2011/04/02

読んだ本

久々に。

「小夜しぐれ」高田郁
新刊きたぁああああ。書き下ろしで割とペース速めに出るのでほんと嬉しい。
澪の恋心はたまにほんのり見えたりするのですが、今回小松原さまサイドがちょっと覗けて大変おいしかったです。野江ちゃんとの方もまた澪に大きな転機がやってきてて…どきどき。
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る


「銀のらせんをたどれば」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
ページ数が少なめで、今回はわりとシンプルあっさりな感じです。
祖父母と暮らす主人公ハレーは、祖母の怒りを買っておばの家に追いやられてしまいます。いとこ組もおばさん組もいっぱいいすぎて名前覚えられませんが、主人公周り数人がわかっていればいいのでそんなに困りません。
いとこたちの<ゲーム>に参加して、主人公は<神話層>に遊びに出掛けます。<神話層>というのはいろんなお話がごった煮になった世界です。
あとから設定のモチーフなるものが明かされるのですが、そうだったのか!って感じでなかなか面白いです。
銀のらせんをたどれば銀のらせんをたどれば
(2010/03/18)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る


「メルストーン館の不思議な窓」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
おなじみのはちゃめちゃ感で面白いです。
主人公は大人の男性です。亡き祖父の館を受け継いだ元大学講師が、館の癖の強い人々と渡り合いながら自分の土地を管理していこうとする話。
途中で、社会福祉指導員から追われている孤児の男の子が館に助けを求めにやってきて、主人公は彼を保護します。男の子は謎の影に追われていて、主人公はそれをなんとかしてあげようとします。
子供たちが大人から逃げつつ奮闘する…っていう話も好きですが、主人公が保護者的立場でいろいろ手を尽くすっていうのも新鮮で面白かったです。
メルストーン館の不思議な窓 (創元ブックランド)メルストーン館の不思議な窓 (創元ブックランド)
(2010/12/18)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る

ジョーンズはやっぱり面白いなー またいろいろ読み返そうと思います。クレストマンシーシリーズとかダークホルム、七人の魔法使いとか好きだ。バビロンは単行本持ってますが文庫買い直すか悩む。割とパロっぽいものとかあるので、古典ファンタジーとか戯曲とか知ってるともっと楽しめると思いますが、あんまり知らないや…

以下ラノベ。
「デュラララ!!×9」成田良悟
毎回ページ数が多くてボリュームずっしり。
今回は臨也のターン。って感じですかね。新羅との過去も明らかに。
臨也があるグループの人につかまってしまうんですが、それは本物か偽物なのか?という謎を過去や現在の出来事をぐるぐるシャッフルしながら終盤まで引っ張ります。なかなか面白かった。
デュラララ!!×9 (電撃文庫)デュラララ!!×9 (電撃文庫)
(2011/02/10)
成田 良悟

商品詳細を見る


「イスカリオテ 1~6」三田誠
神の奇跡を再現するイスカリオテに適合した人々が、特別指定教区とされた都市で<獣>と呼ばれる化物と戦う話。
主人公のイザヤはかつての聖戦で亡くなった双子の兄の身代わりとして都市に送り込まれ、兄の名前を名乗り、兄の性格を模倣し、兄のイスカリオテを使って<獣>と戦う。
ダブルヒロインもので、玻璃はイザヤを偽物と知らず慕っていて、ノウェムは偽物と知っていて慕っています。このノウェムがすごくけなげで可愛くて、ノウェムのために読んでいるといっても過言ではないぐらいです。機械人形なんですが、イザヤを守ることを第一使命と考えていて、少しずつ感情豊かになっていくさまがかわいすぎる…
あと一冊で終わるそうです。4巻まではあちこちに現れる<獣>との戦いをちょっとずつ書いていってるのですが、5巻でどんと転換期が来て、6巻で主人公の秘密、聖戦の秘密が明かされる急展開。6巻の終盤がラスボス戦直前!みたいな緊迫感で、次巻が楽しみすぎる~
イスカリオテ (電撃文庫)イスカリオテ (電撃文庫)
(2008/11/10)
三田 誠

商品詳細を見る


以下まんが。
「いっしょにねようよ 4」高尾滋
待ちに待った学園編です~
最初は守ってもらう立場だったいちこが守る側になってきてるのがいいなあ…
いっしょにねようよ 4 (花とゆめCOMICS)いっしょにねようよ 4 (花とゆめCOMICS)
(2011/02/18)
高尾 滋

商品詳細を見る


「魔法使いの娘ニ非ズ 1」那州雪絵
続編きたぁああああ。新米陰陽師初音ちゃんのまだ小手調べっぽい巻ですかね。兵吾はよりましに徹底してるような感じもする。ところで二人は良い仲になったのか気になる…
なんだかんだで那州さんって大人向けっぽい雰囲気がする。ぱっと見わからんというか深読みをさせるというか。
絵は月光のころが安定してるのかな~って感じですが、グリーンウッドの10巻ぐらいが好きだな。ストーリーはフラワーデストロイヤーとかも好きです!
魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)
(2011/02/25)
那州 雪絵

商品詳細を見る


「俺様ティーチャー 10」椿いづみ
ほんとたまらん漫画だよ! 一冊ごとに好きになる。
表紙の忍が髪やわらかそーですごいかわいい。今回は忍回でしたね。忍もかわいかったけど、忍×若菜もまたかわいすぎる…! 鷹臣×真冬もよかった。
間違いなく忍が好きになれる巻です。しかし俺ティーの男子生徒でかわいくないキャラがいるのか?ってぐらいみんなかわいすぎてたまらん…
四コマでアリスちゃん出てきてテンション上がった(笑)。アリスちゃんレギュラー化してくれよ~
俺様ティーチャー 10 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 10 (花とゆめCOMICS)
(2011/03/19)
椿 いづみ

商品詳細を見る



そういえば零の軌跡の続編が年内に出るみたいですね…マジデカ。

※追記
ジョーンズさん亡くなったのか…ご冥福をお祈りします。
いつまでも新しい世界が生み出されるものと信じて疑ってなかったよ。
読書三昧 | Comments(0)
2011/04/10

文更新

文/現代もの/気まずい幼なじみシリーズ
「チョコレイト狂想曲」(星空とカノン続編)更新。

去年書こうと思ってて時機逃して、今年書こうと思ってて時機逃した。
変なとこあったらあとでこっそり直します。
去年全然現代ものシリーズ書いてなかったことに気づいてびっくり。
更新 | Comments(0)
2011/04/11

CD

きいちご
きいちごきいちご
(2011/03/16)
ANATAKIKOU

商品詳細を見る

ずーーーっと入荷未定だったので、届いて「うおおおおお」としばらく固まってしまった。
いつもながらデザインも好きです。歌詞カードかわいい。インクのにおいがするのがすき。
わあああん北條さんいなくなっちゃったよう…だがANATAKIKOU節は相変わらず、で良かったです。今後コーラスとかなくなるの!?と思っちゃったけど健在でした。
最近は恋愛ぽい曲多かったけど、曲調・歌詞がフシギ系に戻ってて嬉しかった。
うわあああん大好きだあああ


SINGLES+1
SINGLES+1SINGLES+1
(1998/03/18)
DEEN

商品詳細を見る

懐古熱が出て買ってしまった…
あああああ懐かしいいいいい!最っ高!!です…!
そうだよこういうのが聞きたかったんだ。
織田さん(作曲者)グッジョブすぎる…でも「夢であるように」も素晴らしい。
「君がいない夏」は小松未歩verの方が好きかなあ?


RARE TRACKS
RARE  TRACKS (DVD付)RARE TRACKS (DVD付)
(2011/03/02)
MONKEY MAJIK

商品詳細を見る

カップリング曲とか提供曲なんかを集めたアルバムです。
ルパン三世のテーマのカバーがたまらんので何回も聞いてしまう。


桜色
桜色桜色
(2011/03/09)
Chicago Poodle

商品詳細を見る

出会いと別れの季節のうただ。
イングリッシュマン・イン・ニューヨークのカバーが入ってて私得。←でも初めて聞いたのがジャマイカンverだったので一時期そっちが原曲かと思ってました…


ルーキー
ルーキールーキー
(2011/03/16)
サカナクション

商品詳細を見る

毎度歌詞カード凝ってていいですね。
相変わらずカップリング曲もいい。二曲目の方が好きかも。
CDとかDVD | Comments(0)
2011/04/15

きねん。

なんとサイト10周年です!ありがとうございます!

…と昨日書こうと思って忘れていました。
今後ともよろしくお願いいたします。
な、なにも用意していないので次の更新がなるべく早くなるよう頑張ります!
未分類 | Comments(0)
2011/04/18

読んだ本

ラノベ強化週間

「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1~3」柳内たくみ
地元の本屋で大プッシュ。面白そうなので読んでみる。

うおおお自衛隊かっけええええ
東京銀座に異世界の門が突如開かれ、自衛隊が門の向こうの偵察と門周辺の確保に乗り出すお話。
良くも悪くもネット小説です。女の子のキャラなんかはラノベの典型っぽいのがちらほらいますが、それでもラノベというよりネット小説ですね。さらさらっと読めてしまって一冊500頁の枚数も全く苦にはなりませんが、ネット小説読んだことないような人にとっては、もしかしたら読みにくいのかもしれません。(ネットスラングっぽいノリの描写もありますし)
元自衛官が書いただけあって、自衛官にはニヤリとできる描写がいろいろあるそうです。ミリタリー的なことはよく知りませんが、意味がわからないという描写ではないし、知識がなくても楽しく読めます。
門の向こうの文明はこちらと比べるとかなり遅れていて、それに対して自衛隊はすごくハイスペック。さすがの機動力と装備、日本人的な平和ボケというかお人好しさ、な感じの同居具合が面白いです。成り行きで現地人を助けて、懐かれてしまってあれあれ、みたいな。
1巻は割とライトなノリがあるものの、以降はなかなかシリアスな描写、組織の中の自分と個人としての自分との葛藤があったり、たまにずっしり来る描写があったりします。1巻の方が雰囲気としては好きだけど、2巻3巻の方が面白い気がする。現実世界での政治と異世界での政治が同時進行しているので、そこんとこどう切り抜ける!?っていう展開が面白い。
味方の男性キャラがみんな男前な性格してていいです。
次が最終巻だという話を聞いたので、どう締めるのか気になる。楽しみ。
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編
(2010/04)
柳内 たくみ

商品詳細を見る


「コップクラフト 1~3」賀東招二
こっちも異世界への門が通じちゃう話。
ゲートが開き、異世界人と地球人が雑多に暮らしてるサンテレサ市、主人公は市警のマトバ刑事。異世界人で地球年齢二十歳ぐらいのティラナ(でも見た目は女子中学生)と、ある事件で組むことになり、以降はいわゆるバディものな流れ。
正直1巻表紙のおっさんに一目惚れですよ…村田さんのカラー絵いいなあ…
文体やストーリーの硬派さもすごく好きなんですが、なにより渋い(?)おっさんで歳の差、っていうどストライクな組み合わせが…!萌えすぎる。料理得意な男性というのも萌えポインツ。
ティラナのツンデレすぎないいじっぱり具合も可愛いし、普段は皮肉の応酬で反目し合っている二人ですが、たまにいい雰囲気になりかけて気のせい気のせいで誤魔化してしまうのがたまらなくいい…!
フルメタ書いた人なんですねえ、気付かなかったわー
コップクラフト (ガガガ文庫)コップクラフト (ガガガ文庫)
(2009/11/18)
賀東 招二

商品詳細を見る


「烙印の紋章 8」杉原智則
わーい新刊だー
表紙の背中合わせがたまらん…! この二人はこういう感じがいいわー ビリーナ姫のデザイン(ドレス含)がすごく好き。このレーターさんドレスのデザインがかわいい。
今回いろんなところでいろんなことが動き出してて次がどうなるか楽しみであります。オルバのビリーナ姫への思い入れが見えるのがいい。
ここんとこ「次巻へ続く」の引きがあるのでやきもきしてしまいますが、今回はほんとにひどいところで切ってるよ!
超絶いいところで!生殺しタイム!
烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)
(2011/04/08)
杉原 智則

商品詳細を見る


「花物語」西尾維新
今回は駿河のお話。中表紙の駿河がめちゃめちゃ可愛いです…
駿河サイドで話が進むので、いままでの印象とがらっと変わってしまうかもしれません。それが嫌な人もいるかもですが、駿河の内面が覗けて好感が持てました。
いろいろと嫌悪感や葛藤に悩む駿河ですが、個人的には(共感はできないまでも)対立している沼地の考えの方が理解できるので、そのあたりのさじ加減が面白かった。
しかし暦の印象が全然違ってた。駿河サイドだとこういう感じなのかなあと。なかなか先輩してます。
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る


まんが
「青の祓魔師 6」加藤和恵
カバー下四コマの志摩さんがかわいい。表紙なのに出番は冒頭ぐらいしかないかわいそうな志摩さん。
前巻の続きで、内通者は誰だ、という展開。一応京都の地名とか出てますが、エクソシスト側の世界でずっと話が進んでいくので現代ファンタジーというイメージはないかな。
しかし燐が相変わらずかわいい。熱血いい子で単純馬鹿な主人公、って他の漫画にもいますが、他のそれとは不思議と印象が違うんだよなあ。かわいいとしか言いようがない…
番外編も入ってますがクロがかわいすぎてジタバタゴロゴロしそうになった…
青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)
(2011/04/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

アニメもやってたので1話見ましたが、けっこうアレンジ入ってるけどいい感じでしたね。
そして燐がかわいすぎる…! 作画も良かった。


北方水滸伝は九巻まで読みました。あと半分ちょっと。
読書三昧 | Comments(0)
2011/04/20

バテン・カイトスII プレイ感想

バテン・カイトス プレイ感想

1からやってみたかったけど、とりあえず2を手に入れたのでプレイ。
評判いいだけあって、すごく良かったです…!
総プレイは72時間。
サブクエストも3つぐらいやり残したけどだいたい制覇しました。
各地のボスも倒していったので真ENDです。

主人公は精霊憑きの少年で、プレイヤーの名前は精霊の名前として認識されます。
だからことあるごとに主人公がプレイヤー(画面)に向かって語りかけてくれるんですよね。最初は変わった演出だな~と思ってたんですが、途中の展開でこの演出がぐっときます…!
暗黒部隊の少年サギは皇帝暗殺を命じられ、最終的に濡れ衣を着せられて追われる身になってしまいます。そこを拾ってくれたネロ様の部下となり、帝国の機械化計画を止めるため働くことに。その折に人がバケモノに変わってしまうところに遭遇し、そのバケモノが影とか遺児とか呼ばれる存在だということを知る。遺児とはいったいなんなのか…という謎に迫っていく物語。
遺児って何?ってことがわかる展開でハッとした。ここはネタバレ知らなくて良かったなあ。前作やってるとなんとなくわかったりするみたいです。
パーティがずっと三人組なんですけど、それぞれのキャラをすごく丁寧に描写していて良かった。途中で転換期みたいなのがあったりしますが、ストーリーの軸はぶれずに進むので、王道っぽくていい雰囲気です。
ワイズマン倒してから行くと、ラスボスのところで熱い展開が見れるのでいいっす…!
エンディング終わると、バテンカイトスに続く…となります。
2のエンディングが1のプロローグなわけですね。(2の20年後が1の世界)
でも1の展開がけっこうつらいそうなので、2を先にやるととても切ないらしいです…あああ
でも1もやりたいな!

戦闘は場に出ているカードを選んでいってコンボを繋げていくという、ちょっと変わった方法です。コンボのやり方が良くわからないうちは全滅しまくってましたが、慣れてくると面白い。精霊(プレイヤー)と仲良くなると有利なカードが出やすくなるので、じゃんじゃんコンボ繋げられたりします。
カードを使うだけなので戦闘終了後はHPも回復するし、戦闘中のゲージで魔法が使えるので、MP概念もなかったりする。アイテム使っても減らないし、全滅にさえ気をつけていればダンジョンでもつらくない!
ちなみにイベント戦闘は全滅してもリトライが出来るので親切設計。

キャラ良かったです…! サブでも顔グラ付きとか丁寧に描写されてるのは1でも出てくるキャラだったりするそうです。1→2の順もいいけど、2→1の順でプレイしても面白そうではないですか。
サブキャラモブキャラでも声優選びに隙がなくてすごく満足しました。子供たちもかわいい!
主人公サギが心優しい少年で、ヒロインとかにちょっと振り回されたりもするけど、主導権を取られたりするようなことはなくて芯もしっかりしている、というさじ加減が好きです。しゃべり方がすごく優しくてほっとする。しかし浪川さんはピュアな少年役やらすとすごいはまりますね。
ヒロインのミリィもいいキャラだった。育ちのいい強気なお嬢様タイプなんだけど、嫌味な感じが全くなくて、いい子で可愛かった。言葉づかいが崩れすぎることもなく、育ちのよさがにじみ出ていて好きです。デザインも可愛い。あと声優さんがめちゃめちゃ巧いんですけど…! セリフ見たときに、こんな感じかなーと脳内で補完するのとは全然違って、何倍もいいです。あっそのセリフそういうしゃべり方で感情だすんだ!みたいな。ラストの展開で泣かされたんですけど、声優さんのおかげがかなりある。
ギロも面白かったです。ダブル声優で重ねて声を出すっていうのが興味深い。あとなんとなくギロって第二のお母さんだよねみたいな。

王道で染み入る感じのゲームでした。
グラフィックもリアルすぎるよりこれぐらいの方が好きです。
次は1がやりたいなーと。近所で売ってないのでネットかな…

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
(2006/02/23)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


コントローラーとメモリーカードがあればWiiでプレイできます!おすすめ
RPG | Comments(0)
2011/04/22

windows



パソコンに入ってるフリーセルというゲームに中毒になってて、手持無沙汰になるとすぐに起動してしまう…
未分類 | Comments(0)
2011/04/23

ラストランカー プレイ感想

ラストランカークリアしました!
去年から合間にちまちまやっててラスト手前で放置・再開。
ランキング一位を目指せ!な話なので、オンライン戦とかするのかなあ?と思ってて、オンラインじゃないと楽しめなかったらやだなーとか思ってたんですが(オンライン苦手なので)、まったく関係なかった。主人公のランクが90000台から始まるわりには戦える人数は少ないですが、個人的にはちょうど良かった。
ランク4桁になるまではけっこうかかりますが、そこから1位まではわりとさくさくです。
かなりあっさりめのRPGなので、軽くやるのにいいかも。

・ストーリー
退屈さから故郷の村を捨てた主人公ジグは、ランカー上位者たちによる「機構」が支配する街ガンドアへとたどり着く。そこはランキング戦によるランク付けがなされていて、強者は強い権力を手に入れ、弱者はただ支配されるしかない。
自分の力が自らの価値であるという単純明快さにジグは魅かれるが、強くなければ価値がないという考えに反発する者たちもいて、その対立にジグも巻き込まれざるを得なくなります。
故郷の幼なじみ・ファズとの確執もあるのですが、けっこう引っ張ったわりにはファズがあっさりデレ過ぎる(笑)。
わりと軽いノリの話かな~と思っててあっさりさくさくな進行にもあまり疑問はなかったのですが、途中で一部のキャラが亡くなったりして、えっ、えっ?ってなった。シリアスな展開もあります。
「機構」の役割って何なの?っていう疑問からの展開がなかなか王道で面白かったです。

・システム
戦闘は、アクションとも普通のコマンド式とも言い切れぬ、ちょっと斬新な感じです。
戦闘中は○×△□ボタンしかほぼ使いません。敵の隙を見て攻撃したり、相手の攻撃のタイミングに合わせて防御したりです。ただしどの行動もゲージを使うので(時間経過で溜まる)、ゲージが足りないと防御できなくて大ダメージ食らったりします。
装備するとスキル技が使えますが、回数制限があるので回復スキルなんかは考えて装備・使用しないと困ったことになります。装備できる数は決まってますが、使用ボタンとかは自分の好きに設定できます。慣れるとなかなか面白い。
ゲームオーバーになってもリトライ出来、メニュー画面から戻れるので装備変更も可なところがなかなか親切設計。
一度行ったところはコマンドから選んでワープ出来るので超便利ですが、一方で選択肢のキャンセルボタンが利かずに「戻る」などをちゃんと選ばないといけないのはちょっと面倒。
ランキング戦の演出なんかはいろいろユーモアがあって面白いです。
ザコ戦はわりとさくさくですが、対人間戦はひとつひとつ全力で戦わないと難しい感じなのがちょっとしんどい。ので細切れプレイしてましたが、気にならない人は気にならないかと。

・キャラ
キャラに関してはどのキャラも良く出来ていて面白かったです。
主人公ジグが一見寡黙な無愛想キャラなんですが、その実、世間知らずな田舎者でいじられキャラなギャップがおもしろかわいい…! 回復アイテムが雑草とか(笑)。しかもいい雑草とかのランクもあるとか。
数少ないムービー内のジグが超絶男前で好きです。
あとヒロイン(?)のレンちゃんが超絶好み。優等生キャラなのでめんどくさいんですが、そのめんどくささが可愛いです。真面目ヒロイン、結構好きなんですよね。GRANDIA2のエレナとかたまらんです。
イゴリダはあんまり好きなタイプじゃないなーと思ってたんですが、じわじわ可愛く思えてくる…! あとセンゴクさんがなんとなく好きです。っていうか小山さんの声がかっこよすぎて(笑)。
無愛想な癖にけっこう愛され主人公で、ボス戦前にみんながぎゅーっとハグしてくれるのが好きです。
しかしフラグブチ折りまくりのエンディングときたら…!(泣)
サブキャラのランカーさんでジグにご執心のお姉さまがいるのですが、世間知らずな超絶スルーっぷりが笑えます。それじゃモテない、モテないよジグ…!

ラストランカーラストランカー
(2010/07/15)
Sony PSP

商品詳細を見る

ちょっと癖がありますが、なかなか楽しめました。
RPG | Comments(0)
2011/04/27

Fate/EXTRA プレイ感想其の二

其の三/其の一

クリアしましたぁあああ
三回戦で詰んだので初心者モードでやり直しました…やっぱり回復ポイントないとレベル上げつらいわー
五回戦再度詰んで放置!だったのですが、手前に戻って黙々レベル上げしてなんとかクリア~~
けっこう上級者向けのゲームだと思います。一部決戦で一撃死(必殺技タイミングを読んで防御しないとHP満タンでも一撃で死亡・防御しても瀕死)あるしね!
でも根気があればレベル上げで対策出来るかな。
レベル39で27時間でした。意外と少ない。最終ボスはスキルごり押しで楽勝だった。
でも死にゲーだったので実際はもっと時間かかってると思います。

アーチャー/女主人公/凛ルート です
この組み合わせだと特殊会話発生します。Fate本編ファンだとニヤニヤ。かな?
弓×凛っぽい要素も弓×女主っぽい要素も入ってるので、おいしい人と地雷の人がいるかも。凛は本編の凛とは別人なのでそこが人によって許容度違うかな…?
サーヴァントと主人公の性別は別の方が楽しいと思う。サーヴァント→主人公がすごいからなあ…
どうも男主人公をベースに作ってるみたいなので、凛のデレっぷりが百合?って感じでびっくり。でも女同士だとちょっと過剰な友情ぐらいで許容できるか…男同士だったらたぶんアウト!なライン。
アーチャー良かったですアーチャー。
サブイベこなしてると写真立てが手に入るんですが、マイルームに主人公とのツーショット写真があって吹いた。どんな顔してこれ飾ったのアーチャー…
もちろんマイルームの会話イベントはオール別データでセーブ取ってありますよ! フルボイスなのでニヤニヤ。最終決戦のEX用会話は奈須さん節全開で燃える。若アーチャー萌える。
ほんとアーチャーたまりません。
最終週で盛大にデレるのでむしろどうしたらいいのコレ?な気分に。

エンディングは大団円ではないですが(というかこの設定で大団円にしようがない)、それなりのハッピーエンドだったので良かったです。悲しくはないな。なかなか好きです。
ラストの背景絵はアーチャー専用?って感じだったので別サーヴァントだと違う絵なんでしょうかねえ。

…というわけで、赤セイバー編始めました! 今度はラニルートにしよう。
このゲーム、絵がすごい良くてゲームデザインも好きなのですが、赤セイバーもほんとかわいい。
キャス狐が絵も声もすごく可愛いのでやりたいんですが、上級者向けキャラでちょっと不安なのでもう一周してからチャレンジします!
赤セイバーは初心者向けサーヴァントなので、アーチャーよりも難しくないはず…
RPG | Comments(0)