者の内面が最初明らかにされていないので、それがわかってゆく過程も面白かったです。日本に対する誤解もけっこう盛り込まれてるけど、当時の作品にしてはよく書かれてると思う。

シャンプーが目に沁みる」山下貴光
「屋上ミサイル」の人です。この人の書く青春劇やっぱりいいな~リアルじゃなくてすごくフィクションぽいんだけど、そのフィクションくささがなんか上手くマッチしてる感じがする。
少年少女のある種の脆さとか友情を書くのが上手いんだよな~この人の書く男女間の友情が好き。
それぞれ周囲から浮いて孤立している3人の高校生が友達になり、知り合った女生徒の死について調べ始める。中編集なのですが、学生間のカースト制度とか、その設定繋げてくるかっていうえぐさが面白かった。
この作家の学生ものじゃないやつ読んだことあって、それはキャラが上滑りしてる感じでぴんとこなかったんですが、作風的にリアルとフィクションのバランスが上手くとれるのが学生ものなのかも。ただ作風に癖はあるから合う合わないはありそう。
読書三昧 | Comments(0)
2019/01/20

アークライズファンタジア  プレイ感想

アークライズファンタジア (Wii)

2年ごとぐらいに詰まる→やり直すループしててクリアに8年ぐらいかかりました…
ボス戦がキツイんだよー
でもゲームはシステム良しキャラ良しストーリー良しで面白かったです
あとグラフィックも良かった。アニメ調のキャラデザだったら、これぐらいのキャラモデルが好きだな~

・ストーリーとか
テイルズの人がシナリオ担当だそうなので、アビスあたり好きな人ならばっちりだと思う。
巻き込まれ型主人公が世界の危機を救うために旅をする(ボーイミーツガール有)…という、ざっくりあらすじなら王道RPGなんだけど、裏切られ展開ありまくりで序盤~中盤の目まぐるしさがとても面白い。
終盤にかけては、事態の収拾に向かいながらもわりと主人公に辛い展開が多くて、序盤のほのぼの感を思うと悲しすぎる…
エネルギーの取り合いによる国家間の戦争、宗教対立の戦争にもなだれ込んでいくのですが、主人公の「当事者」感が強くて、他のRPGよりも戦争の印象が強かったです。
主人公・ヒロインの成長もちゃんとあって面白かったし、いろんな真実が明かされていく展開も面白かった。
(隠された真実的な展開大好き)

・キャラとか
どのキャラも良かった~~
初プレイ時は声優さんの名前よく知らなかったのですが、いい声優さん(特に男性陣)が揃ってます。
ラルク役の中村さんが声ピッタリなのと、個人的にはサージュ役の小西さんがとっても良かった…
パーティトーク(テイルズでいうスキット)がかなり多いのと、戦闘中の掛け合いボイスもキャラごとにいろいろとあるので、キャラに愛着わくしキャラ同士の関係も楽しいです。
みんなまとめて仲良しこよし~じゃなくて、キャラごとに距離感違うのも良かったな。個人的にはセシルと年長組のやり取りが好き。
年長者でも30代とかなので若者パーティではあるんだけど、年長者はいろんな経験ゆえに自立してて若者への助言・説教ポジションなのが良かった。
どのキャラも(仲間だけじゃなくて)欠点がわかりやすく描写されているのもまた人間臭くて良かったです。その欠点のせいで誤解やすれ違いが起こってしまうのもよくわかるな~(つらい)

キャラはヒロインのリフィアがすごく可愛くて好きです。箱入り天然ピュア娘。
無垢なのも無知なのも設定として意味があって、聖人君子じゃいられなくなってしまう(普通の人になってしまう)過程もとても好き…

・システムとか
コマンド式ターン性バトルではあるんだけど、ボス戦は難易度高いしすごく頭使います。
パーティ全体で使用できる行動ポイントが決まっていて、それをターンの中で割り振りするシステムになっています。移動や防御にもしっかり消費ポイントが決まっていて、位置取り・防御タイミング・盾役の設定などもかなり重要。
武器は攻撃力が設定されていないので、敵の特性等に合わせて武器選びをするのがセオリー。武器ごとに追加アビリティが付いていて(取り外しできるものもある)それをどう組み合わせてバトルに対処するかというのもポイント。
範囲攻撃持ちのボスが多いので、散開しつつ弱点属性で攻めるというのが基本でしょうか。ボスは行動順と行動回数はターンごとに見えるので、状況によってはHP減ってても回復→防御よりも防御→回復の方が良い場合もあったり。
勝てないときはレベル上げも有効。(使用できる行動ポイントの最大値が増えるので)
私は、ラルク(主人公)固定でリフィア・セシル・オイゲンのうち二人をボス戦メンバーにすることが多かったです。
ラスボス戦はレベル57(ラルクだけ58)だったので、たぶん高くもなく低くもなく?

・以下、苦労したボス戦(読み飛ばし推奨)
将軍戦(廃都戦):
超鬼畜ボス(詰みポイントでした)。
43までレベル上げ、開幕攻撃はバネトゥ(物理無効)にして風魔法で取り巻き撃破優先。
ラルク+リフィア+セシルで散開しつつディスペル(強化解除)優先でちまちま削りました。大技狙うと一気に崩れそうだったのでひたすらアクセル→ゲイボルグしてた…終盤の将軍戦も同じ戦法で安定。
その次の玉座戦(3人戦闘)は散開してディスペル撃ってたらあんまり攻撃してこなかったのでディスペル大事…ってなった

ディノス戦(終盤):
アイテム使い切る勢いでクドアンヌ契約(どうやって勝ったか覚えてない)できたので、揚々とディノスに挑んだらこてんぱんにされた…54までレベ上げ(ついでにマシュガル契約)して再挑戦。(アルル契約は1時間粘った挙句敗北したので諦めた)
ラルク+リフィア+セシルで散開、お供召喚しなくなるまでひたすら風魔法連携で巻き込み攻撃しつつ防御多め戦法してたら倒せましたね…

ラスボス戦:
キツかった。死ぬ→生き返るのゾンビアタックでやけくそ戦闘だった。舞台が狭い+ゲストのせいでどうしても範囲攻撃の餌食になるので、回復役だけ隔離して(あまり狙われなくなる)範囲回復と蘇生魔法をひたすら使ってた
RPG | Comments(0)