2012/01/06

らじお

デッキが壊れてコンポに買い換えてから、アンテナの調整をしにくくなったのでラジオをほぼ聞いていません。
…でしたが、つい最近、ネットでラジオを聞くようになりました。番組情報とか曲名情報とか見れるので便利!
聞いてるのは定番でFM802です。最初にラジオ聞き始めたとき、一番アンテナの調整がしやすいからとかそんな理由で聞いてた気がしますが、それが当たり前になると別のチャンネルに替えられなくて…

気になる番組があればチャンネル替えることもありますが、最近は全然チェックしてないかなあ。
昔は青春アドベンチャーとかも聞いてました。封神演義とかバッテリーとか聞いたかなあ。
あとは中島みゆきのお時間はいしゃくー!とかラジオコンパイルとか。懐かしい…

ラジオは新曲が発売前に聞けるからいいですよねー
レミオロメンのモラトリアムのときは琴線に触れすぎて、ラジオを録音したものを何度も聞きながら発売日を指折り数えていたものです。
未分類 | Comments(0)
2012/01/08

気になる

最近、Galileo Galileiが気になってます。
デビューアルバム(ミニアルバム)のときに買ったんだけど(レミオロメン好きにおすすめと聞いて)、そのときはあんまりぴんとこなかった。…んですが、最近ラジオで聞いた老人と海、明日へが気になる!
今月出るアルバム買おうかなあ。
それからschool food punishmentも気になってます。アルバムに手を出すかシングルからにするか。
未分類 | Comments(0)
2012/01/09

実はあんまり見てない

持ってるアニメDVDですが、実は半分ぐらいしか見てません。
テレビ放映見てから買ってたり、むかし再放送で何度も見たようなのを買ってるので、内容知ってるからまた今度見ようってなったりとか。
むかし見てたのは、最初の方だけ再生してうおー懐かしーって雰囲気堪能して残りは後回しにしちゃったりとか。
なんか、いつでも見れるよ!手元にあるよ!って思ってるのが好きなのかも。

ゲームも、むかし友人に借りて面白かったものをあとから買ったりもしてるんですが、プレイしてるかと言えば…
これ気になってた!ってのが中古で売ってたら忘れないうちにと思って買っちゃうんですが、プレイはそんなにしてなかったりするので、コレクションするのが好きなのかもです。というか、とりあえず自分の物になった、ということで満足してしまうのかな。だから未プレイ・未開封状態で人に貸してしまったりもよくある。
未分類 | Comments(0)
2012/01/11

ゼルダの伝説 時のオカリナ プレイ感想

時オカ(3D)クリアしましたー!
やめどきがわからなくて(というかセーブして再起動したらダンジョンの入口に戻されてしまうので)最近はこればっかりやってました。
評価が高いだけあって面白かったです!
いままでやったことのあるゼルダはふしぎのぼうしと夢幻の砂時計だったので、シリアス系のゼルダをプレイするのは初めてだったのですが、絶賛される理由がわかった気がします。

・ストーリー
前半はあちらこちらを冒険する子供時代を過ごしますが、リンクが時の勇者として覚醒したあとは子供時代と七年後の世界を行き来することになります。
クーデターを起こし魔王となったガノンドロフを倒すために、ゼルダ姫に託されたオカリナを使いながら各地の賢者を目覚めさせていくことになります。ゼルダ姫が魅力的すぎる…!
単に善と悪だけのわかりやすい子供向けのものではなく、ちょっとした深みや苦みがあるような世界観でした。七年後に訪れた故郷の村とか、森で会った大工の息子とか、なんともいえず切ない。それがメインストーリーに関係なくて、寄り道したときにちょっと触れる世界なのがいいなあと思った。
オカリナがとにかく活躍しまくりで、時のオカリナというタイトルそのままに駆使しまくりです。

・グラフィックとか
64版の移植ということですが、立体化がめちゃめちゃスムーズにされてるなあ!と思います。
3DSで触れた初ソフトなので他のゲームがどうなのかは知らないのですが、ガラスの向こうに箱庭があるかのようにとてもリアルに見えて良かったです。目が疲れちゃうので3Dボリュームは3分の1ぐらいにしかしてませんでしたが、イベント時とか最大にして見るとけっこう感動。
キャラデザがちょっと古めなのと表情があんまりはっきり動かないのはちょこっと物足りないですが、移植なのでそんなものかなと思ってあんまり気にならなかったです。(夢幻の砂時計は面白いぐらい表情が変わったので)
あと音楽が良かったなー 3DSの音質がすごく綺麗で(サラウンド!)、敵が近づいてくる音とか面白い。あと音楽がシームレスで、敵がいるときの音楽に変化したりするのが新鮮でとても面白かったです。

・プレイ感やらシステムやら
見下ろし型アクションなんかは苦手なんですが、このゲームは比較的昨今のアクションRPGにプレイ感が似ているのでプレイしやすかったです。天井とか周りをチェックするときはリンク視点に切り替えて、なんてのがまた3D感があって楽しめます。
アイテム使用の際にタッチパネルも使いますが、親指でささっと押せる範囲にしか設定されていないので、完全にボタンプレイでいけます(タッチペン不要)。その辺お手軽で、下画面に地図も表示されるので、移植前よりスムーズにプレイできるんではないかなと思ってます。
ストーリーはごくシンプルなため、基本は謎解き→ダンジョンクリアの繰り返しなので、ちょっと飽きてくるというか(ところどころにストーリーの緩急を挟むという構成ではないため)疲れてしまう人もいるかもしれません。
その分、ダンジョンごとに謎解きに必要なメインアイテムが違うので、その辺新鮮で楽しめるのではないかなと思います。アイテムもどんどん増えてくるので混乱してしまうのではという感じがありますが、基本的にそういう心配はないです。子供時代と大人時代で使用可能なアイテムが違ったり、ダンジョン内では使用アイテムがわりと直感的にわかるようになってたりします。
金のクモを集めるというやり込み要素があるので、新アイテムを手に入れたら前のダンジョンに戻って使ってみたり、とかやってるとわりと時間使ってしまうと思います。釣りとか的当てとかミニゲームもいろいろ。やらなくてもいいですが、空きビンは手に入れておいた方がいいです。
ところどころ時間制限有なところがあって若干パニックになったりもしましたが、タイムオーバーには一度もならなかったので、落ち着いてやれば大丈夫な難易度です。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
(2011/06/16)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


面白かったです。
実はマイWiiを手に入れる前に既にトワプリと風タクを持っていたりしたのですが(家族用のWiiでやろうと思ってて)、そっちもそのうちー!

次はとりあえず世界樹やろうかな。
ACT | Comments(0)
2012/01/12

文更新

文/現代/短編
「tumble」更新。

書けたら更新!…といいつつ書けなかったのでファンタジーじゃないです。
現代物はぱっと思いついたらそのネタだけで書けるから楽だなあ。現代だと「高校生」の一言で状況説明ができるのにファンタジーはできないので。
我ながら幼なじみネタ書きすぎだな…と思います。去年から書きかけてるネタも幼なじみものなんですが。(そっちも上手く完成したら更新したいけど書けるかなあ…)
とりあえず次もファンタジー更新目指して書きます。


そういえば、最初の方は更新も執筆もwindowsのメモ帳1本でやってました。
2年ぐらい前から、ページ作成はCrescent Eveで管理するようになりました。TeraPadとかも試したんですがいまいち合わなくて。Crescent Eveはシンプルでメモ帳から移行するのに違和感無くて良かったです。
書く方はつい最近VerticalEditorを入れました!
400字詰め縦書き原稿用紙スタイルで書けるので気分が大変盛り上がります。いままでどおりtxtファイルで保存できるし、もうちょっとカスタマイズしたかったらツリー形式とかも出来るので便利。
更新 | Comments(0)
2012/01/15

文更新

文/現代/短編
tumble番外、「渡り廊下にて」更新。

とりあえず番外。
去年は更新少なかったので、今年はもうちょっとできればいいなと思います。
更新 | Comments(0)
2012/01/18

文更新

文/現代/短編
tumble続編、「cycle」更新。

また予定と違うのを更新してしまった。
いつも冒頭から最後まで順番に書く、というやり方をしているのですが、今回書けるシーンから書いていったらとても簡素になりました。
番外編も更新すると思います。


なんかわりと書いてる要素が同じなので、気まずい幼なじみシリーズみたいに共通項の作品をシリーズ化しようかな~と思ったのですが、今後書こうとする作品によってはカテゴリ分けそのものがネタバレになりかねないのでやめました…
更新 | Comments(0)
2012/01/20

文更新

文/現代/短編
tumble続編cycleの番外、「問い詰める」更新。

降ってきたように思いついたのはぱぱっと書けるのに、設定やらストーリーやらちゃんと練ってるのは思うように書けない不思議。
更新 | Comments(0)
2012/01/20

世界樹の迷宮 プレイ感想

世界樹の迷宮3 プレイ感想

世界樹プレイしました!
3DS買う前にちょっと進めてたので、再開してクリアー

・ストーリー
エトリアの街付近で発見された樹海の迷宮。次々冒険者がやってきて発展したエトリアの街に、主人公も訪れて迷宮の探索と謎に挑むことになる。
ダンジョン型RPG。ウィザードリィ系というのに分類されるようです。
終盤の展開が面白かったー 第5階層の存在そのものがネタバレになるので攻略見るときは注意。

・パーティメイク
最初にメンバーの職業を選んでパーティを作ります(無個性キャラ)。5人パーティですがバランス良く組まないと苦労することになります。ただしあとから新規追加や解雇可能。
パラディンの盾が重宝するのでおすすめ。バードやカースメーカーの補助系キャラを入れておくとボス戦で役立つようですが、私は入れずにごり押しパーティで… アルケミストの炎魔法&ソードマンのチェイスファイアの組み合わせがお役立ち過ぎて、ボス戦のごり押しで大活躍しました。

・グラフィックとか戦闘とか
ダンジョンはCGですが、キャライラストやコマンド画面なんかは基本的にドットです。敵キャラのグラフィックがすごい滑らかできれい! キャラは1枚イラストオンリーでボイスもないので脳内補完推奨。(でもその1枚イラストがすごく可愛くて好きです)
戦闘はAボタンでスピードアップ。動作は軽いのでテンポよくいけます(変なエフェクトとかほとんどないので)。ゲーム後半は状態異常が多いので回復スキルは必須。序盤にもある毒はHPごりごり減るのでけっこう怖いです。
基本的にランダムエンカウントですが、エリアボスの他に中ボス(小ボス?)みたいなのがいて、それはシンボルエンカウント。規則的なルートを動いているので避けることもできます。最初は頑張って倒してたのに、まさか復活するなんて涙目…!
階すべてのシンボル敵を倒さないと駄目なエリアボスもいます。鬼畜。
採取や敵から手に入るアイテムは武器屋に売れば売るほど新装備が出るので、行ったり来たりのちまちまプレイだとよりいい装備が入荷されたりします。それがまた楽しかったり。
あと中断セーブがないので注意。階層の最初の階or宿屋でしかセーブできません。

・プレイ感
ところどころミッションを挟むぐらいで、メインはひたすらダンジョンに潜ってまた街へ。その繰り返しです。やり込み系というかコツコツプレイ系。ダンジョンの地図は自分でちまちま作ります。面倒…な気もするけど楽しいとも言える。
兄から死にゲーだと散々脅かされましたが、結局5回ぐらいしか全滅しなかった~ 死ぬと経験値もアイテムもなにもかもリセットされてセーブ時点に戻されてしまいます(地図だけセーブできる)。どんどん先に進むプレイタイプの人だとすんごい苦労すると思います…(やりがいありますが) 私はチキンプレイなのでちまちま進めて戻って潜って戻って潜って…の繰り返しでした。序盤は夜になったら即行街に戻って宿屋へとか。
5階ごとにエリアボスがいて次の階層に進みます。死にゲーだけど第2階層まで行ける要領があれば大丈夫かな。
手ごたえのあるゲームをやりたい人にはいいと思います。可愛い絵柄で中身はがっつり硬派。
セブンスドラゴンを楽しめた人にはおすすめしたい。(キャラのスキル振り分けの感じなんかが似てるので、パーティバランス考えやすいと思います)

クリア後もプレイできますが、最深部までやり込むつもりはないので、クエストちょこっとやったら終わりにしようかなーと思います。けっこう面白かった! 3も借りてるのでやるか…

世界樹の迷宮(特典無し)世界樹の迷宮(特典無し)
(2007/01/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


余談
3DSのプレイ感ですが、解像度が高いためDSゲームでは画面が拡大されてしまうので、ドット絵だとにじんだような絵になってしまいます。セレクト押しながらゲーム起動させると縮小画面で出来るので綺麗に見えます。
あと音質がすごく良い!
RPG | Comments(0)
2012/01/22

続気になる

ラジオがとんでもない罠でござる。
先日も書いたGalileo Galileiですが、ラジオで何度も流れる老人と海に完全にはまってしまいました。さよならフロンティアも良かった。もうぜったいアルバム買う…! 声質でいうとレミオロメンよりもサカナクション寄りかなー
チェックしてない曲も耳に入ってくるので、来月発売するボニーピンクの新曲も欲しくなってしまった。すごく良い曲!
ホフディランのニューアルバム情報もゲットだ! あとレミオロメン藤巻さんのソロシングル。
未分類 | Comments(0)