2010/11/03

幻水


久々に幻水絵。

やっぱり坊っちゃんが一番好きだけど、4主もかなり好きです。
ラプソディアの登場がかわいすぎる。
らくがき | Comments(0)
2010/11/03

笹川美和

miwaGLITTERmiwaGLITTER
(2010/11/17)
笹川美和

商品詳細を見る


先行販売注文したのが届きました…! きゅんきゅんする…!
ちょっと後回しでまだ買ってなかったミニアルバムのmiwaTALEも一緒に買いました。
レコード店から直買いなので届いたこれが数量限定パッケージだと思います。
どきどき。

メジャーやめちゃってからネットでしか買えてない笹川美和さんのCDですが、やっぱり好きだなあ~
声の伸びと声質がすごい綺麗。
どれもいいけどメジャー3rdアルバム「夜明け」が一番好きです。
「宿るな」のどきっと具合がすごい。「桔梗」や「緑」のどきどき具合も堪んなくて、このアルバムが一番聴き返してる。
CDとかDVD | Comments(0)
2010/11/05

最近読んだ本

「こめぐら」倉知淳
ノンシリーズ短編集です。
収録一作目をなぜ「Aカップの男たち」にしたし。嫌な予感しかしなかったけど読んでみると、ブラジャー愛好会の男どもの話でした。イロモノすぎて、初倉知読者だとここで読むのやめちゃうかもしんない!と余計な心配をしました。イタタタな展開になるのがすごく苦手なので、うわーと思いながら読みましたが、設定が特殊なだけで展開はひどくなかった。よかった。
「さむらい探偵血風録」と「どうぶつの森殺人(獣?)事件」がなんだかシュールで好きです。
倉知さんめちゃめちゃ寡作だから、「なぎなた」も読んでしまうのがもったいなくてまだ目を通せないでいる。しばらく読まんでおこう。
こめぐら (倉知淳作品集)こめぐら (倉知淳作品集)
(2010/09/29)
倉知 淳

商品詳細を見る


「名前探しの放課後」辻村深月
感想をいうととりあえずネタバレになる気がする。とにかくすごい!話だった。
自分の周りから自殺者が出ることを知った主人公が、友人たちとそれを阻止しようと動く話。男女混合学生グループのなんともいえない雰囲気が好き。鉄オタくんがけっこうかわいくて好きです。
名前探しの放課後(上) (講談社文庫)名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
(2010/09/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


以下まんが
「ゴーストハント 12」いなだ詩穂(原作小野不由美)
完結です! いなださんお疲れ様~
Amie掲載時から読んでたからなんだか感慨深いなあ。絵は初期が好きだけど最終巻もけっこうかわいい。
坊さんの怒涛の謎解きをどう描くかと思いました。セリフばっかりになる覚悟はしてたけど、けっこう自然な流れで読めた。麻衣の泣くシーンが良かった…! これ、原作でもラストせっつないけど、続編読むとにやにやします(笑)。
というわけで、原作の加筆訂正済みの新装版、やっとこ発売開始するみたいですね。出版した時代とレーベル縛りでかなり文体等の雰囲気が違うので、すごい直し入るとは思いますがすごく気になります。これは買いかな買いだな。
ゴーストハント(12) <完> (講談社コミックスなかよし)ゴーストハント(12) <完> (講談社コミックスなかよし)
(2010/09/30)
いなだ 詩穂

商品詳細を見る


「絶対可憐チルドレン 23」椎名高志
子供同士が仲良し展開になっちゃうと慣れ合いでだれるかな~とも思ったけど、これはこれでおいしいし面白い。
今回ティム&バレットかわいいな(笑)。巻末おまけ漫画で、どんな理由があれ不二子さんの露出を阻止する少佐に萌えた…!
絶対可憐チルドレン 23 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 23 (少年サンデーコミックス)
(2010/10/18)
椎名 高志

商品詳細を見る


「おとめ妖怪ざくろ 1~5」星野リリィ
最近よく聞くので~と思って買ってみたら、なにこれっ萌える…!
作品としてはエニックス系列とかウィングス系のファンタジーな雰囲気ですが、少女漫画ばりの絡み盛りだくさんでたいそう萌えます。どの組み合わせもたまらんし、どの巻がいいというより全巻もれなく萌える。
中でも利劔×薄蛍はこれでもかと私のツボを突き過ぎだろう…まじで。
おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)
(2008/01/24)
星野 リリィ

商品詳細を見る


「百鬼夜行抄 19」今市子
律と青嵐の関係性が変わってちょっと緊張感… お母さんに弱い青嵐に萌える(笑)。
たまに入るおじーちゃんのエピソード大好きです。毎回ほんとに美形さんだな。おじさんの出番もまたほしいです。
とりあえずそろそろ律にフラグを立ててあげてください…
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄(19)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄(19)
(2010/10/07)
今 市子

商品詳細を見る
読書三昧 | Comments(0)
2010/11/09

読んだ本

「家元探偵マスノくん」笹生陽子
わーい、笹生さんの新刊です! 装画が純さんというのも嬉しい!が、裏表紙のバーコードの所為でなかった存在になっている田尻が憐れ…
それぞれの事情でどこのグループにも属さない子たちが集まった同好会「ぼっち部」の話です。なんというかまあ、ちょっと「イタイ」子が集まってるので、設定としては高校生よりも中学生の方が自然かな?という気もしますが、ほのぼのでよかったです。最近の児童書ってなぜかボーイズラブ好きな女の子が出てきたりするよね… いけばな王子と編みもの王子の語呂の良さに吹いた。まって普通のひとはオトメンという単語にすでについていけない
ひつじ系のおとなしい主人公が、周りについて行けずあわあわなってるのがかわいい。
終わり方めちゃめちゃかわいいんですけど…! 続きが気になるー
家元探偵マスノくん 県立桜花高校★ぼっち部 (TEENS’ ENTERTAINMENT)家元探偵マスノくん 県立桜花高校★ぼっち部 (TEENS’ ENTERTAINMENT)
(2010/11/02)
笹生陽子

商品詳細を見る


「木暮荘物語」三浦しをん
木暮荘を取り巻く人々のオムニバス短編集です。帯の紹介文とか設定から見て、もっとまほろ駅前~的などったんばったんがあるのかなーと思ってましたが、人物に癖はあれ、もうちょっとおとなしめのイメージです。とはいえ、おいおいおいと突っ込みたくなるようなことに主人公(たち)が大真面目に悩んでるのがどことなくおかしい。
一話は伊藤さんいい男すぎだろ…!と思いつつ読みました。三角関係なのになぜか男同士が仲良くなってしまう話。二話はツッコミどころしかない。というかおいぃじいさんんん…!と言いたくなってしまいますが、終わり方がなかなかよい。男性作家は書かないかな、と思います。三話はトリマーの女の子がある男性と出会う話。個人的にこれが一番好き…! 前田さんすごいいい男だしラストちょっと切ないのもよし。四話は中年夫婦の話。じわっと黒い展開ですが、読んでて嫌な感じはなかったです。五話で覗き男許すまじ…!と思いましたがその後の展開六話でなごんでしまった。なぜだ。七話は一行目読んだ瞬間、「こらー!」と思いました(笑)。女性のその後が気になります。
木暮荘物語木暮荘物語
(2010/10/29)
三浦しをん

商品詳細を見る


「丘の上の赤い屋根」青井夏海
昔有名だった売れない俳優が、ローカルFM局でのパーソナリティをやらされる話。男性視点と女性視点で交互に語られます。事件が起こったりするのは女性側の話なんですが、やっぱり男性側の話がキモというかいいな~と。
男主人公がプライドが高く、どうせ期間限定契約だしと思ってて職場やそこの人間を見下してるすごく嫌なやつなんですが、女性視点になるとその嫌なやつ具合がますます増幅されて見えるので、逆にかばいたくなってくるという(笑)。いや、こんな態度だけどけっこう頑張ってるとこもあるから!そのうちいいとこ見せるから!ってフォロー入れたくなってしまう。
最終的にお約束展開として、男主人公が自分の傲慢さにはっと気がつくんですが、そこの展開が大好きです…! こういう話、本当に好きなんだよなあ。
青井さんの創元のシリーズ好きなんですが、また創元社で本出さないかな。
余談ですがこの方の装画最近よく見ますね~ 神様のカルテとか。
丘の上の赤い屋根丘の上の赤い屋根
(2010/06/17)
青井 夏海

商品詳細を見る


「アリアドネの弾丸」海堂尊
バチスタシリーズの最新刊。一応発売日に買いに行ったんですがね、ちまちま読んでたら時間かかってしまった。
バチスタ以降、医療ミステリって嘘だろミステリしてないだろ、って言われてましたが、本作はなかなかミステリしてると思います。
病院内の不審死に端を欲し、最終的に病院内で射殺事件が起こってしまいます。それと並行していままでシリーズでよく語られてきたエーアイについてもだいぶ紙面を割いてます。
しかし海堂さんの作はやっぱり田口先生視点のこのシリーズが一番文章が面白いなあ。周りに振り回される常識人の主人公、って構図はよくあると思うんですが、田口先生が新人のペーペーじゃなくて一応それなりの地位(?)があるのが面白いところかな、と思います。
今回は田口先生が不本意な出世をしちゃうわ、いままでのシリーズのキャラがいろいろと集結してるわでどたばた感があって面白かったです。ラスト、院長の狸っぷりに吹きましたが、黒幕との二段構えが面白かったです。田口先生ご愁傷さま…
アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


以下まんが
「町でうわさの天狗の子 7」岩本ナオ
この巻で進級もしたし、修行も新たな段階に入ったしで、大詰めというか本筋というか、これから大きな展開に入っていくのかな~とどきどきします。
毎回、瞬ちゃんがかっこいいなーとは思っていましたが、今回いままでの巻でいちばんかっこよかった…! もう7巻=瞬ちゃんの巻でいいだろうまじで。ときめけ秋姫!
しかし金ちゃんやっぱいい子。
町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/10/08)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


「水面座高校文化祭 2」釣巻和
1巻読んだときは、くおんの森の方が好きかな~と思ったんですけど、やっぱり釣巻さんのオムニバス形式面白い…! 今回は気になるキャラがいっぱいでした。
たいやき少女も可愛いし先生たちの話もなごんだし、中でもノブさまがかわいいぃいいい…!
こっちの方がくおんの森より刊行早いんでしょうかね。次巻も楽しみです。
水面座高校文化祭(2) (アフタヌーンKC)水面座高校文化祭(2) (アフタヌーンKC)
(2010/11/05)
釣巻 和

商品詳細を見る


「京洛れぎおん 1」浅野りん
最近浅野さんの著作チェックしてなかったんですが、こんなの書いてたんですねー
天外レトロジカルが途中までしか読んでなかったので、また揃えてみようと思います。
天外~が意外とおとなしめの作品だったのに対して、京洛れぎおんは初期みたいなどたばたギャグっぽい感が好きです。
不思議なものが見える少年がスカウトされて変な組織で化け物退治をする話です。関西弁で進むのもテンポがよくってなかなか好き。
浅野さんのは振り回され系少年+マスコット系少女ってのがもう鉄板ですね。
いままでの能天気系と違って女の子の方がちょっとツンデレっぽいのがかわいい。
京洛れぎおん(1) (ブレイドコミックス)京洛れぎおん(1) (ブレイドコミックス)
(2010/03/10)
浅野りん

商品詳細を見る
読書三昧 | Comments(0)
2010/11/09

更新ではない

更新ではないですが。
コンテンツ名、微妙にわかりにくくないかな~と急に気になってしまったので、ほんのちょびっとですが変えました。
見やすいサイトを目指してますがなかなか難しいもんです。
更新 | Comments(0)
2010/11/10

朧村正 プレイ感想

朧村正クリアしました~! 面白かった!

アクションゲームですが、ジャンプの仕方と攻撃ボタンさえわかってればとりあえずなんとかなるので、私でもさくさくクリアできましたー
いままでやったゲームの中で、一番グラフィック好きかもしんない…! オーディンスフィアも良いけど、あっちはがっつり隙なく!って感じのグラフィックなので、いい感じに「抜き」があるというか、季節とか時間とか感じる朧村正のグラフィックすごく好きです。一番好きなのは黄昏のススキ野原…!なんですが、白夜っぽい感じの雪景色も好きだし、雨の林も好きだし、お城なんてわくわくするし、遠景いいよね!みたいな。
キャラは鬼助いいな鬼助…! 背の低い少年だけど超絶クール!というギャップに加え、実は色恋沙汰に弱いという二重ギャップ…(でも居直ったら最終的に超かっこよくなる) 吉野さんの声が魅力アップさせてると思います。
百姫も声いいなあ。百姫陣九郎のしゃべり方がクールでかっこいい。
キャラクタのセリフ回しがちょっと固いけどそれが世界観出てていい…!
あと温泉鉢合わせとか。なにそれかわいい。鬼助ひどい(笑)。

