2017

04.03

マザー3

マザー3再プレイしようかなーと思ったのでちょっと語る

マザー3は賛否両論激しい作品です。
3を叩いている人はたいていはシリーズファンで、おそらくは「シリーズに裏切られた」という思いがアンチに変わっているのだと思う。
3はそういう意味では、2までとはまったく違ったアプローチの話です。ちなみに私は2のファン。
2は優しく温かくおかしみがあって、たくさんの素敵な町や村があって、少年少女が冒険をして旅をして悪を打ち破る話です。電話をすればいつでも家族の絆を確かめられて、幼い思い出の詰まった精神世界(モラトリアム)との穏やかな別れを経験し、倒すべき敵も真の悪ではなく、心の力で打ち破る。理想の子供時代と冒険が詰まっている。
それを期待してプレイした3には、さぞ裏切られただろうと思います。3はそういう物語ではないからです。3は痛みの物語でした。
3は時代に合わせて作ったそうですが、マザーにそんな現実は求めていないという意見が多かったように思います。3は鬱だから嫌い、ひどいという声もよく聞きますが、単にショッキングな展開を娯楽にしようという作品ではないと私は思います。

マザー3は弱者の物語で、理想が現実を打ち破ったりはしない物語でもある。
主人公たちはみんな弱者で、半人前としか見なされない。悲しみに暮れる幼き少年、名ばかりの姫、脚の悪い男、ペットの犬。金と近代化の波にのまれて、世界はどんどん変わっていってしまう。それに乗り遅れた半人前の言うことなど、誰も聞いてはくれない。
世界の鍵を握る魔女たちも、やっぱりマジョリティではなくマイノリティの立場なんだよね。主人公の味方は、老人たちや、虐待されている猿や、社会的弱者ばかりなんだ。
でもそんな半人前たちが、世界を救うという話です。一人では未熟でも、力を合わせれば一人前以上になる。どんなつらいことやひどいことがあっても、力を合わせれば乗り切っていける。そういう話かなあと。
自己完結しすぎていて他人を頼らない、人の意見に耳を貸さないと、自分の判断が間違っていても気づけない。認めない。そういう話でもあるかもしれない。

村がどんどん近代化してしまうのは、プレイヤー視点だと無粋だしやめてほしい。でも現実には止められない流れなんです。おまえの村だけ不便なままでいろとは言えない。変わらないままが正しいとは言えない。
変化を受け入れ、そこから進むべきだと言うメッセージかなと思います。村は元に戻らない。失った人は帰って来ない。障碍はいきなり治ったりもしない。それでも生きていくんだっていう辛い話なんだよなあ…
世界の構造がわかってしまう部分も賛否両論かなと思いますが、誰もがそれぞれの役割を持って生きているということなのかなあ。
シリーズではやっぱり2が一番好きなのですが、一番いろいろなことを考えさせられたのが3だと思います。辛いし痛いけどしみる。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.12

文更新

文/FT/短編
「未必の恋」(秘密の故意続編)更新。

久々ファンタジー書きました~
ジグはほしのひかりで書いた翠晶とタイプが似てるかもしれない。
普段は振り回されてて、ここぞというときに逆転するっていうやつ。

更新:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.16

読んだ本

ちょっとだけですが

嫌な女」桂望実
弁護士の徹子のところに、遠縁の夏子がやってくる。彼女はいつも自分が巻き込まれたトラブルをなんとかしてくれと来るのだが、相手はどう見ても夏子の詐欺の被害者だった。
この夏子が嫌な女で、主人公目線だとまたこいつか、と来るたびうんざりするんだけど、次は何をやらかしたんだ~と次第に気になってしまう女でもある。夏子のスタンスはずっと変わらないんだけど、主人公(と読者)の捉え方がちょっと変わるというのが面白い話です。
この作者、県庁の星とか、わりと読み口が軽いイメージがあったのですが、今作はけっこうがつんと読める感じでした。

本バスめぐりん。」大崎梢
書店・出版社系の作品が多い大崎さんですが、今回は移動図書館の話。
短編連作ですが、パズル系の謎とかではなく、どれもちゃんと移動図書館に絡めた話で面白かった。話によって別の巡回先に行くので、人間模様がまた変わるところも面白かったです!

以下まんが
金の国水の国」岩本ナオ
「町でうわさの天狗の子」の人です…!(そっちも面白かった)
ある敵対する両国が、友好のために国一番の美女と国一番の賢人を送り合う約束をする。しかし両国は互いに相手を出し抜こうとして…という話。
おとぎ話風なんだけどしっかり少女漫画で、ヒーローもヒロインも見た目はぱっとしない感じなんだけど誠実で芯があって知恵が回ってすごい良かった~~

ダンジョン飯 4」久井諒子
遂にドラゴンとあいまみえ、ファリンを救う第四巻。今回でいったん区切りはついたかな?ファリンおっとり系良い子っぽいので、この面子だと影が薄くなるのでは…?と思ったけど、さすがにライオスの妹だった(笑)。妙なズレっぷりがかわいいです。ライオスの兄さんっぷりにもぐっときた。
対ドラゴン戦なので今回けっこうシリアスだった。マルシルの魔術についてもシリアスな設定が絡んでるみたい。
シリアスで思い出したけど、久井さんが昔サイトで連載してた本格ファンタジーは書籍化しないのかな…?たしかあちこちの年代の話があったので、全体図が知りたい。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.16

自分の10冊

自分にとっての「10冊」を挙げるならどれだろう?と思ったのでちょっと書いてみる


・マツの木の王子
幼少期の愛読書。身分差・恋愛・逆境・人と人外・奉仕の精神・せつないラスト…といろいろ要素詰まってるよね! 物語に心動かされるのをすごく感じた。

・クレヨン王国のパトロール隊長
幼少期の愛読書。クレヨン王国シリーズで初めて読んだのがこれだったかと。少年が試練を乗り越えて強くなる。せつなさとか生きる力とか、いろいろ感じた。ここからシリーズにはまる。

・キッチン
(児童書以外の)小説を読むきっかけ、そして書くきっかけになった本。しばらく吉本ばななにはまった。人と人のつながり、自分の役割。平易な文体で、ぐいぐい心に沁みてくる。

・月の影影の海
十二国記第一作。児童書ではない、こんなに面白いトリップものを読んだことがなかった。落として上げるカタルシス展開と主人公の成長要素がたまらない。他の著書も読みあさり、それがきっかけでホラー物も読むようになった。

・ななつのこ
加納朋子にはまるきっかけ、短編連作ミステリにだだはまりするきっかけになった本。人の死なない優しいミステリというのがジャンル化されてるんだなあと知った。作者にはまったおかげで新刊が待ちきれずハードカバー購入デビューし、財布の紐が完全にブチ切れた本散財の戦犯になった本。

・裏庭
ハリーポッターをきっかけに児童書ブームが巻き起こっていたころ、とあるサイトの紹介で出会った本。梨木香歩にはまるきっかけになった。国内の児童書を読みあさるきっかけにもなったが、幻想と現実のはざまをこんなにも絶妙に描く人は他にいなかった。

・魔法使いはだれだ
クレストマンシーシリーズの一冊。ジョーンズにはまるきっかけ、海外ファンタジーにはまるきっかけになった本。たくさんの要素をちりばめ、それを意外な方向に奇麗にまとめ上げる魔法のような手腕にどきどきして、憧れる。

・復活の地
小川一水にはまるきっかけ、そしてSFを読むきっかけになった本。主人公が酷い目に遭って鼻っ柱叩き折られて成長する展開は元々好きでもあったけど、背中を預ける関係・信頼で繋がる関係っていうカップリングに目覚めた(おそらく元々好きだったけど、好きなカップリングの根底にこの要素があるということを自覚した)。

・騎士の息子
ファーシーアの一族シリーズ第一作。創元推理文庫の長編ファンタジーを買いあさる原因になった本、そして創元推理文庫の値段に躊躇しなくなった本。こんなに重くてつらくてずしんとくるのに麻薬のように読んでしまうシリーズは初めてだった。つらくて泣いて、読んで、泣いて、また繰り返し読む。運命の重さ、愛とエゴの表裏一体、とにかく心を揺さぶられる話だった。

・自負と偏見
英文学の授業でオースティン(ノーサンガー・アベイ)と出会い、レポートを書くために読んだ。文学作品・古典というものに苦手意識がなくなった本。高潔さとプラトニックに痺れた。その後オースティンにはまる。

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.23

ヴァルプルガの詩 プレイ感想

ヴァルプルガの詩(vita版)
女性向け恋愛ゲーム。恋戦記のスズケンさん&トムさんコンビだというのと、パッケイラストに一目ぼれしたのでプレイプレイ
今回あまり自分の好みじゃなかったかもしれない…(のであまり良い感想じゃなくてごめんなさい)
コンプしました。

・ストーリー
主人公・詩生の住む町には、この世ならざるものが局地的に集まる禍という現象が、昔から発生していた。詩生の学校に転校生がやって来たことを機に、その禍の発生頻度は高まり、影響を受けた人々が病に倒れていく。
そんな中、詩生は吸血鬼や人狼の餌として狙われ、彼らの争いに巻き込まれていくことになる。

・雰囲気とか
全体的に、没入感は薄かったかな…と。
序盤は学園ものっぽいのですが、途中から完全にファンタジーになります。町はずれの訳ありな洋館や、その地に古くから住む血族、得体のしれない風土病など、閉鎖的で重苦しい雰囲気を出す材料は揃ってるのですが、主人公が受け入れてしまう感覚に付いていけない。ファンタジー展開すぎてプレイヤーが置いてけぼりになるところで、主人公がリアルとして受け入れるところにプレイヤーとの乖離があるかな。
例えば、前時代的な田舎の風習が残っている印象が強い舞台なら、怪異もリアルとして受け入れられる。しかし、この作品ではキャラや背景のデザインが都会的すぎるので、プレイヤーの意識が綺麗にスライドしていかないんですね。どちらかといえばゴシック的なおしゃれなデザインなので、これは舞台を洋風ファンタジーにしてしまった方が受け入れやすかったかな。

・ルートとか主人公とか
共通ルートが長いので、ちょっと息切れします。
山あり谷ありでぐいぐい引っ張っていくというよりは、設定が多すぎるのか説明的な部分が多くみられるので、その辺も疲れてしまうかな。小説だと地の文でさらっと説明するようなところがそれぞれ会話シーンになってるんですね。
攻略キャラが4人なので、メインキャラが少なくて一部のキャラだけでストーリーをまわしているような印象があります。風土病の広がりのせいで町の人々が次々避難していって、主人公と吸血鬼と人狼しか町に残らないような感じになっちゃうんだよね。
また主人公も自己主張が薄くて大人しいキャラなので、感情が見えなくて感情移入しにくい。無理やりキスされたり押し倒されたりの展開が多いのですが、主人公が怒ったりときめいたりではなく、なんとなく嫌だなと思ってる程度なのが多いので、感情が把握しにくいかなと。

前述のとおり、キスとか押し倒し展開が多めで、リップ音とかエンディングとか考えると、ちょっと微エロっぽい感じの作品かな~
CEROはCになってます。
主人公が、自己主張は薄めですが愛されキャラっぽいのでその辺も好き嫌い分かれるかなと。
役割的な理由もありますがみんなから姫と呼ばれていて、思いを寄せてくる人が複数いて、料理が得意で、サブストーリー等でモテキャラだと言われる…そんなキャラ。

・攻略キャラとか
声優さんは最近の人の中で気になっている人がそろっていたので、楽しくプレイできました!
◇転校生(cv/柿原徹也さん)吸血鬼
◇トラ(cv/小野友樹さん)双子の人狼
◇リュウ(cv/小野賢勝さん)双子の人狼
◇蘇芳(cv/平川大輔さん)兄
攻略キャラは上記の4人です。転校生は本名がルートまでぼかされてるので明かされてません。
転校生ルートとトラルートは主人公が乙女っぽくときめく感じがわかりやすかったです。
幼い頃の主人公と出会っていて…という特別感は、転校生限定かと思っていたら、実は全キャラそういう関係があって…?みたいな感じだったので、特別感がみんな無くなってしまった…
女の子の友人キャラはめちゃ可愛かった(笑)

・イラストとか
なんか否定意見ばかり出してしまってますが、全体的な雰囲気は綺麗な感じです。
絵はすごく綺麗でした!特におまけ要素の壁紙の絵が、どれも溜息出るほど綺麗だ~
スチルの演出に、止め絵を少し動かすような効果が入っていて、雰囲気あって良かったです。
サブストーリーを読むとラフ画が見られるのですが、それもやわらかいタッチで良かった~

・システムとか
システムは選択肢スキップや巻き戻し機能等が充実していて、プレイしやすかったです。
プレイは選択肢のみなので楽ですが、好感度が確認できないのでエンディングコンプのためにはちょこちょこ調整が必要。
最後のサブストーリーを出すには既読率100%にしないといけないので、選択肢は巻き戻ししつつ全部見るのがおすすめです。また、トラ・リュウ両ルートには、両方のEDを見たあとじゃないと出ないEDがあります。

乙女ゲーム:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.25

創作の話

最近の書き方
シーンの断片とか思いついたフレーズを書き留めてあるので、書きかけみたいなのはたくさんある。
どっかで頭の回路が繋がって、書きたい構成が見えたときにわーっと作品にできる。
ただこれ、どの回路が繋がるかわからないから、どのストーリーが仕上がるか選べないんだよね…
ネタを思いついたときに構成が見えてるとすぐ書けるんだけど、あまりない。
10年ほど前は毎日更新とかやってたときもあったけど、いまは無理だなあ。なんかしばらく寝かせないとネタを整理できないことが多い。

というわけで次に何が仕上がるのかわかりません

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP