2013

10.01

有頂天

有頂天家族最終回見ました~
最後まで余すところなく面白かった。京都を舞台にした、狸の化かし合いアニメってだけで面白かったけど。
ラストに向けて緊張感を積み上げていって、最後に全部ぶっ飛ばすとは思わなかった(笑)。母上の声が優しすぎてホロリときました。
緩急の付け方というか、静と動の使い方がすごく上手いアニメだった。
セリフで全部説明してしまわないところがいい。あえて言葉にしないところ、表情から汲み取るシーンがあるのが良かったな。
キャラも、いわゆる悪役の位置にいるキャラが腹立たしいながらにどこか憎めないところが良かった。双子が妹に頭上がらないシーン(特に電話の)が可愛すぎたよ! 叔父も、「そうさん」のくだりですごくやりきれないような気持ちになりました。
長男が常にお兄ちゃんでたまらなかったよ! 命の危機にあっても母親の心配をするところとか。
あー、原作買ってこよう。

マジェスティックプリンスも面白かったけど、本当にラストのラストで尺が終わってしまったので、エピローグ用にあと一話欲しかった…
二期求む!


そういえばまた好きキャラの傾向が変わってきました。
小学生の頃は優秀系優男が好き?で、中学は最強系、高校になると年長者・助言者タイプが好きだったような気がします。昔は善良・無邪気な子供キャラは面白みがなくてあまり好きではなかったのですが、大人になってから彼らの純粋さが沁みるようになってきました。
で、最近また好きになってきたのが、人間くさく葛藤するタイプ(自分のネガティブな部分と向き合ってるキャラ)。楽観的なキャラが前向きに頑張るのと、臆病なキャラが逃げずに頑張るのとでは心理的負担が全然違うと思うんですよ。後者はすごく応援したくなってきます。主人公よりも脇に多いタイプだと思うのですが、そうなるとスポット当たってないのに孤独に頑張ってる気がしてより思い入れてしまう(笑)
マジェプリのアサギとか進撃のジャンとか良かったな~(進撃はまだ最後まで録画見てないけど)

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

10.09

今季アニメ

今季は勢いとアニメーションで楽しく見れるのが何作かありますね
キルラキル、夜桜四重奏、京騒戯画あたりかな
キャラデザも可愛いし声優さんもけっこう豪華ですね
まあ、考えるな!感じろ!系だから好き嫌い分かれるかもだけど
キルラキルは本当にアニメーション(の動き)を楽しむアニメって感じだな

ドラマはやっぱりリーガル・ハイ二期っす
見るっす

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

10.15

ゼルダの伝説風のタクト プレイ感想

ゼルダの伝説 風のタクト

のろのろプレイしてたらHD版が出てしまいましたが…
間空いてしまって久しぶりにプレイしたら、操作法忘れてて敵にボコボコにされました(笑)
GCのコントローラーはボタン配置に慣れないです。

・ストーリー
いわずもがなのアクションアドベンチャー。
ゼル伝は基本パラレルみたいですが、ある時期にある程度体系化した設定が発表されたみたいですね。基本的には時のオカリナを基準として、三つの時間軸のパラレルになっています。
ガノンドロフに敗れたif世界・ガノンドロフを倒した世界・ガノンドロフを倒したリンクが過去に戻ってきたあとの世界、の三つだそうです。(時のオカリナは少年リンクが七年後の世界と行き来する話)
風のタクトでは、時のオカリナで倒したガノンドロフが時代が流れて復活するが、この時間軸では時の勇者は現れず、神々は王国ごとガノンドロフを海の下に封印する。そしてさらに長い時が流れ、またもガノンドロフが復活してしまい、妹がさらわれたことから巻き込まれたリンクがそれに立ち向かうことになります。
風のタクトでは、時のオカリナで起きた物語は伝説となって語られています。
ちなみに直接の続編は夢幻の砂時計です(ゼル伝シリーズのリンクはほとんどが違う時代の別人設定だけど、風タクと夢幻は同一人物)。

・プレイ感とか
いろいろ細かい荒はあるものの、キャラデザとか操作感とか総合していままでプレイしたゼルダの中で、一番好きです!
謎解き難易度がすごく丁度良かった。ちょっと考えないとわからないけど、もう無理だ攻略見よう!と思う前に解ける感じ。道具の使い方も単調じゃないのが良いです。
操作感も、ちょっとしたところに複雑な操作が必要ないのはとっつきやすくていいです。段差や崖で方向キーを倒したままにするだけで、自動でよじ登ったりジャンプしたりしてくれる。Lボタンで自動的に敵をロックオン出来、弓やブーメランの狙いも自動で合わせてくれる。最適タイミングで攻撃ボタンを押すと自動的にカウンター攻撃になる、等々。
それと曲がすごく良い! 時オカと同じく、今回はタクトを使って音楽を奏でるわけだけど、上手くできてるな~と思いました。メインテーマとか、要所要所の曲はシリーズで揃えてたりもするみたいだけど、この作品は音を民族音楽っぽくしてあってそれが良かったです。
風の神殿のボス戦(モルド・ゲイラ)の曲がすげーかっこよかった…!

・キャラとか
キャラデザ(猫目リンク)がとにかく可愛くて好みです。ゼルダもめちゃくちゃ可愛くて美人だった!
目がくりっとした可愛さを追求したデザインなのかな、と思ってたら、リンクがしょっちゅうしょっぱい顔をするので吹いた(笑)。表情がくるくる変わって、しかも変顔が多くて面白いです。
目が大きいのできょろきょろするのが可愛すぎる。攻略的な意味では、リンクが注視してる方向に進行のヒントが隠されたりもしています。
いくつかの島で子供たちがいろいろ出てくるんですが、どの子も可愛すぎる。タウラ島のヒント少女たちが可愛くて好きです。お金とるくせにたった2ルピーぽっちというのが子供らしくて可愛い…! キャラデザ自体はリト族の少年が可愛すぎた。
CGもわりとのっぺりしたデザイン的な感じなので、不自然感のあるポリゴンではなく、十年前の作品とは思えないほど奇麗なデザインしてます。動かせるアニメーションって感じ。

・惜しい点とか
しかしあちこちの島を渡り歩くという設定なので、大海原を駆けまわるのは楽しいんだけど飽きてくるとけっこうつらいと思います。風向きは変えられるんだけど、タクトを装備→風向きを変える→進むの繰り返しがけっこう面倒。海広いし。船遅いし。ワープが使えるようになるとだいぶ楽になるのですが、作業がなくなるわけでもなく…
よく言われるのが、前半は神なのに後半は作業という文句。
終盤のラストダンジョン直前に、島を駆けずり回ってマップを手に入れる(八枚)→マップを解読する(莫大なお金がかかる)→アイテムを探しに行く(八箇所)というのがあるのですね。
島巡り・宝探し(サルベージ)・金集め等、個々の要素は決してつまらなくないし楽しいんですよ。全体的にちょこちょこやるとたいしたことないのに、終盤にすべて凝縮してしまったために作業→作業→作業という工程になってしまったという…
そこさえ改善されてたらもっと面白かったのになー
あと私みたいに中途半端にやり込むタイプは、前半のうちからいろんな島に行ってみる→しかしアイテムが足りずに攻略できない島が多い→アイテム入手後行ってみようとするもののどの島が未攻略なのかわからない、というくじけ感に捕まるので要注意です(笑)
それを差し引いてもやっぱり面白かったです!

ゼルダの伝説 風のタクトゼルダの伝説 風のタクト
(2002/12/13)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る

HD版は、船スピードとか調整はされてるけど追加ダンジョンとかは無しみたいですね。

ACT:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

10.28

太る

最近、家に数種類の菓子が常備されてる上
冷蔵庫にアイスが常に三種類ぐらい入っている
ストックしてるのは母だが横から食っているので太るなこれは…
以前は菓子のストックが切れてることも多かったんだけど

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

10.29

読んだ本

「オーリエラントの魔道師たち」乾石智子
オーリエラントシリーズの短編集です。もちろん単独で読めます。この人の作品は、読むたびに今回のが一番面白かった!と思ってしまう。でも本当に、今作は文句なしに面白かった。
このアイデアはどこから湧いてくるんだろう。一作目、紐結びの魔道師。紐の結び方によって魔法を使う。いつもはシリアスですが、今回ユーモアもあって面白かった! 二作目は、女たちの魔法。夫や父親に虐げられた女たちが、支配から逃れるために魔法を求める。これは互助会みたいな組織があって面白かった。三作目、復讐の呪術。乾石さんの作品では、魔道師は心の中に闇を持っていないといけないというのが良く出てきますが、それを体現した作品。四作目、オーリエラント一作目と同じく、夜の写本師。記した文字が力を持つ魔法です。
最後に年表が載ってますが、うーんさっぱりわからんぞ(笑)。どうもオーリエラントには二つの大きな帝国があって、内乱になったり戦争になったり滅亡したりのそれぞれの時代について物語が展開するみたいですね。
オーリエラントの魔道師たちオーリエラントの魔道師たち
(2013/06/28)
乾石 智子

商品詳細を見る


「雪の断章」佐々木丸美
孤児の少女飛鳥はあるお屋敷に引き取られ、二年もの間召使のように虐げられる日々を送る。そこから逃げ出した飛鳥は、昔迷子から助けてくれた青年と再会し、今度は彼に引き取られることになる。少女の成長を追っていく、ミステリ要素も交えた作品。
保護者と被保護者の年の差+すれ違い好きな人にはたまらないと思う。思春期の少女の、人生観や善悪等を織り交ぜた心理描写の多い作品なので、淡々としたのが好みの人には合わないかも。
頑なで強情で人に心を開かない飛鳥が可愛くないんだけど、愚かしいほど真っ直ぐで孤独なところが愛おしい。夢の中で助けを求めるシーンには泣けました。飛鳥にとって幸せとは砂上の楼閣のようなものだったのだろうと思うと、いじらしくてせつないです。
ベストセラーだったらしいけど、知らんわーと思ってたら生まれる前の作品だったわ…'75年刊行です。全然古さを感じなくてびっくりした。
佐々木さんは北海道の人ですが、そういえばミステリ作家といえば京都のイメージがあったけど(京大ミステリ研出身)北海道も多い気がする。京極夏彦、佐々木譲、今野敏、東直己、とか。
雪の断章 (佐々木丸美コレクション)雪の断章 (佐々木丸美コレクション)
(2006/12/16)
佐々木 丸美

商品詳細を見る


「怒りのフローラ 上・下」イザボー・S・ウィルス
三部作の最終巻です。今回も、一巻のあれは伏線だったのかー!みたいな展開が多くて面白かった。でも前作までに比べたらなんとなく大人しい感じがしたかも。というのもいままでは騒動の渦の中心に主人公がいたのが、今回は主人公の与り知らぬところで事態が展開したり終息したりしてるからです。
ある人物を探すために地図に探索の魔法をかけたフローラだったが、手違いからその地図を熊に変身する男に持って行かれてしまう。彼女は地図を取り戻すために熊男に近づくことにする。
身分を偽って駐屯地に潜り込むところは大胆で面白かったです。
しかし主人公の相手役候補なんだかいっぱいいる気がするんですが! もしや…と思った相手は最終的に五人もいましたよ!(笑) ハリーポッターでも思いましたが、海外の児童向けファンタジーはなぜにこんな恋愛に奔放なんだろうか…
怒りのフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)怒りのフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)
(2013/04/20)
イザボー・S・ウィルス

商品詳細を見る


以下まんが
「悪夢の棲む家 ゴーストハント 1」いなだ詩穂/小野不由美
ゴーストハントの続編です。これがコミカライズということで、原作の続編フラグが立ってくださいませんでしょうか…
広田さんの頑固そうな雰囲気と隣家のおばさんの筆舌に尽くしがたい気持ち悪さ(褒めてます)が絶妙です。
一巻はまだ全員集合してませんが、たいがいぼーさんは初動メンバーに入ってるのが嬉しい! 安原少年の有能さよ… 例の人の登場がすごく楽しみです!
悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx ARIA)悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx ARIA)
(2013/06/07)
いなだ 詩穂

商品詳細を見る


「乱と灰色の世界 5」入江亜紀
最初の頃は魔法使いほのぼの日常漫画だと思ってましたが、世界の危機、全面戦争みたいな感じになってきました。今回で一段落ってことでいいのかな?
しかし日比が、がきんちょのくせに恰好よすぎる… ありのままの乱を肯定してるところがきゅんとくる。完全に日比派なんですが、まだ凰太郎ルートの可能性はあるのだろうか…
乱と灰色の世界 5巻 (ビームコミックス)乱と灰色の世界 5巻 (ビームコミックス)
(2013/09/14)
入江亜季

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

10.30

バテン・カイトス プレイ感想

バテン・カイトスII プレイ感想

バテン・カイトス

二年ぐらい前に買ってクリアできてませんでしたが、再開してクリア~
Disc1終盤近くで止まってましたが、そこを超えると物語が加速して面白かったのに手前で止まっちゃってたのね…

・概要とか
千年前の神々の争いの影響で、海がなくなり大陸は五つに分かれて空に浮いている時代。
家族の仇をとろうとしている青年カラスと、古代の邪神の力を目覚めさせる計画を知りそれを止めようとしている少女シェラが出会う。彼らの敵対する勢力がたまたま一致していたため、彼らは一緒に行動することになる。
仇がとれればあとはどうでもよかったカラスだったが、事態が世界の危機とあっては、巻き込まれざるを得なくなってしまう。
プレイヤーは主人公に憑いている精霊で、宿主であるカラスとしか直接意思のやり取りはできません。カラスにくっ付いて物語に参加していくことになります。
クリアまで約65時間。サブクエは九割やったと思います(時限をいくつか逃した)。収集系のサブクエはコンプしました~ こういう、ちょっとずつヒント貰って自力で探す系は好きです。
2より総プレイ短かったのですが、2より長く感じました。1はとにかく物語の山場が多くて、ここがクライマックスか…!と思ってからあと何度、同じことを思ったか!(笑) 終わりそうでなかなか終わらない感じが、人によっては疲れるかもしれません。でも最後までやると本当にプレイして良かった!って気分になります。

・2と比べた印象とか
1と2の相互関係がすごく良くできてると思います。
どちらか先にやった人はその先入観に惑わされてもう片方の展開読めないと思う。(まあ、勘のいい人ならやっぱり気付いちゃうと思うけど…)それでいて同じキャラ出てたりもするから面白いなあ。
最初にやったのが2なので、キャラへの思い入れ、配役の好み、絵柄や展開、どれをとっても2の方が好きかなー…と思ってたのですが、最後の最後までやると1はほんと素晴らしかった…! エンディングがまたカーテンコールみたいでぐっとくる。
このシリーズは主人公=プレイヤーじゃないのが面白いのですが、その構図にちゃんと意味があって物語に絡んでくるのが良いです。(1と2で立ち位置が変わってくるのもまた面白い)
2が過去の話なので、なんで過去なんだろうとか3は作らないのかなとか思ってましたが、ここまできっちりがっつりまとめてくると、そりゃもう蛇足になっちゃうから作らないよね… 少なくとも新天地とか完全別物にしないと。

・1と2での戦闘システムの比較
戦闘はカードシステムになっていて、ランダム状態で場に出ているカードを選ぶことによって行動が決定します。(というか見た目はカードゲームっぽいけど実状はコマンド式)…というシステムと見た目は1と2で同じなのですが、実はその中身はまったく違います
1をやった人は2で、2をやった人は1で、おおいに惑わされ混乱することでしょう…
まず、ランクアップによってデッキの枚数限度が増えるのですが、1はできるだけデッキ枚数を埋める、2はできるだけ枚数を制限することによって戦闘がスムーズに行えます。
1は攻撃ターンと防御ターン(敵の攻撃ターン)があり、制限時間内に制限枚数内のカードをコンボして繋げていきます(防御ターンは敵の攻撃の回数分だけカードを選べる)。手持ちのカードを使いきるとリセットされ、デッキがシャッフルされます。属性のついたカードもあり、同ターン内で反発する属性のカードを選ぶとその分相殺されてしまいます。手札は捨てることができません(使わなければ減らない)。
2は攻撃ターンのみです。行動の最初に一度だけ装備を選ぶことができますが、武器か防具かの片方しか選べません。回復アイテムを使った場合はそれだけでターン終了です。コンボの枚数制限はなく、繋げられるカードがある限りコンボが繋がります(キャラ間のコンボも可能)。デッキシャッフルはなくて、2の場合は不要な手札をどんどん捨てることが戦略の重要なポイントになります。
戦闘カードには数字が書いてあり、コンボに関わる要素なのですが、実はこれも1と2ではまったく違うシステム。1は数字を並べるまたは揃えることによってボーナスポイントが付きます。ただし、数字を揃えられなくてもコンボになります。2は数字の小さい順に並べないとコンボが繋がりません(1→2、1→3は可能だが2→1はできない)。
2はかなりスピーディに戦闘が回せるので、慣れるとけっこう面白いです。はまる。

・キャラとか
他人を信じない皮肉屋の主人公カラスが少しずつ心を開いていくようになるのはほんと良かった。ヒロインのシェラは最初、奇麗事ばっかりの聖女系ヒロインかなーと思ってあんまり興味持てなかったのですが、後半すごい頑張ってるのでだんだん好きになって、最後までやるとすごい良い子で健気で強い子なのですごく好きになる。
2は最後まで固定パーティだったので、1はなんで六人もいるんだろーもっと少なくていいじゃんとか思ってたら、ちゃんとそれに意味があることがあとでわかるので、いやーほんとよく作られてるわと思います。
ちなみに自分はカラス・シェラ・ギバリのパーティが鉄板でした。カラスとギバリは武器を防御時にも使えるのが大きい。一番使いにくかったのはサヴィナかな…装備武器が火と水ってのがネック。同ターンにどっちかしか使えないや…リュードも光と闇の反発属性でしたが、まあ光が弱点の敵も多かったしね。
2を先にプレイしてたので1はいろいろと切なかったよ…! レイちゃんがイケメンさんになった!とかギバリがおっさんになった(!)けどパーティに入ってくれる!とかは楽しかったのですが、あのキャラの末路とかこのキャラはあのキャラの子供なんだよね…とか邪神とかあの村とかいろいろ考えるとせつねーよ…!

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海
(2003/12/05)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る

いやーよかった、面白かった。
バテン1も2もそうだけど、例えばクロノクロスとかFF7とか、いい意味で物語に裏切られたような展開になるゲームがとても好きです。ドラクエなんかは王道!って感じなんだけども(それはそれで安心感ありますが)。
バイオショックという洋ゲーが、いい感じに裏切られ展開らしいのでそのうちやってみたいなーと思います。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP