2011

10.02

文更新

文/FT/中編/神と竜の迷い子番外
「温泉の罠」更新。

湯けむり温泉ネタって一度はやるべきだよね?
…と思ってみた。

更新:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.03

文更新

文/FT/偽りシリーズ/偽りの姫君番外
「将来のお嫁さん」更新。

溺愛設定のわりにあまり書いてないなーと思って小ネタ。

更新:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.05

CD

DocumentaLy
DocumentaLy(初回限定盤A)CD+DVD+豪華ブックレットDocumentaLy(初回限定盤A)CD+DVD+豪華ブックレット
(2011/09/28)
サカナクション

商品詳細を見る

毎回ブックレットのデザインが凝っていて今回も素敵です。
相変わらずのリズム感が気持ちいい。「アンタレスと針」がいいなあと思ったのですが、聞くたびにいいなあと気になる曲が違っていたりして。繰り返しの多いごくシンプルな歌詞なんだけど、その短い中にサカナクションらしさがあっていい。いつもタイトルセンスもいいなあ。
しかし毎回公式サイトの告知が遅いので、知らぬ間に発売してることもあったりする…


musium
musium(初回生産限定盤)(DVD付)musium(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/10/05)
スキマスイッチ

商品詳細を見る

前作は良い意味でひっかかる感じがあんまりなくて聞き流しがちだったんですが、今作はけっこう良いと思います。
「アイスクリームシンドローム」がタイアップ曲だけあってイイ! タイトル通り空にでも溶けそうな耳触りの良さがイイ。「LとR」はピアノが可愛くて良いです。「ソングライアー」は聞きながらミスチルミスチル!と思ってしまった(笑)
Blu-spec CDというブルーレイスペックCDなんですが、バックがオーケストラ風になると特に音質の良さが際立つような気がします。


来月はシカゴプードルのアルバム出ますね。買うわと思ったらベストだった。アルバムぜんぶ持ってる…
でも新曲あるっぽいので買います!


そういえばアニメが面白かったのでうたプリ原作ゲーム買いに行ったら品切れでしたよー
また今度見に行って来ます。

CDとかDVD:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.08

サガ2 プレイ感想

サガ2 秘宝伝説(DS版)クリアしました~!
特にキャラ付けとかもなく、父親を追いながら秘宝を集めていく、というあっさりストーリー。プレイもサブイベントだいたい網羅して26時間ぐらいでした。あっさり。

ストーリーはあってないようなものなので、戦闘システムを楽しんでいくゲームになるのかなと思います。
私はサガ3の方を先にプレイしたので(似ているけどちょっと違う戦闘システム)、正直最初はぴんとこなくてあまり楽しめませんでした。3は戦闘中にリアルタイムにパラメータが上がっていくのですが、2は戦闘終了後に上がります。その上がり方の法則も良くわからず武器も使い捨てだし、と思っていましたが、慣れると結構面白かったです。
キャラは人間・エスパー・メカ・モンスターのうち好きな組み合わせで(全員同じでもOK)4人選びます。ただし固定なのであとから変更はできません。私はメカを入れず、エスパー2人にしました。
戦闘中の行動は同じにせず、ターンごとに変えていけばいろんなパラメータが上がりやすくなります。エスパーは特殊能力のせいで装備枠が少ないので、防御を意識して上げるといいかも(盾使用で上がります)。
モンスターは種族をころころ変えられるのが結構面白かったです。
戦闘の当たり方によっては敵モンスター20匹ぐらい出てくるので、キャラの素早さとか考慮してどう攻撃するか考える楽しみも有り。
曲はタイトル画面のヴァイオリンと敵に囲まれたときの戦闘曲が好きです~

アイテム使用で連携技が使えて、それによってパーティの関係がポジティブになったりネガティブになったりします。
どっちの状態かによってサブイベントが発生しますが、期間限定もいくつかあるので網羅したかったら攻略をチェックしてみるのがいいかも。ちなみに条件によって分岐したりはしないのでサブイベントは全部回収できます。

戦闘システムが楽しめれば面白いゲームだと思います。それ以外は割と淡々としてるのであっさりやりたい人向き。

サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY(ゴッデス オブ デスティニー)サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY(ゴッデス オブ デスティニー)
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


次はうたプリやろう…

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.11

うたプリ プレイ感想其の一

うたのプリンスさまっ Repeat
プレイ中です。アニメ視聴済み。(←なのでキャラに好意的な状態でプレイ始めてます)
とりあえずAクラス終わったのでそこまで感想。

・全体的に
アイドル養成学校恋愛ゲーム。
アニメが真面目にギャグアニメ!って感じだったので、ゲームどんな感じって思ったのですが、わりとがっつり恋愛系でそれなりにシリアス。普通の乙女ゲーの範疇って感じです。ただ基本的に最初から惚れられてるので物足りないかもしれない…
園長は完全にギャグ担当ですが、あとはちょこちょこテンションの高いキャラがいるぐらいで、まあ少女漫画にもこういうコメディあるよねーぐらいです。動きやエフェクトのあるアニメと比べたら、立ち絵+説明で進んでいくのでどうしても大人しい印象になるかなと思います。
あと、乙女ゲーだけあってみなさんとってもポエマー(笑)
アニメから原作に興味持った男性もいると思いますが、きちんと乙女ゲーなので恋愛ゲーム耐性ないと辛いと思います。
歌はゲームのメインだけあって、どれもすごくいいです。あとスチルの春歌が可愛い。

・システム
割とシンプルでコンプも容易だと思われます。乙女ゲーをやり込み慣れている人にとってはちょっと物足りないかもしれません。
最初に誰ルートかを選んで攻略していくシステムになっています(開始時は3人からしか選べず、条件を満たせば攻略対象が増える)。音楽ゲージと恋愛ゲージの達成度によってエンディングが3種類に分かれる仕様になっていますが、フラグを立てないと見られないイベントというのはないです。
それぞれのキャラルートの任意の章をいつでも選んで再プレイ可、章ごとのミニゲームは一度クリアするとスキップ可、というのはすごくありがたいシステムだと思いました。さらにミニゲームはリトライ可です。(あと選択済みの選択肢がわかるのはコンプ時に地味に便利)
クリア後にそれぞれのエンディングの後日談が見れます。さらっとワンエピソード、かと思ったらどれもがっつりボリュームがあって、なかなかお得です。
どれも友情エンドがバラエティ豊かで面白くって好きだなー(友情エンドはライバルとユニットを組んでくれる)

とりあえず一人ずつコンプしていくプレイスタイルでやってます。
一通り終わったらテキスト既読率もフルコンプしたいなーと思ったのですが、もしかしてあれ、ミニゲームパーフェクト取れないとコンプできない…?
攻略3人目からミニゲームの難易度上げました。とっても無理ゲーです。イージーかハードしかないってなぜに…


・音也ルート
たぶん、ほとんどの人が最初に選ぶルート。Aクラスの中では(もしかして全キャラの中でも)一番「恋愛してる」感があるルートだと思います。けっこう早い段階からラブラブになるので、いつ惚れられたんだ…と思っちゃったりしますが。
アニメだとアホの子わんこなイメージでしたが、ゲームではもうちょっと、等身大の男の子っぽいです。
照れ屋だけど照れるときも素直な感じが可愛いかも。恋愛では意外とがっつり押しまくるタイプ。妙に強引なところがあるので、現実にいたらちょっと面倒くさい(…)かもしれない。
園長がかなり出張ってるので、他のルートよりギャグっぽい印象が強いかも。音也ルートはAクラスの仲良しっぷりが見えて良いです。園長を筆頭にズレてるキャラが多いので、意外にもツッコミキャラとして機能している音也。テンポ良くて面白いです。
あとHAYATO様がプロすぎて吹く。
素直にプレイして普通に大恋愛エンドにたどり着けました。それなりに音也ルート堪能したのですが、
ごめんなさい友情エンド後日談で完全に吹っ飛びました
イチコ(笑)どうした公式(笑)宮野さん上手すぎてひどい(笑)
抱腹絶倒すぎてひどい…さらにツッコミキャラの音也がトキヤと組むと華麗なるボケキャラに転身します。

・真斗ルート
なぜ主人公は相手役を様付け呼びなのか(笑)
レンと御曹司対決をやらかしてるので執事組はギャグチックですが、基本はシリアスかな?
生真面目クール天然というジャンル… 歌の歌詞に突然心のダムが出てきたときはどうしようかと思いました。さすがダム様。
こちらも照れキャラですが、音也とは違ってごまかすタイプです。
レンとの確執がよく出てくるので、レン以外の生徒キャラがあんまり出てこないのと、割と予定調和というか大人しめのシナリオなのでちょっと物足りなさはあるかも。
レンがいちいち面倒くさい(笑)んですが、後半になるとけっこう可愛く思えてきます。
友情エンド後日談良かったです! 仲悪いのにツーカーな感じがいい。っていうかレン絶対真斗のこと好きすぎるよね…

・那月ルート
このキャラなんでこんな人気あるの?と思ってましたがプレイすると納得。
アニメとはけっこう印象変わります。テンションの高い不思議ちゃんだと思ってましたが、感性のズレたおっとり系って感じですかね。意外と常識的な言動も多いです。
シナリオが良いルートでした。内容は序盤はギャグですが後半はがっつりシリアス。被害者友の会(笑)みたいな感じで、AクラスSクラス共にみんな仲良し感があるのがすごく良かったです。翔ちゃんと音也が仲良しコンビみたいな感じですごい可愛かった。さっちゃんもおいしい。
音也ルート真斗ルートは友情がいつから恋愛になったのかいまいちわからなかったのですが、那月ルートは主人公への共感とか才能に対する感動とか上手く説明されていて違和感なかったです。こちらも最初から友好的ではありますが、博愛キャラなのと翔ちゃん大好きキャラなので、主人公に好き好きオーラ出してても変な感じはなかったです。
ところで全面的に翔ちゃんが男前すぎる…!
どのエンドも良かったけど、友情エンドの翔ちゃんの男前っぷりと後日談の主人公との仲良しコンビっぷりときたら…! 「小動物ども」吹いた。
あと那月担当の歌が上手すぎて安心して聞けます。

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)
(2011/08/11)
Sony PSP

商品詳細を見る


やっぱりいまの恋愛ゲームってフルボイスが主流なんですね~
サウンドノベル系は割と投げずにクリアしてるので、全員コンプまで続けてやろうと思います。

乙女ゲーム:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.21

うたプリ プレイ感想其の二

うたのプリンスさまっ Repeat

ルート攻略コンプしたので感想~ Sクラスクリアー! 面白かったです!
アニメ前提で見てたのでギャグ度そんなに高くなくね?と思ってたけどそんなことなかった気のせいだった。Sクラスルートけっこうギャグっぽいよ… 
だいたいは学園長のせい。彼が関わるとイベントや課題などすべてがギャグ一色にされる上、本人が人間離れしてると思ってたらもはや人間なのかどうかすら疑わしくなってきた…
Sクラスは友ちゃんの印象が薄いのがちょっと残念だった。

・レンルート
いろんな意味でツッコミどころ満載だった。Sクラスではレンルートが一番ギャグ度高いと思う。(セシルを数に入れなければ)
なんかすごい目まぐるしいというかバリエーション豊富なルートって感じがします。いろんなキャラがまんべんなく出てきますが、特に誰に焦点があるというわけでもなく印象は分散してしまったかも…
レンがプレイボーイな上、主人公はある意味ベタ惚れからスタートするので、これはどうなんだ?と思ってたけど、攻略的な意味では持ち上げて落とすの繰り返しでした!(笑) 相変わらず翔ちゃんが男前な上になぜかトキヤが優しかった… レンは意外と心が狭いな!めんどくさい子(笑)。照れ顔かわいかったです。
友情エンドのアフターエピソードはサムすぎて泣けてきます(笑)。なんでそんな仕事受けた。
家族の和解シーンは良かったです。大恋愛エンドより恋愛エンドの流れの方が好きだな。
レンは一周でショートストーリーが全部埋まりました。AクラスよりSクラスの方がショートストーリーコンプ容易な気がする。

・翔ルート
序盤はちょっとガキっぽかったけど、相変わらず翔ちゃん男前でした…! なんかプリンスたち(笑)の中で一番大人だよね…翔ちゃんの声は感情がわかりやすく乗ってて聞いてて楽しいです。
それからHAYATO様がやっぱりプロすぎて吹く。
なっちゃん&さっちゃん、ルート中はすごい萌えたけど、翔ちゃん視点で見るとすごいウザいよね…(笑) なっちゃんの眼鏡イベントは全キャラでしなくても良かったんじゃないかな…ちょっと食傷気味。それと薫くんがとてもめんどくさい子でした(笑)。家族ならこんなもんなんですかね。
翔ちゃんは全キャラと仲良しな雰囲気があっていいですね。
友情エンドのアフターエピソードは、もうワンストーリーある感じで読み応えあって良かったです。

・セシルルート
3人目の攻略ぐらいからまた出てきたこの子(笑)と思ってましたが、お察しの通り隠しキャラです。
セシルルートはツッコミどころしかない。というかツッコんだらきっと負けです。ファンタジーなルートで、コンセプトは戦えミューズの戦士!(って解釈で間違ってないきっと間違ってない)
他ルートのネタバレ満載オンパレードなので、こりゃあ確かに隠しルートじゃないと駄目だわ…
同人設定かと思ってたものがまさかの公式だったよ…さっちゃんとかまさやんとかまさやんとか。
セシルのスチルはシーンチョイスがなかなか良かったと思います。それと3種類のエンディングが全然違うバージョンになってて面白かった。
そしてセシルは愛が重い(笑)。歌うまいな~セシル。

・トキヤルート
本命は最後に取っておく派です!(セシルルート出すために一周はクリアしたけど)
HAYATO様そんなに無理しなくていいのよ…と言いたくなりました。
なんかトキヤルートってみんなが意地悪じゃないか?(泣/愛のあるいじりと言えるけど) それと音也が意外とキツくてびっくりしましたよ…
なんか思ったよりも早い段階でデレてた! もっとツン成分多くていいのよ… SS(ファンディスク)ではデレッデレってまじっすか。デレ時の意地悪さと優しさが上手い具合にミックスしてるのがかわいい。それと見下しポーズ(?)が好きです(笑)。
トキヤはキャラの掘り下げがしっかりしてて、素直に面白かったです。ところで発熱イベントの名前呼びは恐ろしく破壊力高かった…
このゲーム、声が小さくなるとすごく聞きとりづらいんですが、トキヤ役の宮野さんは囁き声もすごい聞きとりやすかったです。
それからキャラソングはトキヤのが一番好きです! リズムもすごく取りやすい気がします。


なんかみんなデレてるキャラなので、さっちゃんが別ベクトルで萌えますな~
テキスト既読率100%のフルコンプ目指す!つもりでしたがトキヤ半分ぐらいコンプしたところで疲れました…
フルコンプ条件→各ルート12回のミニゲームでそれぞれ評価S・A・B・CorD・パーフェクトを取らなくてはならない…
ミニゲームはほとんどが音ゲーなんですが、パーフェクトすごい難しい…!
音ゲー要素自体はめちゃくちゃ楽しいので(今度音ゲー要素オンリーの新作が出るぐらい)、手が空いたときにぼちぼちやろうかな。

Sクラスルートでは龍也先生カッコよすぎてめちゃくちゃ攻略したかったです。
ファンディスクのSS買おうかな…と思いましたがリメイク出るのか気になるので3月の新作まで様子見しようかな…うむむ

追記:
っていうかボーカル付きだと那月の曲が一番好きかも。歌詞がよい。サビとかラストとか。
なっちゃんもなんとなく半分以上既読率100%になってたな~
今度発売する音ゲーもほしいのですが(アニメの曲入ってるし!)AAとSSの曲バレになってしまうので悩む…

乙女ゲーム:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

10.26

ノーラと刻の工房 プレイ感想

ノーラと刻の工房 プレイしました! 面白かったです。
アトリエシリーズ×世界樹の迷宮ってことらしいです。(製作者コラボ)
アトリエシリーズの外伝って感じに捉えられてるのかな…?
アトリエの方はやったことないのでどんな感じかわからないですが。


・ストーリー
一人前の導刻術(錬金術みたいな)の使い手になるために、主人公ノーラは3年間の儀礼(修行)をすることになります。
依頼をこなしながら町の人と仲良くなってゆく、という流れで、特定の一本筋の通ったストーリーはないです。
好感度によってキャラエンドあり。
(ちなみに3月20日スタート、3年目の11月10日に終了イベントが発生するので実質3年も使えない)

・システム
周回前提のやり込み系ゲーム、って感じです。
材料の採取、分解、加工、導刻術、戦闘、すべてに1日かそれ以上の日数を要します。なので無計画に採取や加工、レベル上げなんかやってるといつの間にか日数が足りなくなってます!
キャラも好感度上げるためには連れ回さなきゃいけないのですが、イベントもこなしていかないといけないので、好感度MAXでもエンディング見れなかったりします。
本領発揮は2周目、なゲームです。
お金を持ちこせるので店で買えるアイテムは買う、時間経過が必要なアイテムはむやみに術を使わず時間経過を待つ、必須イベントで依頼されるアイテムはあらかじめ材料を集める&作っておく、水溶液はペットを利用する、等で時間短縮を考えます。図鑑が引き継げるので必要アイテムがすぐわかっていい。
ちなみに私、採取場所オール解禁は3周目でした…(酒樽がそんな重要イベントと思わず!)
やり込み系苦手な方なんですが、意外とはまってしまいました。
何よりも、1周8時間程度というお手軽さがイイ! タイムリミットがあるのでエンドレスで楽しむことはできないんですが、それが逆にいい緊張感というか、区切りがつけられるので、もう1周!な気分に持って行きやすかったです。
好感度は何人か掛け持ちしながら上げることができるので、同じセーブデータから複数のキャラエンドに持っていけます。

・その他
戦闘以外のボイスってあんまり入ってないですが、いい声優さん使っててとても楽しかったです。おまけギャラリーで本編後的なボイスが聞けるのも良い。子安さん櫻井さん鈴村さんって豪華だな…
主人公も可愛いし、なにより起動時のオープニング曲がむちゃくちゃ可愛いので毎回聞いてしまう。
戦闘も楽しかったしドットの動きもすごく良かった!
あとイベントが起こる場所をお知らせしてくれるのでとても便利。周回プレイ時のチュートリアルは正直要らないです…
※追記:ボイスはイベント用はほぼ無しですが、戦闘の掛け合いとか採取中の放置会話とかなんとなく流れる分はかなりバリエーションあります。


プレイした感じ
・1周目
■魔女狩りED
無計画の極みでした… ご丁寧に採取地のアイテムを全取りした上に「もう一度」もやってました。ガンガン日数減るのね。
2周目からは「必要アイテムだけ取って帰る」ということを覚えました。
ちなみにキャラはルッツ狙いでやってみましたが日数足りない足りない…

・2周目
■トゥルーED
人形イベントさえこなせばこっちのものだぜ!
っていうかトゥルーって出たから、ノーマルとかもあるんだ…と思いました。(→その後攻略を調べて条件を確認する)
■キトED(キト=クールデレな眼鏡商人)
知り合ってしまえば何かと家に来て依頼をしていくので、好感度を上げるのがとてもらくちん。
エンディングの爽やかカップルな感じがかわいい。
■ノーマルED
先にトゥルーを見てしまったので感慨はない。
2周目は一応ユカ狙いだったのですが、トレジャーハントなイベントが発生した時点で残り一ヶ月しかなかった…(それ以前に次のイベントの場所が解禁されてないことに3周目で気付く)

・3周目
■ルッツED(ルッツ=熱血冒険者少年。わりと抜け作)
日数が経過しないと発生しないイベントがあるので、討伐イベントは早め早めにすべし。ボス撃破イベントがあるのでレベル上げもしなきゃだしで、うおーってなった。
ルッツエンドがキャラの中では正統派って感じでしょうか。仲良し冒険者組!って感じでかわいいカップル。ルッツが内面的にちょっと成長するのが良かったなー
■シルカED(シルカ=ぼーっとした薬師少女)
わりと、素材そのものよりも加工したものを依頼される。先にちょこちょこ作っておけば楽。
キャラは可愛いが戦闘が弱い。かと思ったら終盤ハンマーを装備できるので強い。かと思ったらハンマーは両手持ちなので盾が持てなくて防御力ガタ落ち。
■エルシーED(エルシー=鉱物大好きなちっちゃい女の子)
依頼の熱の石がとにかく集まらなくて焦った。エンディング出たのがタイムリミットすごくぎりぎりで焦った。
かわいくて良い子だがトークにはついていけない。(この石の表情がいいの、的な…)
■旅立ちED
とりあえずリスト埋めとけ的な感じで。えっこれ頑張ったのにかわいそう…
両手にティック族で癒される。

・4周目
■ユカED(ユカ=ぐーたらやさぐれな飲んだくれお兄さん)
やってみたらなにげにユカ大本命だった。ユカのサポートに感謝してるノーラ&ノーラのおかげで過去のトラウマが解消できたユカ、ってなにそれ萌える…!
キャラボイスが子安さんで、ギャラリーボイスとかニヤニヤできます。
■カルナED(カルナ=ちょっと抜けてる女剣士)
可愛いもの好きだったりドジっ子だったりなにげに和むお姉さん。
戦闘、強ぇええええってなりました。使える子すぎる。
ボス撃破イベントが本気で鬼門すぎた。ボス+ザコ3匹なのですが、全員全体攻撃使ってくるので下手すると1ターンで死ねます。回復二人+攻撃一人というひどいバランスで戦ってたらよりによって攻撃役がやられてしまったという…
■メロウED(メロウ=天然おっとりお姉さん)
ストーリーがない中で、かろうじてある本筋みたいなものに関わってる人。カラーリングが可愛い。
戦闘時の攻撃力はおそろしく期待できませんが、唯一回復技が使えます。
■バッドED
リスト埋めとけ的な。


えーと、あとオクトーヤさん(=ムキムキおじさん)だけED埋まってないのでもう一周行って来ます。
さすがに4周目に盛り込めなかった…

このゲーム、不満があるとすればセーブデータが3つしかない…!
エンディングリストを埋めるためには、クリアデータをセーブしないといけないみたいなので、実質2つ、どこのセーブデータを残すか上手くやらないともう一周するはめになります…

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女ノーラと刻の工房 霧の森の魔女
(2011/07/21)
Nintendo DS

商品詳細を見る


正規のアトリエシリーズはやったことないですが、これと似たような感じでさらっとプレイできるならやってみたいなーと思います。

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack