2011

12.02

読んだ本

「はやく名探偵になりたい」東川篤哉
やっぱり東川さんは烏賊川市シリーズですよ!
とはいえ今作は探偵と助手以外のレギュラー陣が出てきません。シリーズファンにとっては評価が分かれるかもしれないけど、探偵&助手の掛け合いは相変わらずで面白かったです。シリーズで短編集なのは初かな? 表紙絵がなかなか良くて、一話ごとにキャラを確認してみると面白いです。
やっぱり短編だと薄味になっちゃうので、東川さんの本領発揮は長編だと思うのですが、個人的に鯉ヶ窪は短編の方が面白く読めたなあ。そこは好みかなーと思いますが。
はやく名探偵になりたいはやく名探偵になりたい
(2011/09/17)
東川 篤哉

商品詳細を見る


「ロードムービー」辻村深月
やはり思春期のひりひりした感情を書くのが上手い… 児童書系のそういうのは苦手なこともあるのですが、それとは違った方向で好きです。
本作は「冷たい校舎の時は止まる」の一部のキャラのその後&過去を書いた中編集です。これは絶対に冷たい~を読んでから読んだ方がいいです。メインストーリー自体は関連がないので面白く読めますが、ちょこちょこ冷たい~のキャラや出来事を匂わせる描写が出てくるので、未読だとたぶん気になってしまうと思う。
表題作「ロードムービー」はなんかキュンとした…! というかこの話のその後が読みたい。
冷たい~とまったく関わらない「トーキョー語り」がこの中で一番好きかも。微妙な関係の女の子たちと素直すぎてちょっと馬鹿にされる主人公。すごく危うい人間関係のバランスに感情移入してしまう。
「雪の降る道」は例の二人ってお互いにこんなに思い入れ強くて依存してんだな、って絆を見つつ危うさを感じつつ。小学生キャラの、感情表現に偏った作品てちょっと苦手なんですが、こういうの好きな人はすごく好きだろうなという感じ。
読んでたらまた冷たい~読み返したくなった!
ロードムービー (講談社文庫)ロードムービー (講談社文庫)
(2011/09/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


以下児童書
「RDG 5」荻原規子
学園祭編。今回はかなり要の巻で、泉水子が覚醒して真実を知ってしまう展開。
地味にもてもての泉水子が可愛いです。ラストがものすごくいいところで終わってるので次が楽しみ。
ところで毎回、相楽パパが出てくるところでニヤニヤしてしまいます。すごい楽しみにしてるのでバラシ展開をぜひー!
RDG5  レッドデータガール  学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2011/10/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


以下ラノベ
「四界物語2 異玉の騎士」黒川裕子
「四界物語3 大陸の王」同上
一巻を読んだ時は、全三巻なら最後まで読んでもいいかなーぐらいの関心しかなかったのですが、読み終えてみると面白かった…!
ラノベでは珍しい(?)骨太のハードファンタジーです。これを三巻で収めてしまう手腕に恐れ入った。
一巻ではあまり感じなかったのですが、二巻三巻を読むと、これW主人公だなーと思います。世界を変える鍵を持っているのは主人公の騎士なのですが、世界に対して立つのは相棒の皇子かなって感じ。
必要な描写は書いて、必要でない描写は一切書いていない。キャラについても書きすぎていない分、行間からすごくドラマがにじみでてくるというか。お涙ちょうだいの話じゃないのに、何度も目頭が熱くなってしまいました。すげー可愛くないキャラなのに、皇子ぃいいい!と思ってしまったり、主人公が皇子を護る見せ場シーンで泣いちゃったり。竜の女王への思いとか泣かす…!
それなのにメインの二人だけじゃなくて、周りのキャラもきっちり書いてる。
ただ、キャラ小説って感じとは違うので、キャラの掛けあいやテンポ重視の人の好みとは違うかも。海外ファンタジー好きな人は好きなんじゃないかなーと思います。
大陸の王―四界物語〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)大陸の王―四界物語〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2011/03)
黒川 裕子

商品詳細を見る


「華国神記 妖夢に惑いし者」九条菜月
二巻です。主人公春蘭がやっと職を得たと思ったら、家主の仲望が行方不明になって探しに行く展開。
主人公もてもて…なんですが、ぜんぜんハーレムっぽくない。なぜならみんな主人公に異性としての興味はないから…
でも可愛がってるよ!ってさじ加減が好きです。
華国神記 - 妖霧に惑いし者 (C・NOVELSファンタジア)華国神記 - 妖霧に惑いし者 (C・NOVELSファンタジア)
(2011/10/22)
九条 菜月

商品詳細を見る


「山がわたしを呼んでいる!」浅葉なつ
評判いいっぽいので読んでみました。
山での素敵な生活を夢見た主人公がたどりついたアルバイト先の山小屋は、期待外れのオンボロでバイト環境も汚く過酷だった。ストーリー設定や表紙絵を見て、もっとラノベラノベした作品なのかなーと思っていましたが、いい意味で期待を裏切られました。会話文は軽い方ですが、文章自体はけっこうかっちりしてます。
喧嘩っ早くてすぐ文句が出る、苦手なタイプの女主人公でしたが、このキャラはけっこう良かったです。最初に出来る限り我慢したり、あとから反省したりできるタイプだったのでわりと好意的に見れました。
最初は反発しまくってる相手とだんだん認めあえる関係になる、っていうのは好きな設定です! 仲悪くて優秀な同年代の相手、味方してくれる同年代、諭してくれるけど適当な大人、っていうありがちだけど効果的な布陣。
テンポ良く読めて面白かったし、ラストも余韻があって良かったです。
山がわたしを呼んでいる! (メディアワークス文庫 あ 5-2)山がわたしを呼んでいる! (メディアワークス文庫 あ 5-2)
(2011/08/25)
浅葉 なつ

商品詳細を見る


「ダン・サリエルと真夜中のカルテット」あざの耕平
シリーズ三巻目。一応これで区切り、ってことらしいけど面白かったのに残念。
今回はスランプとゆー恐ろしい題材です。音楽に限らず、絵とか文章とかにも通じるので、ぐっさーときました…
主人公は嫌な奴なんだけど魅力的なキャラです。ものすごくプライドが高いんだけど、上には上がいることを知ってて苦悩してる姿がいい。
っつーかモモちゃんが天使すぎる。
神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット (GA文庫)
(2010/07/15)
あざの 耕平

商品詳細を見る


「カラクリ荘の異人たち」(全4巻)霜島ケイ
すんごい好みだった…! キュンとしました…!
主人公の下宿先は妖怪のいる町で、あちらとこちらの世界が混じり合うところで主人公は新生活を始めることになってしまう。こういう、日常的な現代ファンタジーって好きなので読めて嬉しかったです。(バトル系の現代ファンタジーも好きだけれども)
ラノベというより、児童書っぽい作風かな?と思います。季節感とか背景描写も良かったです。
心の動きが小さくて無感動な主人公のトラウマを、四冊かけてじっくり書いているのがすごく良かった。丁寧に書いてるので、主人公幸せになれ!って言いたくて、小さなところでほろっときます。周りの大人たちもみんな素敵なキャラしてていいです。
妖怪退治系のキャラが出てきたりもするんですが、なんでもアリじゃなくて、アリの部分とアリじゃない部分をきっちり書いてるので、薄っぺらさを感じることがなくて良かった。
カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~ (GA文庫 し 3-1)カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~ (GA文庫 し 3-1)
(2007/07/12)
霜島 ケイ

商品詳細を見る


以下まんが
「俺様ティーチャー 12」椿いづみ
今回はあんまり話進んでる感がなかったなーと思います。でもあやべんと新キャラアッキーかわゆす!
ところで女の子キャラ増やそうぜ…! 可愛いけど男キャラばっかりです…
鷹臣くんの出番がめっきり減ってるのでやきもきしてますが、「浮気者め」で腹いっぱい萌えました…!
ガンガンの方の四コマもすんげー好きなんですけど、あっちはコミックスまで時間かかりそうですね。
俺様ティーチャー 12 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 12 (花とゆめCOMICS)
(2011/11/18)
椿いづみ

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(3) 

    2011

12.08

WA

先日プレイしたリゾードは曲がなるけみちこさん&麻生かほ里さんでしたが、ノーラと刻の工房もこのタッグなんですよね!
ノーラは音楽がめちゃめちゃ良かったのでサントラ欲しいです。
ところでこのお二人といえばやはりワイルドアームズ。
WA面白いですよねー 西部劇にSF混ぜるって独特でいい。

WA1→シンプルで素朴でバランスとれてていい。セリフしゃべらない無個性主人公ですが、けなげさを感じて切なくなる。感情移入できるいいキャラだった。主人公以外の二人にもすごくドラマがあって好きだな(裏オープニングとか!)。F(リメイク)はやってないです。パーティはシンプルな方が好き。
WA2→ある意味異色。熱血特撮イロモノだけあって、コアなファンが多い印象。ものすごくギャグなんですが、その分主人公の宿命は泣けてくるほどシビアでシリアス。仲間キャラがいろいろ居てキャラ物っぽい印象があったせいか、プレイ当時はそこまで好きでもなかったんですよね。(リルカは好きだった!あとアニメーション好きだったなー) でも最近になって無性に再プレイしたくなってきた。買ってくるかな。
WA3→グラフィックが良くて好きだったな。女1男3パーティの癖にびっくりするほどフラグが立たない…!(笑) RPGでは珍しい(?)単独女主人公でしたがけっこう好きなキャラでした。地味っぽいですがシリーズの中でも西部っぽい雰囲気はしっかり出ていて、まとまりは良かったと思います。ボスが唐突っぽい印象があったような気が… たびたび出てくる敵キャラが印象強かったです。こっちもまたプレイしたいな。
WA4→シリーズの中では評判が悪く、いろいろと足りてない感じはありましたが好きなところもいっぱいありました。シリーズで一番泣けた。未成年パーティなので頑張る子供が泣かす。人死にも多くて泣かす… グラフィックデザインも一番好きかも。(その分立ち絵がとても残念な感じでしたが…) 4から採用された戦闘システムがめちゃくちゃ楽しくて戦略性もあって、音楽もすごく良かったです。プレイ時間はすごく短い。さくっと。
WA5→WAシリーズとして見ると雰囲気があまり合わないようなところもありましたが、単独の作品として評価すると良く出来ていたと思います。主人公の熱血でなんでもごり押ししちゃう流れはちょっとどうかなと思いましたが、キャラ自体はどれも良かったと思います。第2ヒロインのアヴリルが良いキャラ!敵キャラもなかなか良かった。こっちも戦闘が楽しくて、キャラグラフィックがすごく綺麗で可愛いモデルだし、協力攻撃が好きだった。戦闘メンバーくるくる替えられるのもいい。ただ単独戦闘イベントがつらかったり、クリアまで長いのであんまり周回する気はないかも…
WAXF→ものすごく序盤で死にゲーですよ。すごく難易度の高いシミュレーションRPGなので、もうちょっとシミュレーションのプレイスキルが上がってからやろうと思って封印してます…



碧の軌跡とDOD2(←2からプレイ)は無事にゲットしました~
同時に進めてるゲームがけっこうあるので(単に飽き性なだけとも言う)、どれが次にクリアできそうなゲームかわかりませんー

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

12.12

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣 プレイ感想

FEの新暗黒竜やっとプレイしました~
たしか買ったのは出た頃だったと思いますが、序章終わって本編何章かやったところでやめてたんですよね…キャラ死なせるから…(つまりプレイが下手で進まない)
とりあえず再開してちゃんと終章までプレイ。(外伝は行ってない)
総プレイは20時間ぐらいです。新紋章の方も真エンドのために再プレイせねば…

・ストーリー
国を追われた王子マルスが各地で仲間を集め、国を取り戻し、神剣を手に入れて悪の支配者暗黒竜を倒すまでの物語です。いわずもがなシミュレーションRPG。
各地を移動する間にちょこっとテキストが入るぐらいなので、全体的なストーリーの流れがあまり頭に入らず、淡々と進んでいった印象です。(つまらないという意味ではなく、戦闘パートメインという印象が強く出た感じ)
新紋章と出てくるキャラが一緒なので、あれ、この章初めてだよね?と謎のデジャブ感…

・イメージやシステム等
前提1:続編の新紋章を先にクリア。
前提2:移植前の作品は未プレイ。
移植前からのファンにとっての不満は大きく分けて二種類あるようです。イラストがファンの期待していた方向とは大きくかけ離れていたこと、追加シナリオの外伝へ進められる条件がキャラの死亡であること、です。
ただ、キャラクターやストーリー、攻略に対してマイナス点というわけではないので、ゲームの面白さ自体は損なっていないと思いますし、今作初プレイという方にもおすすめできるのではないでしょうか。
また、移植前にはなかった兵種変更というシステムもあまり受け入れられていないようですが、これは気に入らなければ使わない(無視できる)のでいいかなと思います。個人的になくてもいいなとは思いましたが、結局三人だけ替えてしまいました…(連れて行きたい兵種に気に入るキャラがいなかったので)
FEで特徴的なのが会話システム。戦闘中に特定のキャラを隣接させることで会話することができます。あまり種類がないのと面倒なのである程度しか聞いていませんが、これによりストーリー上ではあまり見られないキャラ同士の関わりを見ることができます。敵キャラの中には特定のキャラで話しかけると仲間になるキャラがいます。一周クリアするといままで見た会話を記録・再生できるイベント回想モードが使えますので、ファンには嬉しいと思います。
また、新紋章にもありますが、特定の敵の行動範囲(複数可)をマークすることができるので一つ一つ確かめなくて済むのがとてもありがたいです。戦闘パート時に二回だけですがセーブできるのもありがたいです。(中断セーブとは違って消えてしまわないセーブ)

・プレイ感
カジュアルモード(死者復活)が使える新紋章が初心者向けだと思いますが、体感難易度は本作の方が易しかったような気がしますので、新暗黒竜もFE初心者におすすめです。(ノーマルモードでプレイしました)
秘密の店未訪問、闘技場ほぼ未活用、ですがそれなりにプレイできました。ひととおりプレイしてとりあえずシミュレーションプレイスキルをいくらか身に付けたような気がします(笑)。結局死亡者一人だしてしまいましたが、後半はリセットしまくってそれ以上は阻止。(というか後半はお気に入りキャラの中から厳選してるので死なせられない!)
お店ではいろいろ買いあさりましたが、結局大量に余ってしまっただけだったわ…

・使用キャラ
マルス様はさすがにお強くていらっしゃる…! シミュレーションで一人のキャラだけ集中して育てるのは良くないと思っているのですが、ドーピングアイテムはほぼすべてマルス様に費やしました。レイピアもじゃんじゃん買い与えて返り討ちにしまくりです。敵をおびきよせて一本釣りの際は必ずマルス様がおとりに。ラスボスで初っ端から必殺が発動して、まみえた瞬間に一撃でボスを葬り去ったときには何が起こったかと思いました(笑)。
カインとアベルは強いし移動力もあるので重宝しました。オグマさんとバーツさんも大変使えます。ナバール様も強くて美形で好きなのですが打たれ弱いよね…育つまでハラハラする。飛行キャラは打たれ弱くて結局お買いもの要因に…シーダ様とか毎回出してましたが敵に狙われないように隔離してました。そのわりに仲間キャライベントは多いのですが、さながら教祖様のようですよシーダ様…

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
(2008/08/07)
Nintendo DS

商品詳細を見る


全体的にストーリーやキャラ描写が薄いので、戦略を楽しめる人、お気に入りキャラを見つけて思い入れできる・育てるの楽しみな人向けかな、と思います。

※追記
新紋章は章の合間にキャラ同士のやり取りが見れるのがあって、けっこういろんなキャラを掘り下げてるので、キャラ重視の人は新紋章の方が楽しめると思います。

SRPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

12.13

CD

ノーラと刻の工房 サントラ
ニンテンドーDSソフト「ノーラと刻の工房 霧の森の魔女」オリジナル・サウンドトラックニンテンドーDSソフト「ノーラと刻の工房 霧の森の魔女」オリジナル・サウンドトラック
(2011/10/26)
なるけみちこ

商品詳細を見る

我慢できずに買ってしまいました。めちゃめちゃ良かったです!
OPのフルが聴けただけで充分元はとれた。
ゲームのモチーフがフィンランドなだけあって、北欧っぽい楽曲がいい感じです。DS機で聞いているのとはやっぱり音の響きが全然違ってて、気付かなかったような音が入ってたり低音が良く聞こえたり、ゲーム中はフィールド曲をなかなかフルで聞かないので、買って良かったとすごく満足しました。
曲自体はどれもいいフレーズに加えて、メロディーが主張しすぎていないので、何度聞いてもまったく飽きません。ゲーム中一番(フルで)聞いたのは戦闘曲ですがやっぱり全然飽きない。アウトフィールドの曲も大好きです。というか戦闘曲がどれも豪華すぎる…! たった一匹のボスのために(しかも倒さなくてもクリアできるボス)作られた曲が何曲かあって、なかでもタペラヘンキ曲はカッコよすぎてびびる。



HISTORY I
HISTORY I(初回限定盤)(DVD付)HISTORY I(初回限定盤)(DVD付)
(2011/11/30)
Chicago Poodle

商品詳細を見る

ベストです! お得な二枚組。
デビュー後の曲の方が好きなのでインディーズ時代のはそんなに聞き返してないのですが、改めて聞くとやっぱりいいですね。
初めて聞く曲が三曲ありました。ブルームーンは恐らくアルバムに収録されていなかった曲、オーレオは自主制作CDに入ってた曲、太陽は知っているは新曲ですね。新曲がキャッチーでとても良かった!
ライナーノーツが付いてるのも良かったです。

CDとかDVD:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

12.22

風邪

1~2年に一度くらい、どえらく重い風邪をひきます。
今までに一番つらかったのは、水以外のすべての飲み物・食べ物を受け付けず全部吐いてしまう風邪をひいたときでしょうか…
今回は貧血+風邪のミックスだったようで、朝起きて気分悪いな~と思ってたら一瞬意識が飛んでいたらしく、床に頭を打ち付けて目が覚めました。コエー

以前、こういう風邪ひいたことあるんですよ~な話を先輩にしてたら、自分もなったことあるある!と言われ、先輩の場合は数日入院した上点滴をうっていたそうです。
自分の場合はいつも一日寝てたら治るんですが…免疫あるのかないのかどっちなんだ!

未分類:  トラックバック(-)  コメント(2) 

    2011

12.24

読んだ本

「蒼路の旅人」上橋菜穂子
「天と地の守人」(全三巻)同上
積読してましたが、守人シリーズのラスト、一気読みです。新潮文庫版ですが、天と地の方で荻原規子さんと佐藤多佳子さんという私得すぎる対談が入ってて感激した。
旅人の方はチャグムが主人公で守人の方はバルサが主人公ですね。子供だったチャグムが成長して…っていうのがめちゃめちゃいいなーと思います。自分以外にも目が向くようになった大人とまだ理想を捨てきれない子供との狭間で、苦しむチャグムに泣いてしまいます。ヒュウゴさんも何気に良いキャラだった。
なんかこの作品はシリーズ全体通して評価すべき作品だと思います。最初の一冊二冊だとあんまりぴんとこなかったりそんなに好みじゃないなと思ったりする人もいると思いますが、シリーズ全体通したときの流れというかなんか壮大ですさまじい。
上橋さんて大河っぽいというか最後までどーんと書いてしまうイメージがある。その分優しいだけで終わらないというか甘えを断ち切られる感じがする。個人的には荻原さんとか佐藤さんの方が身近な感じがして好きなのですが、上橋さんの壮大さはやっぱりすごいと思います。
天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


「女神のタクト」塩田武士
おすすめいただいた本です。表紙の絵がめちゃ好み、と思ったら雨さんだった。好きだわー
無職になった主人公が、ひょんな縁から仕事をもらって失意の指揮者を引きずり込み、沈没寸前の弱小楽団を軌道に乗せようと奮闘する話。指揮者メインの話かと思ってましたが、最初とラストぐらいで全体的には楽団全体の話かなーという感じ。
主人公・無職の暴力女(三十路)を筆頭にアクの強いキャラ(&関西弁)ばかり…というかなり人を選びそうな感じがします。私もちょっと戸惑いつつ読んでましたが、慣れてくるので後半になるとあまり気にならないかな~と思います。
冒頭のおじいちゃんと出会うエピソードとか展開はなかなか面白かったです。クラシックを舞台にしつつ、中身は複雑さのない人情ものです。勢いで読めるので、ドタバタ系の好きな人におすすめかなーと。
女神のタクト女神のタクト
(2011/10/27)
塩田 武士

商品詳細を見る


以下ラノベ
「烙印の紋章 IX」杉原智則
遅ればせでやっと手に入れました。毎回、ヒロイン成分が少ないよ~と嘆いてたんですが、今回は満を持して登場なだけあって、かなり堪能できます。普段はクールな主人公が、女心わからなさすぎてたじたじおろおろな場面に吹く。
肝心のストーリーもどんどん加速してて面白いです。今回ちょっと悲しい展開もあったけど…
しかしこれだけ濃厚で展開も多く、たくさん読んだ気分にさせられるのにまだ巻数一桁っていうのがスゴイ。
烙印の紋章 9 (電撃文庫 す 3-23)烙印の紋章 9 (電撃文庫 す 3-23)
(2011/09/10)
杉原 智則

商品詳細を見る


「黒猫ギムナジウム」中里友香
実はmarucoさんのイラスト目当てに買いました!
舞台は明治ですが、裏の世界に生きる妖遣いを扱ったファンタジー。主人公の白雪が入学する妖術学校をメインとした話です。
なんかすごく独特、というか不思議な作風の方だなと思いました。言葉の使い方が独特で、ある種まわりくどいとも評価できるので、人を選ぶのかなという気がしますが私は好きです。長野まゆみさんの文体とか上田早夕里さんの作風とかが好きな人ははまるかも。意外と生生しい描写もあるのですが、文体が奇麗なのでわりと気にならず読めます。
先生×那智、猫目坊×白雪にすんごい萌えました…! 提督×リサもあるので何気に歳の差萌えの宝庫なのかも…
途中、あんまり切ない展開があったので、せめてラストはこうなってほしい、と思ってたらまったくその通りになって、嬉しい半面せつねえええええ!ってなりました。ラスト(エピローグ?)があんまりにも綺麗で美しくて、「息ができない」ような感じがものすごく伝わってきました。
キャラが好きなので続編あったら読みたいと思いつつ、すべてが過ぎ去ったこの物語のあとの話なら切なくて読めないとも思う。読んでる途中で題名の意味がわかったり、ラストまで読んでから表紙の桜吹雪を見るとすごく感慨深かったり。
黒猫ギムナジウム (講談社BOX)黒猫ギムナジウム (講談社BOX)
(2011/12/02)
中里 友香

商品詳細を見る



余談:頭打ったあとのたんこぶがまだ治らない…

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

12.30

DS

なんかこう…年末の雰囲気に流されて、3DS買ってしまいました!
ソフトは迷ったけどとりあえずゼルダで。
手前と奥と中間程度の3Dを想像してましたが、そんなんじゃなくてちゃんとスムーズに立体視になるんですね。面白い。3D具合はお好みで調整できますが、もちろんオフにもできます。
なんか一度3D体験してしまうと、2Dに戻れない気がするわ…!
ちなみに買い換えたのは、使用していたDSが初代で、新しいのは画面も綺麗だし音が違うと聞いたのでそろそろ買い換えたいなーと思っていたからなのでした。

そういえば兄貴はDS壊したらしいです。またかおまえええええ

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP