2014

12.07

アフタースクール

映画アフタースクール見ました~~
実は公開当時見たかったのですが、近くでやってなかったんですよね

メインキャラが大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人な時点ですっごい興味があって、サイト見たときに伊坂幸太郎作品っぽいイメージを受けたんですよね。
実際見てみたら、あれっ思い違いだったかな…と思ったけど、最後までみたらやっぱり伊坂幸太郎っぽさがあって面白かった。(伊坂ファンにおすすめしたい…!)
淡々としてるけどユーモアもあってどんでん返しもあっていい雰囲気で終わります。
あとは何書いてもネタバレになりますが…!(笑)
同級生だった人々のその後を書いた話。
突然行方不明?になった堺雅人を大泉洋と佐々木蔵之介が探すストーリーになってます。
最初は大泉洋が主人公かなーと思ってみてると、実は佐々木蔵之介が主人公だったのか!と思い、最後に堺雅人が主人公かな?と思ってしまう。キャラの立ち位置?がくるくる変わります。
特に堺さんが良い。こっちが思った先入観通りに、善人にも悪人にも見えてくるのが、役者の使いどころが上手いなーと思う。逆に大泉さんはそのまんまな感じがすごく良かった。
妹ちゃん可愛かったです…!
最後まで見ると、あれもこれも伏線か!と最初から見直したくなってしまいました。
面白かった!

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.14

セーラームーンとか

最近再放送してるので、セーラームーン再熱しております。
再熱というか、当時初代しか見てなかったけど…
初代の変身BGMがかっこよすぎて映像と相まって燃える。絵柄も初代が一番好き
コードネームはセーラーVから入ったので、イチオシは美奈子ちゃんだったけど、
当時ジュピターのグッズ持ってたから、まこちゃんも好きだったんだな
美奈子ちゃんはさすが元主人公のパーソナリティしてるから
うさぎと二人でどたばたやってんのが馬鹿可愛くて仕方がない(笑)
うさぎは主人公の割に当時そこまで思い入れなかったんだけど、
今見るとすごく友達思いのいい子で好きです
初代最終回の貫録とかRでも結局ちびうさを守ってあげようとするし
普段はおバカなミーハー子だけど、大事なところで体張ってるのがいいな
この系列を引き継いでるのがプリキュアだろうけど、完全に子供向だからやっぱり違うね
セーラームーンは恋愛におしゃれに一直線で、スタイル良くてミーハーで
友達と恋愛関係で喧嘩したりしちゃうところが良かったなー

子供向け侮れない!と思ったのは仮面ライダー電王もそうかな
キャラも良かったけど全体の構成がすごく良くできてて、
配信で最後まで見たけど、最近別の配信でまた見てしまっています(笑)
もうちょっと最近だとゴーバスターズもよくできてたな
最初はスローペースでちょっと退屈に思えたけど、追加戦士来てからの
物語の加速度と最後のまとめがすごく良かった
ただ玄人好みというか一般受けしなさそうな感じはあった(笑)

何気に最近一番楽しみなアニメは山賊の娘ローニャだったりする(笑)
最近のアニメって全○話っていう決められた枠内で物語を進めるから
さくさく進んでテンポよく見れるし全体の構成も良いんだけど、
ローニャは何も起こらないような回も多くて、でも何も起こらないのが面白いというか
そういう間を楽しめるアニメでとっても好きです
正直カートゥーン系以外の3Dアニメって全然興味なかったのですが、
ローニャはよくできててびっくりした。認識変わりました
吾朗さんはこういう、派手なこと起こらない堅実な展開の作品が向いてそうだな

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.21

TOI R プレイ感想

テイルズオブイノセンスR

・概要とか
DS版イノセンスのリメイク版。
神世の時代、神の力を持つ天上人と力を奪われ堕とされた地上人との天地を分ける戦争があり、天上界は消滅してしまった。現世になって、転生して生まれ変わった人間に、前世を思い出し特殊な能力を持つ異能者が現れ始める。主人公ルカの住む王都では異能者狩りが始まり、ひょんなことから力を発揮したルカもまた追われることになる…というストーリー。
もちろんメインキャラはほぼ全員転生者。…なんだけど、モブだのサブだのにも転生者がごろごろしていて、前世を巡る特別な因縁を期待していただけに前世の大盤振る舞いでいろんな印象が薄れてしまったなあ…という感が無きにしも非ず。
ただ、その分、なんでこんなに転生者がごろごろしてんの?という問いに最終的にアンサーがあるのは良かったです。
しかしなんだ、テイルズってトロフィー獲得厳しいな!と思ってたので40%でも取れて良かったです。攻略は幻の料理探すのにちょこっとだけ見たぐらいですが、順当に、回った町探索してれば時限イベントがそんなある感じでもないみたいなのでその辺は良かった。

・システムや変更点
リメイクとしては良リメイクということでなかなか評判がいいです。
DS版が好きだった人、テイルズの戦闘システムが好きでプラスアルファ的なものを求めている人、におすすめ。
移植前からの大きな変更点として、仲間キャラが二人増えてるみたいです。その一人コンウェイはかなり序盤から出てくるキャラなので、イベントやボイス等かなり追加点があると思われます。初見は女の子かと思ったけどかなり味のあるキャラでけっこうお気に入りになりました。新キャラ二人は別世界から来たということを匂わせていて、リメイクのRシリーズで共通の世界観が入っているらしい…
体感的にはかなりスキットが多いと思いました。イベントが進むたび、宿に泊まるたび、料理を作るたび、みたいなタイミングでかなりのスキットが見れます。キャラも増えてるし、この辺もだいぶ追加があると思われる。
その分キャラ同士の関係性の見せ方や仲の深め方がスキット頼りみたいなところがある気がする。その代わりスキットで選択肢を選ぶようになっていて好感度が上がるのが面白かった。
戦闘もだいぶ変わってるみたいです。まず、戦闘参加キャラが3人→4人に増えた。
戦闘はいつものテイルズ感に加え、攻撃を繋げることでゲージが溜まっていくシステムがあります(攻撃を受けたり行動しないでいると減る)。このゲージレベルに応じて、セットしておいたスタイルの恩恵を受けられる(HPTPの回復やアイテム入手率の増加や攻撃力UP等)+秘奥義の際にゲージが空っぽになりますのがその時のゲージレベルによって威力が違うとか。この辺りはやり込み派にとってはなかなか楽しいかと。戦闘がランダムエンカウントなのがちょっとやりにくいですが。
新キャラコンウェイがテイルズにしてはなかなか珍しいキャラで、FFでいういわゆる青魔導士になってます。敵の術をラーニングで覚えます(術を喰らえば覚える)。どの属性の術でも覚えてくれるので、重宝するし面白かった…!
戦闘自体は移植前は難易度が急に高くなるらしいのですが、リメイクでは調整されているとのこと。

・キャラとか
メインキャラがテイルズの中ではちょっと珍しいタイプだと思う。
プレイ前情報から、いじめられっ子主人公+ジャイアンヒロイン+チンピラ親友だと思ってましたが、その印象は間違っていなかった…(笑) ジャイアンとチンピラがタッグを組んで主人公をいじめておる(一応愛情表現)…のがある意味すごい新鮮でした。主人公はただの弱虫キャラだと思ってたので、ヒロインを女の子と意識していいとこ見せたがってるところは男の子だなあとほほえましかったです。ただ好き嫌い別れるキャラだとは思う。
キャラポリゴンはVITAにしては質が低いのでキャラの表情もわかりにくく、イマイチ感がありますが、その分アニメーションやスキットの絵がかなり綺麗でクオリティ高い。OPアニメはリメイク前と合わせて二種類あるのでお得。旧の方が色合い等はっきりしててかっこいいけど、新の方が作画は良い。主題歌もとても良いです。
キャラはわりと良かったのですが、物語的にはかなり淡々として地味なイメージがあります。というのも基本的なストーリーが情報を集めて行ったり来たりするもので、起伏がほとんどない。最初は迫害されてたり戦争があったりの渦中にいたのに、いつの間にか前世の主人公が求めていたものを敵より先に手に入れる、が目的になっていてそれを探すだけのストーリー運びになってしまっています。キャラが仲間になるのも、前世の縁という理由であまり衝突もなくさくっと仲間になってしまう。
アビスが好きだった自分からすれば、イノセンスはちょっとキャラの仲が良すぎる感があります。そもそも前世つながりで仲が良い上に、キャラ同士の仲が悪くなりそうな展開があっても、ほとんど引っ張ることなくさくっと解決してしまったりする。スキットも特定のキャラの関係性がピックアップされるというよりは「みんなのスキット」感が強いかなあ。
敵キャラにしても、あいつはいいやつだったんだ…とか哀れだ…みたいな話になってしまうので、戦争とかそういうでっかい設定はどこに…という印象がちょっとある。(アビスが素晴らしくギスギスしていただけに/笑)

・全体的に
手堅くまとまっててアッサリ目。好きな人は好きだけど、もっととがったものを求めてる人には合わないだろうなあ、と。
それなりには面白かったです。キャラデザ良かったし。女の子キャラにはロングヘアを求めがちな私にとって、ベリーショートであんな可愛いキャラデザに出会えるとは衝撃だった(笑)
テイルズ オブ イノセンスR PlayStation Vita the Bestテイルズ オブ イノセンスR PlayStation Vita the Best
(2013/04/25)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP