2016

08.03

ぐおお前回の更新から一年経ってしまう…ごめんなさい
先月?先々月?書きかけて消えたやつは没になりました…また書きます

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

08.03

逆裁6 プレイ感想

逆転裁判6
5と大逆転がちょっとこじんまりしてた分、6はボリューム満点でした…!
言わずもがなの法廷バトルアドベンチャー。

・概要とか
今回は霊媒によって裁判結果を決めてしまう、クライン王国というのが新たな舞台として出てきます。
今作はナルホド・マヨイコンビを楽しみにしてた人が多いと思うのですが、全体的な流れとしては4からの流れでオドロキ三部作完結編って感じだと思います。なので比重はやっぱりオドロキ>ナルホドではあります。
オドロキくん、毎回新たな過去が発覚…!って感じなのでちょっと笑ってしまった(笑)
大人になったマヨイちゃんがかわいい~~!! ちょっとしっとり感?もあって大人っぽいのですが、相変わらずな部分も多くて、ナルホドくんが振り回されるの最高だった~
裁判でのマヨイちゃんの霊媒めっちゃ笑う。あれは卑怯…

・プレイ感とか
死者の死ぬ直前の視界が見られる新システム霊媒に加え、いままでのシステムも出てくるので、いろいろととっ散らかった印象ではあるかもしれない。同様に、過去のシリーズで出て来た音楽もちらほら再登場するので、シリーズファン的には懐かしくて楽しいですが、登場キャラも含め、今作でシリーズ初の人は置いてけぼり感あるかも。
キャラが多いと出番が分散するので、ナルホド・オドロキ2本立てでココネちゃんはアシストに徹してる方がスッキリしていいな~と思ったのですが、4話はちょっとそう来るとは…好き…
5話はすごいボリュームぎっしりですが、最後の裁判、なぜか最初期の段階で真相(写真の秘密・ドゥルクの秘密・女王の秘密)が閃いてしまい、いやいやまさか…ほら違うよね…えっえっまじで…!?って勝手に盛り上がってた(笑)

今回、人によっては爽快感ないかもしれません…ストーリーは面白かったのですが、裁判パートがけっこうきつかった。
毎回、検事からなぜか一方的に物理的被害を加えられるのはお約束なんですが、今回の検事は暴言が多いというかdisがひどい。
さらに観衆もわりと罵ってくる展開が多いので、精神被害的な意味ではギリギリします。
あと、次世代主人公を上げるために初代主人公を若干下げるようにとれる展開があったのは賛否両論かな~~と思います。

・DLC
今回のDLCでナルホド・マヨイコンビVSミツルギが堪能できる上に、コンビの凸凹っぷり?も健在なので、満足しました!
やっぱりマヨイちゃんが相棒なのが良いな~~
次回作はどうなるのか楽しみです!

ADV:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

08.12

シグマハーモニクス プレイ感想

シグマハーモニクス(DS)
謎解きアドベンチャー+RPGという変わった作品ですが、全体的にはアドベンチャーかな…?
いろいろと粗削りで操作性も悪いので、あまり人におすすめはできないのですが、変わったゲームをやり込むのが好きな人とか、詳細な世界観が好きな人はすごいはまるかも。
ストレートにクリアして15時間、シークレットの章(2つ)までクリアして22時間だったかな。

・概要とか
主人公シグマとヒロインネオンの日常は、突如、荒廃した世界で塗りつぶされる。
過去が何者かに書き替えられた所為で、現在が壊れ、未来も奪われてしまう。時を紡ぐ一族の一員であるシグマとネオンは、時を巻き戻して干渉された過去を戻していくことで、未来を取り戻そうとする。という話。
閉ざされた洋館で殺人事件が起こり、それを解決していくという流れなのですが、解決するとその過去は修正されたことになりリセットされるので、毎回同じ舞台で違う殺人事件が起こります。(なぜその場所なのかというと、時を紡ぐ一族の館なので、一族が滅ぶ→敵の望む未来が確定するという理由)
なのでマップ的には同じ館内をぐるぐるしているだけで登場人物も限られるので、同じことの繰り返しで飽きる可能性はある。ただ、三章ぐらいから大枠のストーリーも動き出して、終盤に畳みかけるように世界観の謎もわかってくるところが面白かったです。

・システムとか
館の殺人イベントを見たあと、手掛かりを集めて推理をしていくのが各章の流れとなります。道中敵が出てボスとも戦うので、そこはRPG。
戦闘はリアルタイムバトルで、コマンドごとにゲージがあり、ゲージが溜まるとそのコマンドが使えます。コマンドの種類やゲージの溜まり方は曲ごとに設定されており、その切り替えは戦闘中でも移動中でも行えます。
雑魚戦はぬるいし同じことの繰り返しなので、戦闘は面倒なだけだな…と思ってたんですが、シークレットの第死章はめちゃくちゃ敵が強いです。ちゃんと戦略を立てないと勝てないので、そこは面白かった。
謎解きは、謎に対する手がかりを一つずつ当てはめるのではなく、謎によっては二つ以上選ぶ必要があったり、選んだ手がかりが隣の謎と連鎖したりするので、単純なシステムではなくて面白いです。
謎解きは間違いまくっててもクリアになります。違う場合はシグマがめちゃくちゃな推理を展開するので面白いのですが、真相はわからないままになります。
ちなみに、高いランクでクリアするほどボスが弱体化します。

舞台がずっと同じなので、プレイ画面的には飽きが来るんですが、その分、イベントごとの一枚絵がかなり豊富でクオリティも高かったので良かったです。
世界観とかも面白かったんですが、かなり重要な設定が用語集を見ないとわからなくて、それも全章Sランクでクリアした後各章を再クリアするごとに解放されていくという感じみたいなので、やり込み系駄目な人はキツイかもしれない。私も全部は見てません…(ただ、クリア後だとレベルも上がってるのでやり直しはかなり楽・章ごとに選んで再プレイできます)

ADV:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

08.15

紅茶

ストロベリーティーに牛乳入れても飲めるんでは…?
と思って入れてみたら灰色になり、ヒエッってなった
(味は普通だった)(しかしその後白い部分が凝固して謎の物体に)

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

08.20

とうらぶプレイ記

鍛刀キャンペーン出ねーよー
ずず丸キャンペのときにスッカラカンになった札は300枚ぐらいは溜めてましたが
札はまだまだあるのに資源がスッカラカンになった
遠征と出陣で自転車操業のようになっている我が本丸…(資源探し)
兄さにわとやってるんですが
年末イベントはPC並べながら、抜けた!二刀開眼出た!と二人で騒いでたのに
今回は廊下ですれ違いざまに、出なかった…出なかった…って報告していくだけに(笑)
 ...READ MORE?

とうらぶ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP