2014

09.23

真流行り神 プレイ感想

真 流行り神
トロフィーコンプというものを初めてしました(笑)
ジャンルはホラーアドベンチャーですが、いわばサウンドノベルです。
テキスト系はトロフィー取りやすくていいね~ けっこう楽しみました。

・概要とか雰囲気とか
流行り神というシリーズの新作です。
シリーズファンにとっては評判悪いみたいですね。期待していたものと違ったということで。
自分はシリーズやってないのでそこはマイナスではないです。
なぜ買ったのかと言えば、カップリング萌えの出来る女主人ゲーだと聞いたからなのであった…!(笑)
主人公は女刑事。ある事件の犯人として公判中の教授が、別の重要な情報を持っていると言い出し、その教授を事件の参考人として主人公の分署で管理することになってしまう。
主人公と教授との関係がけっこう萌えました(笑)
ホラーゲームですが、そういう意味での怖さはほとんどありません。いわゆる日本のホラー的な、じわっと襲ってくる恐怖がない。それを期待してプレイした人には大きなマイナスだし、やってみたいけど怖いの苦手…って人には逆にプラスです。
その代わり、スプラッタ描写がかなり多め。映像的なグロは苦手なので怖々やってましたが、流血描写ぐらいではっきりしたグロはなかったので大丈夫でした。その分文章ではがっつり書かれてましたが、ちょっとグロ目のミステリ小説レベル。
あとイラストは、立ち絵とカットはクオリティ高いし好みでしたが、スチル(一枚絵)がなぜか全然絵柄の違う絵なのでそこは残念でした。(ちょっと泥臭いホラーっぽい雰囲気を楽しみたい人にはいいかな?)

・システム
最初にブラインドマン編というストーリーをクリアします。すると、ブラインドマン編からのルート分岐が開放されます。その後もストーリーをクリアすると分岐が開放されていきます。つまり全部、枝分かれしたパラレルストーリー形式。
ルートによって死ぬ人が出たり(というかたいていのルートでたいていの人が死ぬ)キャラの役割がガラッと変わったりしています。同じ登場人物で別の事件が構成されているという体のパラレル。
その辺のつくりは面白いと思ったのですが、ブラインドマン編がおそらく一番面白いので、ちょっと尻すぼみ感があるかなあ。
それと、延々枝分かれストーリーやってるとちょっと飽きてきます。同じ登場キャラで似たような展開を繰り返しプレイする、という意味では乙女ゲーも一緒じゃん?と思うのですが、後者は恋愛成就という目的があるのに対して、前者は目的がないのが違いかな~
明確なゴールに向かって行動しているというよりは、バッドエンドを避けて避けて避けていくとエンディングにたどり着く、みたいなイメージでプレイしている感があります。そのわりにどうあがいても(正エンディングにたどり着いても)バッドな結末にしかならないストーリーもあって、そういう意味では徒労感が。
少し距離を置いて、短編集を読んでる感覚だとバリエーション豊かでけっこう面白いんですが、キャラや展開にいろいろ期待して進めるとちょっとがっかりするかも。
また、ライアーズアートという、相手の言葉に対し選択肢を選ぶことで説得に成功し先に進めるというシステムがあります(失敗するとバッドエンドになるパターンが多い)。ただしこれには制限時間があり、音楽もちょっと燃える感じになるので、これが良くも悪くもホラーっぽさを相殺している。(怖いのが苦手な人、鬱々とした雰囲気が続くと嫌な人にはいいと思う)
違う選択肢を選ぶと反応が変わるのが面白いのですが、いろいろやり直そうと思ったら時間がかかるのでちょっと面倒くさい。
その他、分岐のやり直し等のシステムについては、とにかく選択肢ごとに分岐に飛べるので途中セーブが要らないぐらいですごく快適でした! トロコンのつよいみかた

以下簡単にルート感想
・ブラインドマン編
基本ストーリーなだけあって、そこそこボリュームがあるしキャラの出番も平均的にあります。このルートやったあと別のルートやると、教授のあまりの出番のなさにびっくりする(笑)
・悪霊ルート
完全にオカルトチックでわりと短いストーリーでしたが、呪いのルールがわからない→わかるの展開は意外と面白かった。
・生贄編
女性に対する暴力というかひたすら胸糞展開とクズキャラとスプラッタなので、人によってかなり地雷ルートかなーという感じ。でも主人公がわりとかっこよかった。
・死臭編
オカルト的なホラーではないが、わりと雰囲気はホラーっぽかった。緊迫感はあったと思う。
・人形編
人形の呪いという古典的オカルト。突然人形の顔アップという演出がちょくちょく入るので、驚かされる系のホラーが苦手な人は注意。
・洗脳編
かなりの胸糞展開とキャラのクズキャラ化が人によってはけっこうつらい。こういう設定にするか~というストーリーの味付け自体は意外で面白かったかも。
・寄生虫編
ウジ虫系苦手な人はスチルがあるので注意。敵同士の共闘感があって、教授との関係にけっこう萌えました(笑)。直後にああ~(泣)ってなったけど。
・パンデミック編
ゾンビホラー。このルートが一番教授との関係が萌えると聞いていたのであとにとっておきました(笑)。悲恋萌えの人にはぐぐっとくると思います(もはや楽しみ方がホラーではない/笑)
・隠しルート
全ルートクリアすると開放されます。完全なるお遊びルートです。吹っ切れまくっててわりと面白かった。このルートのライアーズアートが一番難しかったよちくしょう!(笑)

真 流行り神真 流行り神
(2014/08/07)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

わりと楽しんだけど、あまり繰り返しやるゲームではないかな。
シリーズの他の作品は評判いいので気になるけど、あまりオカルトホラーが好きなわけではないから(というか映像とか音楽が入るのが怖い)ちょっと保留です。

ADV:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

09.25

じぶり

こないだコクリコ坂のDVDをうっかり買ってしまったので、めいらさんと一緒に見ましたのことよ!
やっぱコクリコは雰囲気が好きだわ~
そしてやっぱり主人公がいい子でけなげすぎてきゅんとくる…

そういえばかぐや姫公開してたときに観に行きました。
あれは高畑作品の最高傑作だと思うわ。
でも人を選ぶ作品だと思います。
受け身のつもりで見るとたぶんあんまり面白くない。
登場人物の気持ちを読み取ろうとか解釈しようとかすると面白くなる。
表情とかしぐさとか音響とかいろんなところに情報が隠されていて、読み取ろうとすると奥深いと思います。でもあんまりセリフでは説明してない。
オリジナルで昔の思い人(?)に会うシーンがあるんだけど、時間とか世間とかいろんなものが横たわっていて二人は結ばれないというのが高畑節だなあと思います。ここでかぐやが姫だから結ばれないとすればよっぽど綺麗なんだけど、そうすると身分が悪いっていう話になっちゃうしそれは違う気がする。
それに関して夢なのか現実なのかわからないシーンがありましたが、あれは互いの気持ちだけは本当に逃避行したんだと私は思ってます。気持ちは本物だったけど永遠じゃない。だから終わる。
翁に関しては、自分がかぐやを追いつめていたことに気づいてももう遅すぎた、というのがやっぱり高畑節だと思う。でもかぐやは知っていてわかっていて翁を許していたんだよなあ。
しかし貴族女性の間では身分の高い相手に嫁ぐことこそ幸せ、というのは当たり前だったのではないだろうか。そういう意味ではかぐやこそが異端だともいえるし、親心を解しない娘だという解釈もできる。
無常観というのをいろいろ考えさせる作品だったなーと思います。

でもジブリの高畑作品で一番好きなのはおもひでぽろぽろだわ。
昔はこれが一番つまらないと思ってたけど、大人になると沁みる~
なにより、トシオさんはジブリ一いい男だと思うの…!(笑)
ベッド・ミドラーのThe Roseの高畑訳もすっごい良いんだよな~
原曲はちょっと説明調っぽい歌詞だけどいい歌。

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

09.27

戻った!

去年半年かけて肥え太った体重が、
半年以上かけてやっとこ元に戻りました
間食やめるとある程度はさくっと戻ったんですが、
ラスト1kgがしぶとくて3か月ぐらいかかりましたね…!
しかし昨日は頂き物のワッフルを二つ食べた上にコンビニのパフェまで食ってしまった…
今日の体重計でセーフだったのでセーフだと思いたい

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

09.27

読んだ本

「天の梯 みをつくし料理帖」高田郁
みをつくしシリーズ最終巻です! 長さ的には綺麗に終わったんじゃないかな。
ストーリーとしては、最終巻だから劇的なことが起こるという印象はなかったです。むしろ始末をつけて終わらせる巻というか、静かに終わった感じでした。
恋愛的な展開は期待してたのとは違ったので、うーんという感じでしたが、一巻から伏線張られてるのかな?と思うといろいろ気になって読み返したくなってしまいます。
ラストに物足りなさも感じたのですが(もっと読みたい的な意味で)、番外編が出るっぽい感じなので、楽しみにしてます。
天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
(2014/08/09)
高田 郁

商品詳細を見る


「烏に単は似合わない」阿部智里
平安風異世界ファンタジー。勾玉シリーズとか好きな人にはいい世界観だと思います。
しかし松本清張賞を取った作品だということは忘れてはいけない…
というのもファンタジー世界を楽しんでいたら、突然血生臭い展開が入ってきて、取り残されたような気分になってしまったからです。
終盤につれてだんだん雰囲気が不穏になってくる。
世界観にのめり込んでいた身としては、真相に納得いかない!感じもあるのですが、この世界設定がいいのでシリーズの新刊が読めるのを楽しみにしてしまう。(というかこの設定で少女小説的なものを読みたかった…)
烏に単は似合わない (文春文庫)烏に単は似合わない (文春文庫)
(2014/06/10)
阿部 智里

商品詳細を見る


「下町ロケット」池井戸潤
いまさらですがー読みました。同作者の空飛ぶタイヤが好きな人には安心しておすすめできます。
タイトルから、町工場でロケット作成を夢見る、夢を叶える的泥臭い青春?物語なのかと思ってなかなか手に取れずにいたのですが…
予想に反して、いつもどおり企業VS企業的な感じが面白かったです。初っ端から大企業に訴えられて進退窮まった展開が利いてる。
下町ロケット (小学館文庫)下町ロケット (小学館文庫)
(2013/12/21)
池井戸 潤

商品詳細を見る


「風にも負けず粗茶一服」松村栄子
雨にも負けず~の続編出てたのか!知らなかった!
茶道の家元の長男が、家を継ぐのが嫌になって家出する話が前作です。しかしこの主人公、続編になっても家に帰ってない(笑)
今作では主人公が比叡山の寺で修行する話になってます。だんだん野生に目覚めてる主人公が頼もしくて面白い。
しかし主人公の視野が広くなったというか他人が見えるようになってるというか、前作始めと比べた主人の成長っぷりがたまりません。ただ前作と比べて主人公のストーリーに焦点が当たってないかなという感じはする。
前作すごく好きなんですが、今作も面白かった。
風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2014/01/04)
松村栄子

商品詳細を見る


以下ラノベ
「シュガーアップルフェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王」三川みり
ついにシリーズ完結です!
イラストと作品の雰囲気がよく合ってたシリーズだった。そして、作者はほんとピンチな展開を作るのが上手い…
今作が特別に最終巻というよりラスト三冊ぐらいが一つの流れだったような感じです。
個人的には両想いになる前の方が好きなんですけど、一巻の最初からあった、妖精が奴隷で人間が使役者という一つの課題が最終巻までずっと流れとしてあったのは良かった。
だらだら続きすぎずちゃんと終わってよかったです。最後の最後はちょっと駆け足っぽくさくさくーっと終わってしまったような気がしますが(笑)
少女小説はいつも読んでるわけじゃないのですが、ときどき読みたくなるのでまた気に入るシリーズを探したいなあ…(現在は追っているシリーズがないので)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)
(2014/08/30)
三川 みり

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP