2013

01.02

明けました

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします


親の実家に帰って従妹の旦那と交流してきました
うちに遊びにおいでーという話をしてたので
そのうち夫婦そろって泊りに来てくれるかもしれません

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

01.03

らくがき

↓クリック拡大

何年か前に描いたラフを再利用して描いてみた

らくがき:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

01.06

大河ドラマ

大河始まりましたね!
いままで大河って見たことないんですが、タイミングが合って一話見ましたのでしばらく見てみようと思います。
勝気な女の子主人公って見てて楽しいですね~ 子役がすごい芸達者だったのでかわいくて面白かった。あとお兄様イケメン。来週からは成長後?みたいなので子役が見られなくなるのが残念です。
なんかキャストが豪華でびっくりしました。大河ってこんなもんなんでしょうか。
映像とか音楽も良いし、わくわく感ありますね~
歴史物には欠かせない人の生き死にの描写というのが苦手なんですが、頑張って見てみます。

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

01.20

本棚

先日購入した本棚を、今日配達してもらいました
クローゼットを圧迫していたダンボール6箱が片付いた!
まあ、残りの半分があるんですけど

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

01.22

読んだ本

最近は手持ちの本の整理をしてるのもあって
再読してるのが多いので新しい本をあまり読んでいない


「真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生」大沼紀子
パン屋さん第三巻です。今回かなり面白かった! 二巻のときは続編って感じでしたが、今回でしっかりシリーズ化したって感じがします。
今後ともレギュラーになっていく(はずの)転校生が今回登場します。焼きもちやく弘基に萌えました。暮林&弘基が過保護お父さんすぎる。それに対してハア?って感じの希実ちゃんがかわええ。希実ちゃん自身の謎にも迫っていくのがまた面白かった。
真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/12/05)
大沼 紀子

商品詳細を見る


「オーダーメイド殺人クラブ」辻村深月
いわゆる中二病の女子中学生の物語。中学生らしい、痛々しい思い込みや思いつきが一人称で書かれていくので、人によって合う合わないがあるかと思います。思春期の女の子たちのどろどろした人間関係が書かれるわけだけど、基本的に辻村さんの主人公って上の下のヒエラルキーに位置してる気がする。仲間はずれとか喧嘩とか見栄とか、「それわかる」の感覚が読んでてあるんだけど、かなり極端というか誇張された書き方がされている。
主人公は、クラスメイトの男子に自分を殺してくれないかと持ちかける。クラスで決して接点があるわけではない二人が隠れて会いながら、センセーショナルな「事件」にするための計画を練っていく、という話。どんどん盛り上がっていくストーリーに対して終盤はあっさり締めたな、という感じですがエピローグがとても良かったと思います。このエピローグのための長い前ふりだったんじゃないかなあという感じ。
大人が見ると笑ってしまうような、でも本人は真剣な、人間関係の中で追い詰められていく少女の描写がメインですが、自分は親との関係に反応してしまった。反抗期の独りよがりの視点から、母親が批難され採点されていく。でも、この母親は愚かだけど良いお母さんじゃないかなあと読みながら思いました。
オーダーメイド殺人クラブオーダーメイド殺人クラブ
(2011/05/26)
辻村 深月

商品詳細を見る


「目薬αで殺菌します」森博嗣
Gシリーズ文庫版の最新刊です。アルファという名前の目薬に劇薬が入れられているという事件が次々と発生。加部谷が発見した死体が握りしめていたのも、同じ目薬アルファだった。
森作品のキャラでは加部谷ちゃんが一番好きなんですが、今作は加部谷ちゃんと海月くんの関係に焦点を当てているところが面白かったです! 海月くんはあまりに異質というか違うところにいる青年なので、加部谷→海月はそのうち加部谷&山吹にスライドしていくんだと思ってました。明らかに山吹先輩の方が相性が良さそうだし。
今後どうなるんでしょうね。海月くんが謎すぎるのでもっと踏み込んだ話が読みたい。
目薬αで殺菌します DISINFECTANT α FOR THE EYES (講談社文庫)目薬αで殺菌します DISINFECTANT α FOR THE EYES (講談社文庫)
(2012/12/14)
森 博嗣

商品詳細を見る


以下ラノベ
「天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記 1~2」宇野朴人
怠け者系主人公と聞いて、自分の好きな昼行灯系(封神の太公望とかタイラー的な)かなと思って読んでみました。いわゆる士官学校生が卒業して軍に配属されて戦争に参加していくようになる、な話。確かにのらりくらりな主人公ですが、途中から前に出てきて無双し始めるのと演説タイプなキャラなので、印象が変わってきてしまうところはあります。とはいえ、一巻ラストで今後の意外な方向性が決定づけられるのと、基本的に頭脳戦なので先が読めなくて面白いです。
一巻はわりとキャラ小説的な一面がありますが、二巻からはぐっと戦記物っぽい雰囲気になってきて容赦のないシリアス展開もどんどん入ってきます。二巻ラストでまたものすごく局面が変わるので、惜しみなく展開を盛り込んできてる作品だなあと思います。おすすめ!
天鏡のアルデラミン―ねじ巻き精霊戦記 (電撃文庫 う 4-4)天鏡のアルデラミン―ねじ巻き精霊戦記 (電撃文庫 う 4-4)
(2012/06/08)
宇野 朴人

商品詳細を見る


以下まんが
「俺様ティーチャー 15」椿いづみ
うおおお表紙がかわいいい。こんなに少女漫画な表紙だったことがいままであっただろうか、いやない(反語)。今回は修学旅行編とアッキー&小鞠編です。忍者がまたかわいくなっとる! ところで忍と一緒に居る男子は、二組だからやっぱりアリスちゃんなのだろうか…!(そわそわ)
アッキーにはそんなに入れ込んでなかったのですが、今回でかなり好きになりました。きょんきょん先輩呼びも萌える(笑)。生徒会の刺客、小鞠ちゃんが可愛すぎる。無口な不思議ちゃんキャラかと思ったら、中身が意外性ありすぎて超萌えました。番長との絡みもちょっと萌えた。
椿さんの書く女の子は強気キャラが多いけど、どの子もたいそう好みです。っていうかみんな男前だよね…(笑)
俺様ティーチャー 15 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 15 (花とゆめCOMICS)
(2012/12/20)
椿いづみ

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2013

01.24

ガンバ

冒険者たちを再読しているところなのですが、ちょうどGyaOでガンバの冒険の配信を知りました。
どうやら配信が始まったばかりみたいなので、一話から見れます!
小学生ぐらいの頃に再放送で見てたのですが、OPとキャラと断片的な映像ぐらいしか覚えていないので、今回ちょうど見られて嬉しいです。(原作と比べてキャラが半減してたりけっこうアニメオリジナルとかがある)
こんなにシンプルなデザインなのに、キャラごとの特徴がよく出ていて良いキャラデザですね。映像もけっこう綺麗で(劣化を感じさせない)良い感じです。画面作りや演出にセンスがあって、さすが語り継がれるアニメは違う…背景担当が男鹿さんとは知らなかったので嬉しい驚きです(ジブリで数々の名作の背景をやってるスゴイ人)。
キャラデザも可愛いし、テンポ良くてさくさく見れますね。ボーボが可愛すぎて涙出た。
ノロイはアニメ史上一番恐ろしい敵キャラだと思います。敵とか言うより捕食者だもんな。絶望的すぎる。

アニメとかドラマ:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP