2017/11/12

ケイオスリングス プレイ感想

記事書くの久しぶりだった

ケイオスリングスIII (vita)

・概要とか雰囲気とか
元々は携帯ゲームで展開していたシリーズ。
IIIの前日譚の「I」「Ω」「II」が無料ダウンロードできるようになっています。
雰囲気と世界観は前日譚とIIIでガラッと変わるので、好み分かれるかもしれないな~と思います。
個人的には前日譚の3作品の方が好み。
前日譚は世界観も展開もハードで、キャラデザも硬派な感じ、声優さんはベテラン勢揃えてます。世界観はSFが混じってくるハードファンタジーな感じ。
(個人的に、初代の仲悪い男女コンビがめちゃ好みだった…)
IIIの方は最初からSFっぽいというか未来的な世界観で、雰囲気やキャラはラノベっぽいです。
シリーズを通して、宇宙からの脅威がやってくるので、星を守るために人類(主人公)を育て上げようというような展開が入っています。

・プレイ感とか
元が携帯ゲームにしては、システムもシナリオもしっかりしていて不満点はほとんどないです。
前日譚の方は分岐シナリオがプレイできるので、ルートによってキャラごとの事情とか見れて面白い。
不満点を上げるなら、ダンジョンがほぼコピペレベルというか、同じマップを何度も攻略する破目になるところかな。
IIIの方はクエスト受注システムなので、好きな人はとても楽しめると思うのですが、同じダンジョンに何度も行くので、やはり同じマップばかり攻略することになってしまう…
前日譚の方はそれぞれキャラが立っているのですが、IIIの方は無口主人公(選択肢)になってしまい、ムービーでもしゃべらないので、どうにも主人公が空気っぽくなっている気がします。
また、IIIはメインキャラが多くそれぞれにスポットがあたるのであっちこっち話が分散しているイメージがある。ただ、その分章立てでけっこうシナリオにボリュームがある感じではあります。

・システムとか
基本はコマンド式RPGですが、攻撃の仕方によって場の有利不利が入れ替わるので、その辺が戦略性あるかな~?って感じです。
あとはいわゆるスキルカードみたいなのを適宜装備することによってスキルが使えるシステムになってます。
RPG | Comments(0)