ストーリーは、
百姫編→悪霊に身体を乗っ取られた姫様の話
鬼助編→記憶喪失の忍と姫様の話
で、それぞれノーマルエンドと2ndエンド(お互いの主人公とストーリー交差)と朧村正エンド(IFエンド)の3種類あります。三つめは朧村正っちゅー刀装備が条件なんですが、これ、レベル上げないと体力とか足りなくて装備できないからレベル94ぐらいまでお預けなのよね…という。でもレベルさくさく上がるのでそんなに苦でもありません。身体能力上がる装備で装備出来ちゃうし。
最初のエンディングまではそれぞれ10時間ぐらい。ぜんぶ見るとそれぞれ+2~3時間ぐらい?かな。
刀ぜんぶで100本かと思ってたら108本でした。…なるほど!

エンディング感想としては、百姫編は2ndエンドがいいな! ナレーションの雰囲気変わりすぎる。あれでいいのか?(笑)
紺菊がちょと切ないがかわいい。
朧村正エンドは、雪之丞の性格が悪すぎる… 百姫、そんな男でいいのか、考え直せ!
鬼助編は、ストーリー展開から行くとノーマルエンドがいちばん自然でいいかな。せつないがそれも良し。余韻があってよい。弓弦葉いい子すぎる。
2ndエンドはせつなすぎだろ…! 吉野さんの声よすぎて涙を誘う… でも百姫は鬼助の2ndエンドが一番好きです。ちょっと強気な感じがかわいい…!
IFエンドなのである種邪道だけど、朧村正エンドもいいよね!
ある意味でこれがいちばん王道エンドかな。鬼助オトコマエすぎる…!(笑)

※後日追記
百姫エンドの解釈を間違えていた…
うん、でもやっぱり性格わるい。

朧村正(特典無し)朧村正(特典無し)
(2009/04/09)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


大神とかもそうだけど、あえてリアルを追求せずにデフォルメ志向のグラフィックって好きだ~
オーディンスフィア詰まっててクリアできてないけどまたやろうかな…

増える一方の積みゲー…
ARPG | Comments(0)
2010/11/17

文更新

現代短編「おたがいさま」更新しました。
ありがち設定で一本。
ヒーローはかっこよく書いてないです。
更新 | Comments(0)
2010/11/18

オーディンスフィア プレイ感想

オーディンスフィアクリアしましたぁあああ!!
超・詰まってましたが頑張って再開してみた。
面白かった。面白かったっていうか…もう、そんな言葉ひとつで済ませていいのか。
エンディングまでは約60時間です。前半もたついたのと丸々二周したキャラが二人いるからなんですが。普通にやればキャラ一人に8時間ぐらいかなあ?
バッドエンド・叙事詩エンド・固有イベント制覇すれば、+2時間ぐらい。

予言における世界の終焉を控えた、主人公5人のオムニバス形式の物語。基本的に王子王女の話。
グウェンドリン編→コルネリウス編→メルセデス編→オズワルド編→ベルベット編→世界の終焉(ラスボス戦)、という順でプレイします。
セリフ回しが大仰なのと芝居っぽいのが世界感つくってていいかな~と思います。叙事詩っぽい不思議な情緒がある。
しかし男性陣ポエマーすぎて吹いた。
朧村正と同じく2D形式の横スクロール型アクションRPG。武器レベルとHPレベルがあり、前者は敵を倒した後のフォゾンを吸収することで、後者は食べ物を食べることでレベルを上げることができます。

とにかくグラフィックが美しいぃいいい!
森とかもう、色がきらっきらしてて見てて楽しいです。グウェンドリン冒頭の王城のシーンでは、あまりの美しさに息を飲みました。各所の空の色と雲の動きがとにかくたまらない。
キャラもかわいくて、食べ物食べるときのアクションとかたまりません。熱いものはフーフーして食べたり、食後はナプキンで口をふきふきしたりしてかわいい。オズワルドはさすがにしてなかった(笑)。あと、ベルベットのアクションがあんなにかわいいデザインなのに妙にせくしー。
それから処理落ち激しいぃいいい!
死の女王戦は処理落ち上等です。ボス戦はザコをどんどん召喚するので処理落ちしやすくなりますが、処理落ちで動きが鈍っていると焦らずにすむという(笑)。

セーブデータを見ると、とりあえず1年に1回は起動していたようだ。メルセデス編で3年ぐらいさまよっていました… メルセデス編以降、急にアクションが難しくなります(主観)。剣をぶんまわしていればいいコルネリウス編が一番楽だった。プーカかわいすぎる。でも慣れるとベルベットすんごいコンボ出る。
攻略を調べてみると、イージーのクリア推奨レベルが40~45になってて絶句した… え、ノーマルで30ちょっとしかないんですけど。久々でプレイ感覚&ストーリーを思い出すのを兼ねて、グウェンドリン編とコルネリウス編もう一周してきましたよっと。それとメルセデス編でレベル上げ。あと難易度をイージーに!
アクション苦手なのでもう無理じゃん…!って思いながらプレイしてたのですが、メルセデス編6章で戦闘のコツに気付き(いまさら)、オズワルド編6章でレベル上げのコツに気付きました(超いまさら)。

ストーリー良かった…!
メルセデス編でじーんとした…! 明確なキャラ成長ものってメルセデスだけなので、終章でなんかいろいろ込み上げます。
オズワルドもなかなかいい。グウェンドリン編の裏版的なものが見れます。
ベルベット編が一番展開びっくりした。せつないなあ…
基本的にみんな、親や身内に人生振り回されて(っていうか狂わされて)るので、けなげだったりせつなかったりで感情移入してしまう。

世界の終焉&叙事詩エンドがもう…!
すべての伏線、個々の物語、そして題名までもが収束してひとつになる感じ、うおおおと感動しきりです。
終焉&エンディングのすべての演出、グラフィックの美しさ、ストーリーのせつなさと美しさにもう涙だだ漏れ…!
すごいなあもう、このエンディングのためにすべてはあったんだ!って感じです。
最初は芝居を見ている感覚でふんふんとストーリーを追っていたのですが、エンディングにたどり着いたころには感情移入しまくってます。どの子もみんないい子…! 終焉の最初のボスは誰で挑んでも泣ける…
スタッフロールもデザインが美しいわエンディング曲の挿入タイミングが神すぎるわっていうか神曲すぎるわ、ラストの一枚絵で涙が出るわ。
ちなみに男女の組み合わせではメルセデス&イングヴェイが一番好きです…!
単体ではグウェンドリン、見た目はコルネリウス(プーカ)が好き。声はベルベット。


↓おまけで個人的なコツ
★戦闘のコツ
スキルをじゃんじゃん使いましょう。
スキル等を使えば、プレイヤースキルが低くてもなんとかなるということに気づけば光明が見えてきます。
右見てサイクロン→左見てサイクロン→フォゾン吸収、の繰り返しでけっこうなんとかなります。被ダメが少なくなるので戦闘ランクSもとれておいしい。
ボス戦はペインキラーを飲んでボコる。攻撃力2倍のスキルも使いましょう。被ダメやザコ敵が増えてきてパニクったら、とりあえず姿を消しましょう。それから落ち着いて回復。姿は消えててもスキルは当たります。
★レベル上げのコツ
種はコールフォゾンで育てる。実の方は調合時にけっこう便利。
積極的に調合をするとフォゾンを稼げます。掛け合わせで数字の高いマテリアルを作っておくと、調合時のフォゾンがかなりおいしいです。
武器レベル優先で、HPレベルはあまり拘泥しなくていいっぽいです。
↑我流ですがこんな感じでとりあえず乗り切りました…!
これに気づくまで、プレイヤースキル低くて被ダメージ多し→ステージボスまでにアイテムがもたない→ステージの最初からアイテム回収やりなおしという嫌なループが…

オーディンスフィアオーディンスフィア
(2007/05/17)
PlayStation2

商品詳細を見る


このゲーム、一度見たイベントはいつでも再生出来るのが嬉しすぎる。しかもフルボイスだし。
エンディングまで長くつらいですが、エンディング見るためにプレイするだけの価値があるゲームです。
すばらしかった。

ところで朧村正の百姫と虎姫の声って、オーディンスフィアのメタ的なキャスティングだったんですね!ってことにいま気がついた。
ARPG | Comments(0)
2010/11/20

ボーカロイド。

どうということのない話。

ボーカロイドっていまだにあんまりよくわかってないし派生キャラに至ってはまったく把握してないし初めて話題に触れた当初はまったく意味がわかりませんでしたが、面白いなーと思います。UTAUもあんまわからんけどすき。

ミクというアイドルがヒットしたのではなく、ミクという音声合成ソフトがコミュニケーションツールとしてヒットしたというのが面白い。
音楽を作る人、絵を描く人、動画を作る人、歌う人、果ては踊る人まで、いろんなクリエイターやそれ以外の人たちがミクという共通のツールによってコミュニケーションをとっているというのがすごいし楽しい。
誰かが作った曲に誰かが絵や動画をつけてそれを誰かが歌って、というのが一通りじゃなくていろんなパターンで出てくる。それでまたそれぞれの人にファンがついたり、その人たちがコラボで作品を作ったりする。
ボーカロイドがはやってるのはそういうことなんだなあと思います。

ちなみに3DモデルはLat式ミクが好きです。かわいい。
未分類 | Comments(0)
2010/11/23

グリムグリモア プレイ感想

この際、ヴァニアウェア三昧で頑張る…!
ということで詰まってたグリムグリモアクリアしました!
さっくりクリアできるので10時間でいけます。まあ私は12時間かかりましたけど…
一気にクリアするのが吉。間を開けると戦闘の仕方を忘れます…(←最初からやり直した)

主人公リレは魔法学校の新入生。
5日目に魔王復活により学校(塔)内の者は皆やられてしまうが、なぜかリレだけは5日前に遡って難を逃れる。魔王復活も最凶悪魔の封印解放も回避した最良の未来を得るために、リレは終わらない5日間を繰り返す。という物語。
魔法学校で新たな召喚陣をどんどん学んでいく、というすごくツボな設定です。
ジャンルはリアルタイムシミュレーションというやつです。召喚陣をじゃんじゃん描いて精霊や悪魔をじゃんじゃん招いて敵の召喚陣や精霊たちを殲滅するシステム。リアルタイムもレベル概念無しも苦手でシミュレーションも不得意、というお粗末な私は2回目の5日間で詰みました…
ということで難易度easyやsweetを駆使してクリア~ 難易度はいつでも好きに変えられるし好きなイベントにいつでも戻れるしラストまであとどれぐらいかわかるし戦闘が気に入った人にはストーリー外のプラクティスがたくさん用意されてるし、とても親切設計。
個人的に戦闘がすっごく苦手だったので気力を使っちゃって戦闘終わるごとに小休憩入れないと駄目でしたが、とにかくストーリーが面白くて、この物語を終わりまで見たいがために頑張れました。
いやーしかし、ヴァニラウェアはほんとシナリオが良い。

キャラは生徒もいいけど、先生のキャラデザがどれもすごく好きです…!
グラフィックも綺麗で、基本止め絵なんだけど呼吸してかすかに動いてるのがいい。背景も綺麗で、冒頭のガンメル先生の部屋の星座が白鳥やユニコーンになって飛んでいくのがすごく好きです。
キャラは生徒ではアマレットが好きなんですが、最後までやると本当に主人公のリレが堪らない…!
終わらない5日間を繰り返すのがリレだけなので、頼れるのは自分ひとり、最初は泣きごとを言っていても、そんな場合じゃないのでどんどん精神的に成長していくのがかっこいい。特にエピローグのリレがすっごいしたたかで大好きです。それも単に図太くなったんじゃなくて、二度とない自分だけの5日間を過ごしたからだ、ってのが心にあるところがいい。

先生は、アドヴォカート先生が好みどストレートでした…! お声がいいので塩沢さんかと思ってしまった…このゲーム2007年発売だった…そんなわけはなかった…
悪魔で先生ってのがたまらんです。キャラデザや表情や一瞬垣間見える本性も好きだし声は言わずもがな。この悪魔!って言っちゃうときもあるけど、基本的に最後までリレが先生って呼んで敬語を崩さないのが好きです。先生もしゃべり方が終始紳士的なのが好きです。
ストーリー内でもこのアドヴォカート先生が曲者で、卑怯で利己的な悪魔なんですが、回を重ねるごとに違う印象になります。それも、良くなったり悪くなったり複雑なところがいい。
先生だし悪魔だしでリレもたじたじなんですが、最終的に対等に渡り合うところまでいくのがほんっとニヤニヤした。
オパールネラ先生は終盤可愛かったです。
ハイラムはクサすぎて素で吹いた。

未来をどう回避するか、っていう主人公の試行錯誤がほんとに面白かったです。

グリムグリモア(初回生産版:崎元仁氏プロデュースサウンドトラックCD封入)グリムグリモア(初回生産版:崎元仁氏プロデュースサウンドトラックCD封入)
(2007/04/12)
PlayStation2

商品詳細を見る


ヴァニラウェア、次はなに作るのかなあ…
SRPG | Comments(0)