2011

02.07

読んだ本

「ピスタチオ」梨木香歩
知り合いの死の真相を求めて単身アフリカに渡った女性の話。
なんだか年々不思議な作風になっていきますね。初期の作品の方がわかりやすくて好きなんですけど、あとの作品の方がすごさみたいなのを感じます。
梨木さんの物語は基本、死を見つめて咀嚼していく物語のような感じですけど、それは逆を言えば生を見つめていく物語なのかな、とか。なんだかいろいろ深い。意味がよくわからなくても読んでしまう。
なんというか、「物語を語る力」ってのがものすごい。なんでもない冒頭に見える導入部も、読んでいくうちにその瞬間から物語は始まっていたんだ!って思ったりする。
梨木さんの話はファンタジーなんだけど、ものすごくリアリティを感じるファンタジーなんですよね。上手く言えないけど。家守綺譚なんて完全なるファンタジーなのにすぐ隣にある世界みたいに思ってしまう。
ピスタチオピスタチオ
(2010/10)
梨木 香歩

商品詳細を見る


「若様組まいる」畠中恵
「アイスクリン強し」の関連作です。
丹地さんの装画、ほんと堪らん…! 表紙の美形さんは園山さんかなー
ミナが好きなので前作の方が出番は多いんですが、今作は巡査教習所の訓練が中心となっているので男子寮ものっぽい雰囲気があって、今作の方が好きかもしれないです。
ピストル強盗と銃撃事件の話。
若様組まいる (100周年書き下ろし)若様組まいる (100周年書き下ろし)
(2010/11/05)
畠中 恵

商品詳細を見る


以下ラノベ
「烙印の紋章 7」杉原智則
やったービリーナ姫来たー!!
ビリーナの前に別の姫と再会しやがって主人公けしからん!(笑)と思ってたけど、主人公とヒロインが離れていてもお互いのことを思ってるのが萌える。両想いの描写は全然ないんだけどなあ、決意で繋がってるというか。
烙印の紋章(7) 愚者たちの挽歌よ、竜に届け (電撃文庫)烙印の紋章(7) 愚者たちの挽歌よ、竜に届け (電撃文庫)
(2010/12/10)
杉原 智則

商品詳細を見る


「レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び」三田誠
今回は短編集です。
やっぱ影崎さんはいいなあー。今回はアディリシアが良い目を見てるので、次回は穂波がおいしい思いをするのに期待。新しいメンバーもかわいいけど、やっぱり二部のメンバーが懐かしい。
それと
ぎゃああああパパあああああ
ひどい。生殺しすぎる。次巻の発売はいつですかー
レンタルマギカ  魔法使いの妹、再び (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び (角川スニーカー文庫)
(2011/01/29)
三田 誠

商品詳細を見る


「シアター!2」有川浩
有川さんの作品の中ではかなり好きな話。劇団ものです。
相変わらず鉄血宰相がかっこよすぎて惚れる。小宮山くんもいい子だなあ。茅原さんは面白すぎて友達に欲しいです。あとスズちゃんがじわじわかわいい。
メインキャラが恋愛に走りすぎずじれじれな感じがいい。二巻で脇キャラの恋愛とかもぐるぐる動き出してるけど、全三巻の予定っぽいので、すっきり収まって良い感じになるんじゃないかと。
シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
(2011/01/25)
有川 浩

商品詳細を見る


以下まんが
「隠の王 14」鎌谷悠希
うおー、完結です。鎌谷さんお疲れ様でした…!
カラーページに泣いた。
連載開始時は本誌で読んでたけど途中から単行本派に。月刊誌だから単行本の発売が遅くてじりじりしてたけど、全14巻ならけっこう奇麗に終わった方じゃないかな、と。
雪見さんが好きです。清水兄弟と虹一も好き。良いキャラいっぱいいましたね。連載が進むにつれ、表情の書き込みがだんだん細かくなっていったのがいい。どんどんいろんなものを失っていく展開も怖かったけど。
主題はやっぱり、壬晴が答えを見つけるまでの物語だと思います。答えが見つかってよかった。
壬晴と宵風はカップリング云々というよりは運命共同体だと思うなあ。
次は久々に完全ファンタジーの話が読んでみたいです。
隠の王(14) (Gファンタジーコミックス)隠の王(14) (Gファンタジーコミックス)
(2011/01/27)
鎌谷 悠希

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.09

逆転検事2 プレイ感想

いぇー発売日に買いに行ったぜークリアしたぜー
明らかに前作より良かったしすごく面白かった…!
満足しました。

新要素ロジックチェスは間違うのが難しいぐらい簡単だったけど、制限時間があるのが斬新で良かった。ストーリー上の謎は全体的に難易度高かったと思います。一話一話が長めで、個人的にはもうちょっと短い方がさくっとできて好きなんだけど、ボリュームはたっぷりあったのでボリューム重視の人には嬉しいと思う。
長い割にはサブ(サポートキャラ)をちょいちょい替えたり、過去と現在をリンクさせたり、ちょこちょこ趣向を変えてたので飽きるって感じはなかったと思います。
雰囲気は、前作よりも逆裁シリーズっぽい感じが出てたので嬉しい。

新キャラの掘り下げもがっつり出来てたので良かった。
知ってるキャラがわんさと出てきて面白かったけど、そこは逆裁シリーズファン向けかな、って感じなので本作で初の人は戸惑うかもしれない… そもそもミツルギが主人公っぽいデザインじゃないしね!(笑)
逆転検事は徹底してナルホドくんが出ないのがもう…(ただし背景のモブを探せば見つかる) やっぱ逆裁4の設定の所為かなあとも思うんだけど、いっそ4はパラレル設定でいいじゃん… 今後一切、シリーズでナルホドくんが出てこなかったら悲しい。

逆裁の頃と比べて、プロローグ等の絵が格段に綺麗になったと思う。特に立ち絵っつーかキャラ絵めちゃめちゃ上手い…! 肩まわりとか手の描き方とか参考になるわーと思ってガン見しちゃったよ。ドット絵もキャラごとに歩き方とか走り方とか違うのがほんと細かいよなーと。
このシリーズ、ガタイ良い人がいっぱい出てくるのが好きです(笑)。ナルホドくんとミツルギもなにげにガッシリ系だよね。さすがカプコン。狼捜査官とか馬堂刑事もなかなかよろしいですが、サザエモンの足腰のラインに注目してしまってごめんなさいとしか…
前作はミッちゃんハーレムだな、と思ってたけど、今回違うみたいね~と思ってたら後半またハーレムっぽくなってて吹いた。しかしミツルギも女子高生のあしらいが上手くなってきたな。
ミツルギ→ミクモの思い入れとメイ→ミツルギのコダワリとミツルギ→茜の敬語とミツルギ→メイのメイ呼びと、すべてに萌えるわ…
ミッちゃんがおっさん呼ばわりされつつスルーにびびった。あの父子はそろって老け顔だな。

今回は父と子のテーマがかなり利いてたと思う。検事三人組っぽくなってるとこが好きです。
ミツルギが「検事とは何か」を見つめ直す物語になってたのもすごく良かった。
あと、最終話のシモンに泣いてしまったではないか… 子供がいい子な話はとりあえず泣ける。

プレイ感想っていうかキャラ萌え感想になっとる…

逆転検事2(通常版)逆転検事2(通常版)
(2011/02/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ADV:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.13

ブーム?

北方水滸伝読み始めました~(とりあえず一巻買ってきた)
思っていたよりもかなり読みやすいです。
自分、登場人物の名前が覚えられない人なので読みながら行きつ戻りつですが…
時間かかりそうですがのんびり読もうと思います。
とりあえず、林冲が主人公枠ってことでOK?なの?

先日、図書館で待ち時間つぶしに古事記読んでました。
かなり面白かったのでこんど借りてこようと思います。
まだ黄泉比良坂までしか読んでないのだ…(解説読みながらだから)

上記二例の話をしたら友人に、そういうブームなの?と訊かれました。
そうかもしれない。八犬伝とかも読みたい!


書く方はなんかいろいろ行き詰ってますが、とりあえず今月中に一本上げる!ってことにします。
〆切でも設定しないとなんか思い切れない感じ。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.14

文更新

文FT偽りシリーズ「花とほころぶ」(遅咲きの青続編)
更新しました~

前半書きながらこれ面白いの?病にかかって手が止まってましたが、書きます宣言したらなぜかいきなり後半が書けた。面白いかはわかりませんが、とりあえずラストまとまってよかった。
遅咲きのシリーズは毎回書くのに行き詰ってムキーとなって仕上げてます。むずかし。
長編のがちゃんと終わったらリクエスト企画とかやってみたいなーとかも思ってるんですがどうざんしょ。

更新:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.16

セブンスドラゴン プレイ感想

ナナドラクリアしました!
序章でしぬほど苦労して本編に入ったら、全然敵が倒せなくて絶望感で放置していたゲーム… まあせっかく兄貴が貸してくれたのでクリアすっかーと続きを始め、だいたい私がはまるタイプのゲームじゃないのよねと思ってたら妙に相性が良かったらしくいつの間にかはまり、やり込みまくって気付いたら88時間経過していたゲーム。
無個性主人公は好きだけど無個性パーティはあんまり興味ないし、ストーリー楽しんでさくっとクリアしたいからあんまりストーリーがなくてサブイベント(クエスト)とやり込みでご自由にどうぞ!ってあんまりなあ…と思ってたのに!キャラに愛着が湧いてきた時点で手遅れだった。

かわいいドット絵、ムービー無しボイス無しなので操作性が軽くどこか懐かしい雰囲気。アイテムを手に入れると8bit音源に変換できるのでよりファミコンぽい雰囲気に。戦闘画面のデザインが可愛くて好きです。
大筋は、ドラゴンと毒の花に支配されてしまった世界でドラゴンを殲滅して世界を救う!という。これだけです。
主な流れは、メインクエストで依頼されるメインのボスドラゴンを倒していく→最強武器を手に入れる→ラスボスを倒す→エンディングで終わりなので大筋は一本道、他寄り道したかったらご自由にどうぞ~って感じ。
町の人のクエストを受けて解決するも良し、国の最高権力者周りの悩みを解決して人間関係を良好にしたりご褒美もらったりするも良し、寄り道で関係ないダンジョンを発見して攻略するも良し、依頼された以外のドラゴンを地道に倒していっても良し、です。
攻略頼りの私が珍しくフリーダムにプレイ。クリア時に解決法がわからないクエストが3つだけあったのでそこは攻略調べちゃいましたが。
666匹の竜を全部狩ると裏ダンジョンに行けます。しかし残り2匹の竜がどこにいるかわからなかったので断念…

キャラの職業は7種類あって、それぞれ4種類ずつの外見タイプから選べます。パーティメンバーの上限は4人ですが、キャラは16人まで作ってストックできます。ちなみに私は全種類作って好きに組み替えて連れて行きました。メイジだけ二人作りましたが二人目はほとんど使わなかったな…
ルシェという種族がいるのですが、これが女は猫耳・男はエルフ耳というなんという俺得種族… 主力パーティは4人中3人がルシェでした。かわいい。
序盤をローグ・メイジ・ヒーラー・サムライの組み合わせにしてたら死にまくり、兄貴に馬鹿にされてファイターとナイトを加入。なるほど先の4人は全員紙防御なのね…ナイトありがたすぎる。
最終的に主力がファイター・メイジ・プリンセス・ナイトになりました。
キャラに愛着が湧くと、なにをしなくてもマイパーティ連れて世界を歩いてるだけで楽しい!の境地だったので何してても楽しかったです。移動手段を手に入れてどこにでも行けるようになると、うっかり敵が強い海域に紛れ込んだりして全滅、とかもお約束で楽しかった。

システム周りに不満が多いゲームなので、それを許せるかどうかがこのゲームを楽しめるかどうかの分かれ道。
よくある不満が、
・移動スピードが遅い
・エンカウント率が高い
・持てるアイテム数に限りがある
・(上記に関連して)サブクエストに敵のドロップアイテムを集める依頼が多いのに、さっき売っちゃったじゃん!でイライラ
・町へルーラ、みたいなのがない、ワープできるポイントが世界に10箇所しかない
・クエストの依頼受理・完了にいちいち事務所を通さないといけない、受理中のクエストをメニュー画面で確認できない
などなど。
それぐらい昔のゲームにいくらでもあるし、バグの宝庫、ソフト金額は1万超え、なんて当たり前でしたよ…と思うけど、いまのゲームでそれを作られるのが不満なのかも。
ちなみに、
・移動スピード→徒歩・船・飛空艇はすべて倍速にする方法がある
・エンカウント率→エンカウント率を下げる、もしくは自分より弱い敵には遭遇しなくなるスキルやアイテムがある、それ以前に逃げられる確率がすごく高い&飛行中はエンカウントしない
・アイテム数→100までは持てる
・依頼のドロップアイテム→それは「倉庫にあるよ!or持ってるよ!」→依頼完了、よりも「さっき売っちゃったじゃん!タイミング悪いー」とか言いながらまた狩りに行くのが楽しいのに…
・ワープが不便→ワープポイントにジャンプできるスキルやアイテムがある、飛空艇はどこのワープポイントにも呼び寄せられる
・クエスト依頼関連→これは本当に面倒くさい

サブクエストをちまちまこなしてると、エンディングで依頼人が町に来てくれるのでいろいろ話しかけられて楽しいです。リッケンさまが大衆宿屋にいらっさる…! アリエッタかわいすぎでメロメロ。愛☆伝道師の誘いは断った!おまえなんぞにうちのかわいいネコミミはやらん。
なんかいろいろ楽しかった!
でもたぶん合わない人にはぜんぜんだめなゲーム。

セブンスドラゴン(特典なし)セブンスドラゴン(特典なし)
(2009/03/05)
Nintendo DS

商品詳細を見る

RPG:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.18

読んだ本

最近漫画ばっかし買ってます!

「第二音楽室」佐藤多佳子
「聖夜」佐藤多佳子
前者が短編・中編集、後者が長編のシリーズ物、というよりは音楽をテーマにしたオムニバス物です。
合奏・合唱・アンサンブルとりどりでわくわくしてしまいました。佐藤さんの作品は、ナイフのようにぐさっと刺さる。高校生のときこの人の作品と出会ってたらどう読んだかなあと思う。
リコーダーアンサンブルの話が面白かった。西澤のある種の鈍感さ、この年の女の子だったらなにこいつって思うのわかる!わかるよ!って思うんだけど、こういうタイプがいい男になると思うので読みながらニヤニヤ。デュエットの話も短いさらっとな話なんだけど微笑ましくていい。
聖夜は良い話だった…! 家出以降の展開がずっと泣ける。
佐藤さんの作品は男主人公の扱いがシビアでぐさっとくる。普通の思春期物って感情移入して(自分を重ね合わせて)泣けたり感動したりなんだけど、佐藤さんの作品って自分が単なる読者で何もしてあげられないことが悔しくて泣ける感じ。
第二音楽室―School and Music第二音楽室―School and Music
(2010/11)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る

聖夜 ― School and Music聖夜 ― School and Music
(2010/12/09)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


「短劇」坂木司
ショートショートがぎっちり26編詰まってます。帯でさんざ黒いとかブラックとか煽られてますが、そんなでもなかったかな。例えるなら星新一レベルのブラックさ。嫌悪感やぞぞっと感は若竹七海さんの方がとんでもないと思う。坂木さんのはあんまり登場人物を突き放した感じがないからだと思う。
けっこう微笑ましい話も混じってました。最初の二編とか割と好みです。しかし「秘祭」はおっそろしー話だ。そりゃ裏切り者!って叫びたくなるわ。
短劇 (光文社文庫)短劇 (光文社文庫)
(2011/02/09)
坂木 司

商品詳細を見る


以下ラノベ
「ハイウイング・ストロール」小川一水
古本屋さんで見かけて思わず買ってしまいました。小川さんのソノラマ作品ってこちら郵政省特配課と千マイル急行ぐらいしか知らなくて。
ちょっと古い作品ですが、単純明快さがイイ!
世界観つかむまでは数頁かかりますが、いろんな設定を詰め込んで覚える必要はなくさらっと読めます。
空を飛ぶ浮獣を倒していく飛行機乗り(ハンター)の話。右も左もわからず突然飛行機乗りにさせられた少年の成長物語です。飛行機にもいろんなタイプがあって、タイプ別に闘い方も違うというのが読んでてなかなか面白い。
恋愛部分もけっこうがっつりで、初小川作品がお互いの恋愛感情も確認しないような超プラトニックの復活の地だったので描写にわりとびっくりした(笑)。復活の地はいまでも一番好きな小川作品だなー あの主人公のめためたな打ちのめされ具合にのめり込む。
今回は年下少年のカップリングに戸惑ったけど、サバサバお姉さんと男っぽい少年の組み合わせで、色恋よりも戦友・共闘者っぽい関係がなかなかいいです。
終盤はわりと少年漫画的な燃え展開でなかなか奇麗にまとまってて面白かった。
ハイウイング・ストロール (ソノラマ文庫)ハイウイング・ストロール (ソノラマ文庫)
(2004/02)
小川 一水

商品詳細を見る


以下まんが
「くおんの森 3」釣巻和
わーい新刊です! まさかお母さんメインで二話使うとは… 画面の使い方がやっぱり良いなー 母の背中を追っていく見開きの演出とかすごく好きです。
しかし一枚絵のセンスがありすぎる! 毎回カバー裏や中表紙、目次のデザインまで本当に楽しみです。
最初は主人公が不思議な世界の住人に巻き込まれるドタバタものだと思ってましたが、だんだん幻想物語!って感じの作品になってきましたね。モリが女の子の姿なんだけど、徹底的に女性性を排除しているというか、中性的な感じを保ってるのがいい。女の子的な可愛さで言えば、クラスメイトの桜田さんや深町さんの方が圧倒的に勝っているのがまた。というか女の子はどの子もかわいい。
「うさぎ装束」も買ったけどびーえるでびっくりした…
くおんの森 3 (リュウコミックス)くおんの森 3 (リュウコミックス)
(2011/02/12)
釣巻 和

商品詳細を見る


「マギ 1~7」大高忍
アラビア的ファンタジー。最初は主人公のキャラがつかめなくてストーリーの方向性がよくわかんなかったけど、三巻辺りでしっかりと定まってきたので面白くなってきました。
世界を旅する的な単純明快な冒険ものと思いきや、国と国との力関係や王政への疑問なんかにも踏み込んでいくのでいろいろ複雑で面白いです。週刊連載物って展開が遅いイメージがあるのですが、わりとさくさく進んでます。
カラー絵が綺麗で主人公がかわいい。女性作家にしては、キャラの造形と言うか描き分けと言うか、思いきっててすごい。モルさんがかわいくて好きです。
マギ 1 (少年サンデーコミックス)マギ 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/12/18)
大高 忍

商品詳細を見る


「ぎんぎつね 1~4」落合さより
主人公は神様の使いのお狐様が見える神社の娘。現代ファンタジーっぽいのかと思ってたけど、お狐様が見えるのは主人公だけで、内容的には女子高生の友情とか思春期の悩みとかのほのぼのものです。(ただし、あとの巻で他にも見える人が出てくる)
全然違うタイプの女の子が仲良くなる様子とか好き。ジャンプのレーベルにしては珍しい作風だ。
ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/09/18)
落合 さより

商品詳細を見る


「青の祓魔師 1~5」加藤和恵
悪魔の血を引く少年が、エクソシストを目指す話。
絵のタッチといい、キャラや世界観の雰囲気といい、好みどストライク来ました…! 読む前は現代ファンタジーっぽいのかと思ってたら完全なるファンタジーだった。ちょっと学園物っぽいところも好み。
主人公が少年漫画っぽく単純熱血馬鹿の落ちこぼれなんですが、料理が得意とかちょっと萌える。冷静沈着優等生の弟と仲がいいのか悪いのか、で結局すごく仲良いんじゃん!って感じが好きです。
あと女の子がすごいかわいい。もっと女の子出してくれー!
続きが読みたすぎる。まだ5巻までしか出てないなんて…じりじり。
青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

読書三昧:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2011

02.18

CD

MONKEY MAJIK のアルバム買いました~
westviewwestview
(2011/02/02)
MONKEY MAJIK

商品詳細を見る

癖が強くなくて聞きやすい。
eastviewと対というだけあって、ちょっとそれっぽい雰囲気もあっていい!
来月もアルバム出るんすか。マジデカ。


それと辻井さんのアルバム買ってしまたー
debutdebut
(2007/10/24)
辻井伸行

商品詳細を見る

弦にはあまり興味がないといいつつなんだか気になる。
すごく音がやわらかい気がします。他のピアニストの音知らないから比較できないけど。
亡き王女のためのパヴァーヌはやっぱし良い曲! オーケストラ版も好きですが原曲もいいですなー
しかし小学生のとき作ったオリジナル曲とか。才能の人だなあ。
一時期ニュースのインタビューでよく見かけましたが、辻井さんの周りはいい人ばっかりなんだなあーと思いました。なんだか親切にしたくなるオーラがあるよね、この人。

CDとかDVD:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack