2014

08.10

アリスマッドネスリターンズ プレイ感想

アリスマッドネスリターンズ

・概要
アクション洋ゲーです。
ホラー系かと思ってどきどきしながら買ったんですが(ホラー苦手だけどアリス世界が気になったので)、あんまりホラーって感じでもなかったです。
序盤と終盤にちょっとグロっぽい表現があるけどグロ系カートゥーンが大丈夫なら問題ないレベル、あとは狂気系ダークファンタジーって感じかな。
CERO Zついてますが、映像的に十八禁というよりは展開にえぐい部分があって、そこが子供向きではないって感じです。
洋ゲーって、背景はすごいけどキャラの髪の毛とか顔のつくりがおざなりなイメージがあるのですが(笑)、本作のアリスは美人で髪の毛さらさらでかなり日本人受けする造形してると思います。他キャラもリアル系というよりはデフォルメが強めで、陶器の人形が動いてるかのようなそんなリアル感があって良かったです。
背景は特に序盤がほんと綺麗でイイ! 後半にいくにつれ狂気でどろどろした暗い世界観になってしまいますが(笑)

・ストーリー
実はこの作品、PCで出たアリスインナイトメアの続編という位置づけで、マッドネス単体では少々話がわかりにくくなっています。
火事で家族を失ったアリスは長年精神病院で過ごし、退院後は医師バンビー氏の下で治療を受けながら住み込みで働いていた。しかし火事の記憶から逃れられないアリスは、あれがただの事故ではなかったことに気づき始め、真実を探るために精神世界の奥へ、ワンダーランドへ身を投じていくことになる。
前作のナイトメアは、アリスが不思議の国と鏡の国に行った後の話で、アリスが再びワンダーランドを訪れるというストーリーだったみたいです。そこでは精神病院にいたころのアリスが描かれていた模様。

・システム
アクションは難易度の高い本格的なテクニックを要するアクション…ではなく、アクションRPGにもあるぐらいの難しすぎない難易度でした。特定の攻撃や方法でなければ倒しにくい敵がいたり、囲まれたらピンチになってしまうぐらいです。後半に入ると武器が増えたり武器の強化が進むので楽になるかも。
アリスの動きがスタイリッシュでカッコイイ。飛び道具は最初慣れませんでしたが、敵をロックオンできるので慣れると使いやすかったです。
見えない道を探したり、道を作ったりのギミックがあるほか、記憶や瓶を集めるというやり込み要素もあって楽しかった。
アクション不得意な自分でもノーマルでクリアできたので、次は強くてニューゲームのハードでアイテムコンプしようかな…と思っております。
ただ、敵との戦いはある程度テンプレ化してくるので、アクション不得意の自分は敵に囲まれたとき等に手に汗握ったりしましたが、アクション得意でバリバリやってる人にとっては、だんだんヌルゲー化してくるのかもしれない。

アリス マッドネス リターンズ【CEROレーティング「Z」】アリス マッドネス リターンズ【CEROレーティング「Z」】
(2011/07/21)
PlayStation 3

商品詳細を見る

しかし世界観良かった! グラフィック良かった!
ダークアリスという単語に興味を惹かれる人にはおすすめです。

ACT:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

08.15

読んだ本

「大きな音が聞こえるか」坂木司
サーフィン乗りの少年・泳が、親戚のいる南米に行ってアマゾン川で起こる波に乗ろうと計画する。
ロードムービーっぽい感じ?と、序盤はあまりぴんとこなかったのですが、読み進めてみるといつもの成長ものっぽくてなかなか面白かったです。旅行費用を貯めるためのバイトを始めてからだんだん面白くなってくる。
世界に出て初めて、日本の親元で自分がどれほど守られていたかを知る、というくだりが良かったです。
大きな音が聞こえるか大きな音が聞こえるか
(2012/12/01)
坂木 司

商品詳細を見る


「上流階級 富久丸百貨店外商部」高殿円
バイトからのたたき上げで正社員になった静緒は、あろうことか百貨店の稼ぎ頭である外商部に配属されてしまう。カリスマ外商員葉鳥の弟子として、彼に認められるために奮闘するのだが…という話。
主人公はバツイチ女性なんですが、単に年齢的な理由での設定ではなく人格形成の理由を説明するためにバツイチの設定を持ってくるのでよく書かれていると思います。顧客の無茶振りをこなしたり、パイプを作ろうと奔走するさまが面白かったです。熱血物(?)好きな人におすすめ。
最初は嫌な奴で登場する同僚が、だんだんかわいく見えてくるのが良かった(笑)
上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部
(2013/11/16)
高殿 円

商品詳細を見る


「オー!ファーザー」伊坂幸太郎
初期の作品っぽい(ゴールデンスランバー以前)と思ってたら、本になるのが遅かっただけで比較的初期に分類される作品みたいですね。初期のドタバタな作風が好きな人におすすめです。
主人公にはなぜか四人も父親がいて、それぞれ知的だったり女好きだったりタイプもバラバラ。でもみんな息子に構ってくるところが、主人公にとって面倒な部分だったりする(笑)
相変わらず、伏線の張り方というか情報を余さず使うやり方が巧いなあ~と思います。
勢いで読めて面白かったです。
オー!ファーザー (新潮文庫)オー!ファーザー (新潮文庫)
(2013/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


まんが
「チキタ★GUGU」(全6巻)TONO
名前だけは知ってて、読みたいな~と思ってたのですが、今回新装版で出たので買いました。
相変わらず、絵と作風のギャップがすごい作者さんだなーと思います。
グーグー家の末裔チキタは、一家が人喰い妖ラー・ラム・デラルに殺されたとき、一人だけ生き残った子供だった。実はチキタは、人喰いにとって毒になる、非常に不味い人間だったのだ。しかしその不味い人間を百年飼育すれば非常に美味となるという話を聞き、ラーはチキタと暮らすことにする。
設定だけ見れば、人と妖がいつしか仲良くなるほのぼのファンタジーが期待できるのですが、やはりそうは問屋が卸さないというか… ほのぼのした絵柄で人の醜さやちょっとえぐい内容を書く作者さんというのはわかっていたのですが、3巻の展開がすごすぎてちょっとの間脳が理解を拒んだほどです。やはりこの人はすごいものを書く…
ラーが妖であるがゆえに人の死というものを理解できないというシーンは、可哀想とか呆れるとか以前になんかすごくやりきれないものを感じてしまった。ニッケルが自分の幸せを語ったシーンはすごい泣けたなあ。
チキタ★GUGU 1 (Nemuki+コミックス)チキタ★GUGU 1 (Nemuki+コミックス)
(2014/01/04)
TONO

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

08.23

マクロスF

マクロスF再放送の録画だけしててずっと見てなかったので、やっと最後まで見終わりました。
人気あった(みたい)なのにヒロイン論争の話しか聞かないので、最初は面白いけどだんだん失速する物語なのだろうか…と思ってたけど、最終回アツかったし歌もすごい良かったよ~
一目見た瞬間からシェリル派だった(笑)ので、アルトを好きになってシェリルに嫉妬するランカにちょっとモヤモヤしたけど(シェリルファン状態のランカはすごく可愛かったので余計に)、最終的にランカも好きになったしいい雰囲気だったと思います。
いわゆる宇宙生物と戦う話で、ランカはその宇宙生物に対抗する歌声を持っている少女としてキーキャラになる存在です。シェリルは大人気の歌姫だったけど、ランカがデビューしその歌声が注目されたことから彼女と(物語的にも)比べられてしまう。
見た感想としては、聞いてたほどランカにフラグなかったなーというのと、聞いてたほどランカは嫌な子じゃないなーという感じかな。肝心な時に役に立たないとか裏切ったとも言われるけど、そこは敢えてシェリルと対比させる演出になってるので、むしろワリ食ってるなーと可哀想になった。
シェリルはプライド高いというか強いプロ意識と、私はいいからランカちゃんを助けてあげなさいって言う男前なところがとても好きです。男女逆だったら、あいつのところへ行ってやれっていう男の方が確実に当て馬キャラなわけだが(笑)
最終的にアルトとシェリルの二人三脚でランカを救いに行くところがすごく燃えたし、ランカが最後にシェリルを救うシーンもすごく良かったと思う。ヒロイン二人ともかわいい! 歌のシーンは最高だったわ(OPの演出の意味もわかったし)。

アルトがあんまり格好良くなかったけど(笑)面白かったです。
他のマクロスシリーズにも興味あるなあ~

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

08.24

はりぽた

なんだか微妙にハリーポッター熱が再燃したり。
人にレンタルしてたりの関係で四巻以降は一回ずつしか読んでないので、映画版の方が印象に残ってます。
好きキャラはハーマイオニーとルーナとスネイプ先生かな。それとマクゴナガル先生。
邦訳はだいぶ誤訳が多いみたいなので、原書で読もうと思います。
三巻は好きなシーンだけ拾い読みしてて、一巻は二章ぐらいまでしか読んでなくて、二巻は持ってるけど未読。
せめて一冊ぐらいはなんとか読みたい…
四巻以降も原書(UK版で)そろえたいと思います。
読むぞ~~

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP