2019/05/15

ゼノブレイド プレイ感想

ゼノブレイド (new3DS)

Wiiの移植版ですね。出たころに買ったはずなんだけどやっとクリアしました~!
内容は移植前と変わらないと思います。システム周りが若干整理されてるぐらいかな?
やれることがとにかく多いので、やる気が飽和してしまって2回ほどだれてしまった
クエストをやってたりすると100時間ではクリアできないと思う…
携帯機なのでさすがにキャラモデル等少しにじんだ感じにはなってますが、携帯機でこれだけのクオリティとボリュームのゲームが出来るのはスゴイ!
時限の討伐クエストはいくつか逃しましたが、それ以外のクエスト(二者択一クエストはどちらか)は全部やって、好感度も全部上げてキズナトーク全部見ました!クエストやり込むとラスボスが雑魚!

・概要とか
ゼノシリーズの一作になるのかな。
ゼノサーガは3をまだやってませんが、内容はまったく繋がりはない感じ。サーガの方に鬼軍曹なモブがいるのですが、同じモチーフのモブがいるぐらいかな。
ゼノシリーズってそれぞれの内容は繋がってないので、同じ設定だとは思うんだけど、同じ宇宙の中の別の星の話ってぐらいの認識でいいと思います。
ゼノブレイドでは、巨神と機神という二柱の神がかつて戦い、その骸の上に育った大地に人が住んでいるという設定になっています。巨神界では人(ホムス)等の有機体が住み、機神界には機械が住んでいます。
そしてその二つの世界の間で争いが起こっており、戦争が激化して主人公たちの日常が脅かされるようになります。

・プレイ感とか
設定とか世界観はとても良かったのですが、ストーリーはちょっと期待しすぎてしまったなあ…っていう印象でした。
とにかくもっと、SFでハードなものをイメージしていたのですが、プレイしてみるとかなりラノベっぽいストーリーでした。(初めから王道少年漫画みたいなものを期待していれば、満足できると思います)
キャラデザがリアル寄り・序盤の展開がかなりハードな感じだったので、こういうヒリヒリしたハードな作品なのね…?と思ったらそうでもなかった。ストーリー上犠牲になるキャラもいるんだけど、予定調和というか犠牲になる予定のキャラが犠牲になったというイメージなので、キャラの感じる「理不尽な運命」感に同調できなかったな~という感じ。
あと根底にSF要素はあるんだけど、打開の仕方が結局「心の力」「絆の力」頼みでリアリティがないので、そのあたりもラノベっぽく感じる原因だったかな。
えぐい設定も盛り込まれてはいるんだけど、キャラの価値観や倫理観が、このハードな世界によって培われている感じがしないというか…(価値観がわりと平和)
(この路線であるなら、ゼノブレ2のキャラデザがラノベっぽくなったのも納得がいく)
声の演技がキャラデザに合わせてリアル寄りだったのと(アニメっぽくない)、萌えやエロが無いのはすごく良かったです。(セクシーなお姉さんはいるけど、性的な要素が会話に出てきたりすることはない)

フィールドはめちゃくちゃ良く出来てて、世界を探索するという感覚は120%満足でした!
いろんな生態系があったり、昼夜天気で敵や景色が違ったり、というのがたくさんあって楽しかったです。
特徴的なのが神の身体の上に大地があるという設定なので、神の腰を通って腕を目指す、みたいなワクワク感と立体感があってすごく面白かったです。フィールドによっては高低差がものすごくて酔いそうになった…
装備も見た目が変わるのは楽しかったのですが、終盤の頭装備とかになるとゴリゴリの兜みたいな感じなのでみんな弱い装備をしてしまっていた…
重装備・中装備・軽装備の3パターンがベースになってるのは良かった!ダンバンは意地でも軽装備でしたね…(かっこよいので)
コレクター要素がいろいろあるのも楽しかったです!フィールドのアイテム一つ一つに説明があるので、アイテム図鑑的なものが好きな人にはたまらないかも。

・システムとか
戦闘に癖があり、コマンド式RPGがメインの人は戸惑うかも。いわゆるMMO基準なのかなあ…という印象を持ちました。
戦闘はオートで攻撃します。技はコマンドなので、ゲージが溜まると選んで攻撃という感じ。オートなので…と思っていたら意外と忙しいイメージです。敵によっては、崩す→転ばせる、という手順を踏まないと攻撃が通らなかったり、気絶させる場合は転ばせる手順を踏んでからでないと駄目だったり、流れを理解するのに少し時間がかかるかもしれません。
個人的には、技の種類が多いのが難しかったかな…たくさん覚えるわりに装備しないと使えないのでどれを選べばいいのかわからなくなってしまったり、本当はメンバーによって組み替えればいいんだけど頻繁にメンバー変えてるとそうもいかず…という感じです((好感度上げのため)。
あとメンバーにわりと偏りがあるので、回復系キャラがもう一人いたら良かったな~という感じはある。
戦闘が難しくてクリアできないということはないと思います。レベルを上げればちゃんと対処できる。けっこうレベルというのが重要で、相手よりレベルが低いと攻撃が当たりにくくなり、レベル差がありすぎるとミスばかりでろくに攻撃できなくなります。
適度にクエストこなしてると適度に上がるのでそんなに苦労はしませんが、ラスダン前のタイミングで受けられるクエストの敵はレベル高いのばかりで(ラスボスより強い)、その時期のレベル上げがけっこうめんどくさいかも。

クエストは面白かった~!
収集あり、討伐ありの多種多様ですが、クエストをこなすと人間関係がどんどん変わっていくのが面白いところ。
たくさん話しかけてたくさんクエストをこなすと、人間関係が改善したりどんどん繋がっていったりするのが楽しかった。町人によって活動時間が違うので、いろんな時間帯で探し回るのがめんどくさくて面白い。

ぐいぐいストーリー進めたい人よりも、たくさん寄り道したい人におすすめのゲームかなと思います。
RPG | Comments(0)
2019/03/16

FF4TA プレイ感想

ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション (PSP)
FF4本編+モバイル展開してた続編のジ・アフター+つなぎのおまけエピソードが入ってます。
パッケ絵好きだな~
ボスラッシュで止まってたのでクリアしました~買ったのはわりと出たころだったはずなんですが…

【FF4】
全編ドット絵(続編の方も)なのが懐かしくていい感じ。
SFC版を1回クリアしたことあるだけなのですが、キャラも覚えてたしなにより隠し通路とか全部覚えてたわ。
GBA版も買ってたのですが、やる前にPSP版が出てしまったのでそっちはやってない…DS版が難易度鬼だったらしいのですが、PSP版は基本SFC準拠なのかな…?
ドットが書き直されてる(顔グラも)なのがちょっと馴染めなかったのですが、モンスターのドットは良かったのと続編の方はそんなに気にならなかったので、初めてプレイする人は気にならないと思う。
主人公はずっとセシルなのですが、各キャラのエピソードに焦点を当てていくのと、進行に合わせてパーティメンバー変わっていくのが好みで昔から好きだった。
レベル1の冒険者じゃなくて、ある程度レベルのある軍人から始まるのがなんか(SFCプレイした時)新鮮だったな~
ラストメンバーは固定だったような気がするのですが、PSP版は好きなメンバーにできるはず。
アクティブタイムバトルなのでバトルスピード下げてもけっこう焦ります。(行動ゲージが溜まった順に行動できる。カーソル動かしてる間も時間が過ぎる。アイテム等のコマンド選択中はウェイトにもできる)
ラスボスめちゃくちゃ強くて、SFC版のときこんなに苦労したっけ…??って思いながら頑張った…
(リディアはどうしても生き残らないので諦めた)
ちょっとレベル上げしてクリア時はLv.54、プレイ20時間ぐらいです。

【インタールード】
続編までのつなぎの話。
ダンジョンに潜るのと、セシルに息子が生まれたぞ~!ぐらいしかなかった気がする。

【ジ・アフター】
FF4の続編。
セシルの息子・セオドアが主人公で、成長後のパロムポロムとかヤンの娘とか、次世代が頑張るのが楽しかった。
あとカインめっちゃ優遇されてた(笑/準主人公かな?)
男女の組み合わせはエッジとリディアが好きなのですが、パロムとレオノーラも可愛かったな~~
バトルの新要素としてはキャラ同士の協力技がある、月齢によって魔法が強い・物理が強い状態が変化する。
オムニバス形式になってて、各2時間程度ですがいろんなエピソードがあって面白かった~!
各エピソードのクリアデータを残しておかないと、集結編でデータ引継ぎできないので注意。
各裏ボス?とか倒さなくていいや~とさくさくやってたら、集結時にレベル20~30ぐらいしかなくて泣きを見ましたね…
レベル40ぐらいあるのが黒衣の男しかいなくて、レベル追い付くまでひたすら盾になってもらっていた。
集結後はひたすらボスラッシュです。(過去作のボスまで出てくる)
途中でちょこちょこ会話イベントがありますが、データ引継ぎしないと出ない会話があったり、ボス戦で特定のキャラがいないと離脱キャラが出てしまったり(当然その後の会話にも出てこない)があるので、確認しておくのが良いですね。
(リディアも下手をすると召喚獣が仲間にならなくなります。私はシヴァを逃した…)
セシルが会話に参加するのがけっこう終盤なのですが、今作は兄さん兄さん言いまくっててかわいかった(笑)

・以下戦闘感想(飛ばし読み推奨)
レベル低かったので、ボスラッシュはスロウ+ブリンク戦法をひたすら使っていました…
各エピソードの仲間キャラ大集結なので好きなメンバーで組めるのですが、結局前作のラストメンバーが使い勝手好い(というか好き)なのでそれになってしまった。
エッジは(ラスダンで手に入る)武器使用でブリンク要員とヘイスト要員になれるし速いのでお役立ち。
最終的にはセシルよりも息子の方が補助魔法の面で使い勝手好いことに気付いて入れ替えました。
私のメイン火力はリディアのリヴァイアサン(orバハムート)、カインのジャンプ(orセオドアとの協力攻撃)で乗り切りましたね…

アーリマン戦の死の宣告だけどうにもならなかったので、ギルバートの隠れる戦法使いました。
かくれる→全滅後に現れて生き返らせる→再度かくれる(死の宣告中のキャラがいればヘイストしか使ってこない)
ただギルバートのレベル17しかなかったので気休め程度に30までレベル上げました。

バハムート戦レベル低すぎて開幕メテオで全滅して茫然としました。
セオドア・ローザがレベル45、エッジ・カイン・リディアが53ぐらいです。
月齢変えて再挑戦。(上弦)
開幕とメガフレアで2人しか生き残らないので、ひたすらフェニックスの尾で生き返らせる→ローザでスロウ→隙を見てカインのジャンプとリディアのリヴァイアサン→エッジとセオドアはフェニ尾とエクスポーション係(余裕がないときはセオドアは見捨てる・余裕があればセオドアでレビテト)→メガフレア前にカインとエッジだけは全快させる(他はどうせ死ぬ)
って感じでこのまま(レベル上げしないまま)ラスボスまで行きましたが、まあ何とかなります!(スロウとシェル重ねがけ必須)
RPG | Comments(0)
2019/03/04

セブンスドラゴン3 プレイ感想

セブンスドラゴンIII (3DS)
初代プレイ感想
2020プレイ感想
2020-IIプレイ感想

・ストーリーとか
3はシリーズ完結編。クエストコンプ、ドラゴン討伐コンプ(クリア後要素・DLC以外)で40時間ぐらいでした。
前作の80年後で、序盤は戦闘シミュレーターの戦闘なので平和になった?と思いましたが、竜の襲来がありやっぱりいつも通り竜を倒していく感じです。
今回は、すべての真竜の検体を分析して襲来する竜に対抗する、という目的の下に動きます。科学力で時間を飛び越えて過去や未来に行くので、過去シリーズの世界が繋がっていく感じがあり、過去作のボス(真竜)とも戦います。
2020の絶望感に比べると、竜による病の氾濫があるとはいえ全体的に明るい感じはする(クエストも鬱っぽくないし)。
ただし終盤はその落差で絶望感盛ってくるのと完結編にしてタイトル回収されるのが良い。
熱い展開・共闘感は2020の方があったかな~
今作は時代を超えられるので他の時代のキャラが仲間になる・マップのマンネリ感がないところは良かったんだけど、仲間キャラってアドバイザー的な感じであんまり共闘感なかったんだよね…

・システムとか
システムは新要素があって、サブパーティがアシストを使える(バフ・デバフや回復等)のでボス戦重宝した…(特にデュエリストの状態異常回復)
また、ボスが強化した際にサブメンバーにバディ攻撃をさせてブレイクさせないと、攻撃が通りづらかったり大ダメージを受けてしまったりします。ただそれもターン経過がないと使えないので(そしてアシストを使うとゲージが減る)使いどころを考える必要があります。
とはいえ今回アシストが優秀・補助技使えるジョブが多い・再行動が便利・奥義が壊れ性能なので攻略はしやすい。
むしろ大技使われる前に短期決戦で挑む方がいいかも。(毎ターン全快するので1ターンで倒さないといけないボスもいる)

ジョブは今回もよりどりみどりで楽しかったけど、アシストのこともあり最低でも3パーティキャラ登録しないといけないのはちょっと面倒くさかった。
私、メインはサムライ・ルーンナイト・エージェントなんですが、サブのデュエリスト・ゴッドハンド・フォーチュナーの方が明らかにバランス良かったですね…
どのジョブもスキル次第でメインアタッカーになれるのが面白かった。
サムライとエージェントは再行動条件がかなり優秀なので、サムライはボス戦でほぼ毎ターン再行動、エージェントは再行動中に再行動条件を満たして俺のターンできるの楽しい。
ルーンナイトは運用が下手で持て余してた(回復要因)んだけど、スキルが充実してくると挑発→ドレイン回復とかすればいいのか~とわかってきました。ライフ消費の技があってどう使うんだ…と思ってましたが、ライフが低いほどダメージを与える攻撃があったりしてわりとトリッキーなジョブかもしんない。
あとデュエリスト楽しかった。迎撃技(罠)が使えるので攻撃を選択しないターンでも攻撃できる・発動条件がちょっと面倒だけどジャッジメントターンが壊れ性能なのですげー楽しい。

クエストは最終章までに全部こなすの推奨。
ラウンジのLv.3改修を最後に残すと最終章前にイベント起こせないので先に改修推奨。
とはいえどっちも最終章に入ったらこなせないということではないです。ないけど先にやってほしい…
ラウンジのデートイベントかなり恋愛に振り切ってますね!?って感じだった(笑)。前作はどうだったかな…
ユウマの押せ押せ感とサイラスの恋愛してる感とチカちゃんのいじらしい感はデート良かったよー
あとクエストの方で2020プレイ済みだとすごい感慨深いキャラがいましてね…(泣く)
RPG | Comments(0)
2019/02/05

ゼノサーガ2 プレイ感想

ゼノサーガ エピソードII (PS2)

サブクエとか寄り道しまくって38時間ぐらいでした。
(寄り道なしだと32時間ぐらい?でLV.41)
ムービー容量のせいなのか、10時間ほどでDISC2になってびびりました(笑)

・概要とか
ストーリー的には1が第2ミルチアに行こう!→2が旧ミルチアに行こう!という感じでたいして進んでいません。
なにやら勢力がいろいろといるのと、目的に向かう途中で邪魔が入って~展開を繰り返しているのがプレイヤーの混乱ポイントかも。
あと今回は過去編がメインで、2はJr主人公回では…?って印象がありました。
掘り下げや人間ドラマが中心になるので、キャラは1よりも理解しやすかったかな。
キャラに感情移入しやすくなった一方で、背景の壮大なSF設定がかすんでいるというかよくあるファンタジーになってしまってる気がする。SF原理的な演出になる部分がファンタジー(ふわっとしてる)処理されてる感じ。

批判ばかりされているゲームですが、個々の要素はそんなに悪いと思わなかったです。ただ、ことごとく食い合わせの悪さが目立つので、要素同士がケンカしている…

・キャラとか
キャラモデルが大改造されています。批判の主な部分はこれなんですが、1に思い入れある人ほどダメかも。
グラフィック自体は悪くないです。背景も綺麗だし、丁寧に作られている。キャラモデルも少し癖はありますが、見慣れればこれも悪くないと思う。(私は1のキャラモデル眼がデカすぎてちょっと苦手だったのもあるかも)
ただ、1のモデルと完全に方向性が違う上に(1はアニメ系、2はリアル系)元々のキャラデザがアニメ路線なので服装や髪色がリアル系モデルと食い合わせが悪い。服装チェンジ後と男性キャラはそこまで気にならなかったです。新キャラ(カナン)とかは全然OKだったけどKOS-MOSだけは最後まで慣れなかったな…
声優さんは相変わらずすごく良かったです! 1に引き続きキャラモデルの表情がわかりにくいので、声に感情表現を頼ってる感はありますが。
それと機体のデザインとグラフィックの方はめちゃめちゃカッコイイと思う…

パーティキャラは(ジギー以外は)いろいろとストーリーのキー的キャラばかりなので、キャラそれぞれの立ち位置とか楽しめて面白かったです。
今回はJrとアルベドの過去(とモモ)にかなり焦点が当たっていたので、そのあたりに興味がある人は面白いと思う。モモちゃんとママの関係の描写とかすごく良かった!
ケイオスくんも良かったな。
1だとケイオスくん空気っぽくてよくわかんないキャラでしたが、Jrやジンとのやり取りで好感持てた。
シオンも1は何考えてるかわかんなくて苦手でしたが、2の終盤とか心の動きが理解しやすくて感情移入できました。(3でまたヤバいという話も聞くけど…)
アルベドも、1では自分が死なないから痛みを求めたり他人の死をもてあそんでみたりするのかな、と思ってましたが、2だとまたちょっと印象が変わりました。Jrへの愛憎渦巻く感情とか、山ちゃんの声がはまってるのもあっていいキャラだな~と思います。

・システムとか
戦闘システムがガラッと変わってわりと戦略の必要なシステムになってます。
システム自体は面白いと思うんだけど、装備品・ショップ無しとスキルシステムの要素とケンカしてる。
戦闘(特にDISC2から)は雑魚戦でも時間がかかる上に、装備品を買って底上げするということもできないのでさくさく進まない。回復アイテムも宝箱か敵ドロップからしか手に入らないので、やりくりが難しい。
敵を倒すとスキルポイントが溜まってスキルを覚えられるんですが、覚えるスキルの種類を開放するための上位ポイントがあって、そのポイントはボスキャラからしか手に入らないという鬼畜さ…(スキル稼ぎができない)(一応他にも手に入れる方法はあるのですがかなり限定的)

戦闘は敵の弱点にコンボを叩き込んでブレイクさせないと、ほとんどダメージが通りません。
そのコンボも、ブーストを使ってキャラからキャラに攻撃を繋げていかないと途切れてしまうので、技ゲージを溜める→ブーストゲージを溜める→コンボを繋げる、と準備に何ターンもかかってしまいます。
これが上手く決まるとダメージがどんどん入るから面白いんだけど、ボス戦だけじゃなくて雑魚戦もこれやるの疲れるよねっていう…
(ちなみにけっこうわかりにくいけど属性コンボが重要で、コンボ無し→2桁、普通のコンボ→3桁、属性コンボ→4桁ぐらいダメージに開きがある)

あと戦闘中キャラの入れ替えできるのは好きなんですが、キャラごとの属性が多すぎて混乱してしまう。遠距離/近距離・打/斬/突・これに属性が加わります。マークで書かれてるからぱっと見て判断できない上に、キャラごとに攻撃レンジが違うので敵の弱点を調べて合うキャラをぶつけないといけないっていう…
上手くかみ合う攻撃持ちのキャラをぶつけると雑魚がさくさく倒れることがあるので面白いのですが、ここでスキルシステムが足を引っ張ってしまう。全キャラ平等に使うとスキルポイントが全然足りないので使うキャラを限定した方がお得という…

他にもモブの依頼を受けるサブイベントがあります。
30ほどあるのですが、モブ同士の人間関係がわかったりして面白かったな~軌跡シリーズのモブの話とか好きな人は好きかも。あと期間限定がないのも良かった。
ただこれ、クリアしないと手に入らないスキルや技が多いので、人によってはただの消化試合です。あと惑星を行ったり来たりするイベントは移動ムービーも入るのでめんどくささ倍増。

クリア後はハカセイベントが追加されるのでもうちょっとやろうかな。
RPG | Comments(0)
2019/02/05

ゼノサーガ1 プレイ感想

ゼノサーガ エピソードI (PS2)

ゼノサーガ三部作、全部プレイしてから感想書こうと思ったけど、2までやるのに何年もかかってしまったのでここで書いておきます(3をクリアするのがいつになるかわからない)
44時間Lv.38でクリア

・ストーリーとか
ゼノギアスの一万年前の星間戦争のエピソード。ゼノギアスは未プレイでもOKです。
サーガは、ゾハルというエネルギー装置をいろんな機関が狙っている、という話になるのかな。ゾハルはウドゥという存在からエネルギーを引き出していて、生身の人間がウドゥと接触すると狂ってしまうという設定だったかと。
SF設定オンパレードなので難しいのですが、ミルチア紛争という出来事がいろんなメインキャラと絡んでいるキーポイントなので、そこを中心にストーリーが語られると思っておけばいいかも。
ゼノサーガ1はみんなが思わせぶりで、意味深な言葉だけ振り撒いていく伏線回なのでだいたいが意味わかりません(笑)
ただその設定も2からスタッフが一新されたので上手く繋がってないところがある。

・プレイ感とか
移動と戦闘以外のイベントはほぼほぼムービー。ムービーで時間取られるのもあって、セーブポイントに行くまでの体感時間が長いような気がします。
演出自体は良くて、特にKOS-MOSの起動シーンなんて映画のワンシーンのようでわくわくしました。
群像劇っぽい雰囲気もあって、いろんなキャラ視点で描写されるのが面白い。
声優さんは大御所目白押しですごかった。特に山ちゃんの狂人キャラが怪演。
それと曲がすごく良い~~重厚さもあってSFの雰囲気に合ってます。

・キャラとか
キャラデザやキャラはけっこう好きです。ゼノギアスよりはキャラがわかりやすい。
モモちゃんとジギーの疑似親子的な関係とか好きです。
キャラモデルは目が大きくて癖が強めなので好き嫌い分かれるかも。あと表情がちょっとわかりにくい。
主人公のシオンがかなり感情移入の難しいキャラでした…社会人女性なんですが、部下の扱いがぞんざいだったり職権乱用(というか暴走)したりが甚だしい。天真爛漫キャラとかならわかるのですが、怒りっぽくて博愛主義者というよくわからないキャラなので…
モモちゃんが、幼いのにかなり自制できているキャラなので、対比が目立ってしまうところはある。(というか見た目少年のJr以外はパーティキャラはみんな自制できるキャラ)

・システムとか
基本的にはコマンド式RPG。ゼノギアスの踏襲でボタンの組み合わせで技が出せます。
敵シンボルが避けられないことが多くて(逃げてもまた戦闘になる)、戦闘の体感時間が長いです。
装備品からスキルを習得するというシステムがあるのですが、これは上手く使うと便利で面白かった。
例えば炎防御の装備があるとして、装備品として使うと一人しか装備できませんが、スキルだと同じ装備から別々にスキル獲得できるので全員分のスキルをそろえることができます。スキルポイントは消費しますが、ステータス防御系はこれがあると便利。


DS版のゼノサーガI・IIというのも出ています。
エピソード1と2を一本化してまとめた作品。シナリオ、特に2の部分を大幅修正してあるので、ストーリーの流れを追うならPS2版よりかなり出来が良いそうです。ただ、PS2版未プレイの人には少々わかりにくい部分もあるとか。あとシオン主人公でまとめてるので、他の人のエピソードはサブイベントになっちゃってるらしい。
グラフィックは一新され、ドット絵調でテンポも良いそうな。ボイス無しで曲も違うらしいところは残念。
RPG | Comments(0)
2019/01/20

アークライズファンタジア  プレイ感想

アークライズファンタジア (Wii)

2年ごとぐらいに詰まる→やり直すループしててクリアに8年ぐらいかかりました…
ボス戦がキツイんだよー
でもゲームはシステム良しキャラ良しストーリー良しで面白かったです
あとグラフィックも良かった。アニメ調のキャラデザだったら、これぐらいのキャラモデルが好きだな~

・ストーリーとか
テイルズの人がシナリオ担当だそうなので、アビスあたり好きな人ならばっちりだと思う。
巻き込まれ型主人公が世界の危機を救うために旅をする(ボーイミーツガール有)…という、ざっくりあらすじなら王道RPGなんだけど、裏切られ展開ありまくりで序盤~中盤の目まぐるしさがとても面白い。
終盤にかけては、事態の収拾に向かいながらもわりと主人公に辛い展開が多くて、序盤のほのぼの感を思うと悲しすぎる…
エネルギーの取り合いによる国家間の戦争、宗教対立の戦争にもなだれ込んでいくのですが、主人公の「当事者」感が強くて、他のRPGよりも戦争の印象が強かったです。
主人公・ヒロインの成長もちゃんとあって面白かったし、いろんな真実が明かされていく展開も面白かった。
(隠された真実的な展開大好き)

・キャラとか
どのキャラも良かった~~
初プレイ時は声優さんの名前よく知らなかったのですが、いい声優さん(特に男性陣)が揃ってます。
ラルク役の中村さんが声ピッタリなのと、個人的にはサージュ役の小西さんがとっても良かった…
パーティトーク(テイルズでいうスキット)がかなり多いのと、戦闘中の掛け合いボイスもキャラごとにいろいろとあるので、キャラに愛着わくしキャラ同士の関係も楽しいです。
みんなまとめて仲良しこよし~じゃなくて、キャラごとに距離感違うのも良かったな。個人的にはセシルと年長組のやり取りが好き。
年長者でも30代とかなので若者パーティではあるんだけど、年長者はいろんな経験ゆえに自立してて若者への助言・説教ポジションなのが良かった。
どのキャラも(仲間だけじゃなくて)欠点がわかりやすく描写されているのもまた人間臭くて良かったです。その欠点のせいで誤解やすれ違いが起こってしまうのもよくわかるな~(つらい)

キャラはヒロインのリフィアがすごく可愛くて好きです。箱入り天然ピュア娘。
無垢なのも無知なのも設定として意味があって、聖人君子じゃいられなくなってしまう(普通の人になってしまう)過程もとても好き…

・システムとか
コマンド式ターン性バトルではあるんだけど、ボス戦は難易度高いしすごく頭使います。
パーティ全体で使用できる行動ポイントが決まっていて、それをターンの中で割り振りするシステムになっています。移動や防御にもしっかり消費ポイントが決まっていて、位置取り・防御タイミング・盾役の設定などもかなり重要。
武器は攻撃力が設定されていないので、敵の特性等に合わせて武器選びをするのがセオリー。武器ごとに追加アビリティが付いていて(取り外しできるものもある)それをどう組み合わせてバトルに対処するかというのもポイント。
範囲攻撃持ちのボスが多いので、散開しつつ弱点属性で攻めるというのが基本でしょうか。ボスは行動順と行動回数はターンごとに見えるので、状況によってはHP減ってても回復→防御よりも防御→回復の方が良い場合もあったり。
勝てないときはレベル上げも有効。(使用できる行動ポイントの最大値が増えるので)
私は、ラルク(主人公)固定でリフィア・セシル・オイゲンのうち二人をボス戦メンバーにすることが多かったです。
ラスボス戦はレベル57(ラルクだけ58)だったので、たぶん高くもなく低くもなく?

・以下、苦労したボス戦(読み飛ばし推奨)
将軍戦(廃都戦):
超鬼畜ボス(詰みポイントでした)。
43までレベル上げ、開幕攻撃はバネトゥ(物理無効)にして風魔法で取り巻き撃破優先。
ラルク+リフィア+セシルで散開しつつディスペル(強化解除)優先でちまちま削りました。大技狙うと一気に崩れそうだったのでひたすらアクセル→ゲイボルグしてた…終盤の将軍戦も同じ戦法で安定。
その次の玉座戦(3人戦闘)は散開してディスペル撃ってたらあんまり攻撃してこなかったのでディスペル大事…ってなった

ディノス戦(終盤):
アイテム使い切る勢いでクドアンヌ契約(どうやって勝ったか覚えてない)できたので、揚々とディノスに挑んだらこてんぱんにされた…54までレベ上げ(ついでにマシュガル契約)して再挑戦。(アルル契約は1時間粘った挙句敗北したので諦めた)
ラルク+リフィア+セシルで散開、お供召喚しなくなるまでひたすら風魔法連携で巻き込み攻撃しつつ防御多め戦法してたら倒せましたね…

ラスボス戦:
キツかった。死ぬ→生き返るのゾンビアタックでやけくそ戦闘だった。舞台が狭い+ゲストのせいでどうしても範囲攻撃の餌食になるので、回復役だけ隔離して(あまり狙われなくなる)範囲回復と蘇生魔法をひたすら使ってた
RPG | Comments(0)
2018/06/17

FF9

ファイナルファンタジー9


ン年ぶりにクリアしました…良い…
デザインや街並みは絵本のような世界観なんですが、街が破壊されたり、人が死んだり、だんだんつらい展開が入ってきます
(と言っても鬱系の作品ではなく、普通のRPGレベルですが)

「生きる」ということがテーマになっているのがとてもとても良い
若い頃よりある程度の年齢の方が沁みるかも
みんな弱い人間で、助け合って乗り越えていくのが良かったし、一番幼くて気弱なビビからみんなが「生きる」ことの意味を教わっていくのが良い
生きるということは、単に命があるということではなく、心を殺すことではなく、思考を停止することではない
精神的に大人でみんなに道を示していた主人公が、自らの真実を知って揺らいでしまい、そのとき主人公に導かれたみんなに助けられるという展開もまた良い

むかしはエーコがちょっと苦手だったんですが(押しの強い女の子キャラ苦手なので)
あらためてプレイしたらいいな~…ってなりました
わがままだけどお節介で、やきもち焼きだけど意地悪じゃない女の子
一人ぼっちで生きてきた幼い女の子
最終戦でパーティ決めるとき、選ばれなかったキャラが一人ずつ台詞を言ってくれるんだけど
エーコが「さみしくなんかないわ」って言うのめちゃ泣けてしまった
(しかし全滅して結局エーコ主力で倒しましたが/笑)

「仲間」とか「助け合う」とかが根っこになっているんだけど
各々の大事な決断は一人でくだすんだってところ、めちゃくちゃ好きです…
最後にジタンが一人で決断して、そこにみんなが「自分も!」って乗ってこないところがいいんだよな
それぞれにはそれぞれの役割があって、それぞれが大事にしているものがある
そこの距離感を大事にしていて良い

FF9のグラフィック、すごく好きなんだけど、デザインの良さだけじゃなくてなんでかな~と思ってたら
絵本を見てるみたいだからなんだな~と思いました
ドット絵とか2Dキャラが好きなんだけど、かといって3Dが嫌いというわけじゃなくて、
…と思ってたら、ドット絵時代ってキャラが俯瞰だからなんだな~と
昨今はグラフィックが向上しててすごく綺麗にキャラが見られるんだけど、
カメラがみんなキャラ寄りかキャラ視点なんだよねえ
背景の中にキャラが入り込んでるのが見れるFF9はすごく良い塩梅だったなあ

ちなみに一番好きなキャラはフライヤです
デザインがめちゃくちゃ好きだし竜騎士のジョブも好き~
あんなにカッコイイのに好きな人の前では一人の女なところも好きだ
RPG | Comments(0)
2017/11/12

ケイオスリングス プレイ感想

記事書くの久しぶりだった

ケイオスリングスIII (vita)

・概要とか雰囲気とか
元々は携帯ゲームで展開していたシリーズ。
IIIの前日譚の「I」「Ω」「II」が無料ダウンロードできるようになっています。
雰囲気と世界観は前日譚とIIIでガラッと変わるので、好み分かれるかもしれないな~と思います。
個人的には前日譚の3作品の方が好み。
前日譚は世界観も展開もハードで、キャラデザも硬派な感じ、声優さんはベテラン勢揃えてます。世界観はSFが混じってくるハードファンタジーな感じ。
(個人的に、初代の仲悪い男女コンビがめちゃ好みだった…)
IIIの方は最初からSFっぽいというか未来的な世界観で、雰囲気やキャラはラノベっぽいです。
シリーズを通して、宇宙からの脅威がやってくるので、星を守るために人類(主人公)を育て上げようというような展開が入っています。

・プレイ感とか
元が携帯ゲームにしては、システムもシナリオもしっかりしていて不満点はほとんどないです。
前日譚の方は分岐シナリオがプレイできるので、ルートによってキャラごとの事情とか見れて面白い。
不満点を上げるなら、ダンジョンがほぼコピペレベルというか、同じマップを何度も攻略する破目になるところかな。
IIIの方はクエスト受注システムなので、好きな人はとても楽しめると思うのですが、同じダンジョンに何度も行くので、やはり同じマップばかり攻略することになってしまう…
前日譚の方はそれぞれキャラが立っているのですが、IIIの方は無口主人公(選択肢)になってしまい、ムービーでもしゃべらないので、どうにも主人公が空気っぽくなっている気がします。
また、IIIはメインキャラが多くそれぞれにスポットがあたるのであっちこっち話が分散しているイメージがある。ただ、その分章立てでけっこうシナリオにボリュームがある感じではあります。

・システムとか
基本はコマンド式RPGですが、攻撃の仕方によって場の有利不利が入れ替わるので、その辺が戦略性あるかな~?って感じです。
あとはいわゆるスキルカードみたいなのを適宜装備することによってスキルが使えるシステムになってます。
RPG | Comments(0)
2017/07/22

セブンスドラゴン2020-II プレイ感想

セブンスドラゴン2020-II(PSP)
セブンスドラゴン2020の続編です。基本的には前作と一緒。
セブンスドラゴン2020プレイ感想

・ストーリーとか
相変わらず曲の緊迫感とドラゴン戦の絶望感とエグイ展開がすごい…
モブもわりと精神的に壊れかけてたり悲惨な死に方をしたりする展開があります。前作に負けてない。
前作で生き残ったキャラは安泰やろとか思ってたらいろいろとなにこの展開ー!
CGは相変わらず二等身チビキャラなので映像的にエグイ感じはないです(欠損グラフィックもないです)。

前作の直接の続編ですが、一応は今作からでもついていけるかも。
ドラゴンの襲来により世界は壊滅状態に陥ったが、精鋭たちを集めたムラクモ13班(主人公パーティ)や自衛隊の活躍によりなんとかドラゴンを退けることに成功した。のが前作の話。今作はその1年後になります。
今回もドラゴンが襲来し、それを倒して陣地を取り返していく流れは前回と同じです。
我らがキリノさんはやはりヒロインだったが展開がヒドイ…(つらい)
あと一作でとりあえず外伝完結ってことみたいですね。(またドラゴン襲来するのか)

・システムとか
相変わらず戦闘はごりごり歯ごたえあるのですが、前作プレイ者にとっては少し物足りないかも…
難易度の意味ではなく、まずマップが同じ、キャラ職業が同じ(追加はあり)なので育成が前作の繰り返しみたいな感じになります。
補助系職業のアイドルが追加、一作目のセブンスドラゴンに登場したルシェという種族が出てくるので、ストーリーを進めると選択できるキャラデザが追加されます。
アイドルはポジション的にはハッカーと似てるかも。回避が高くて、敵の行動を回避するとリアクト(再行動)が使えます。全体(状態)回復や仲間強化等、ハッカーの補助と似ていますがターン継続ではなく各ターンごとにかける感じ。状態異常攻撃等もいくつか使えます。

今回はサムライ・サイキック・アイドルの組み合わせでやりました~
アイドル男子で木村良平さんの声にするとピッタリでめちゃ可愛かった。

・プレイ感とか
サクラバ兄妹との戦闘がツライのハイライトだった…直前の手に汗握るボス戦は何だったんだってぐらい、難易度跳ね上がります…下手すると一撃死×2人ってなんなんだ。
ショー兄を先に倒した方が楽。あと、装備の付け替えも重要かな。敵のスピードが結構速いので、サポートキャラはスピード上げる装備しておいた方が良いです。
終盤の敵とか特に状態異常がキツイので、装備やスキルが重要。
私はサイキックを補助寄りに育てていたので、サムライで自分回復+状態回復、サイキックで全体状態異常回復、アイドルで全体回復+状態回復という万全の構えでした。ただし補助スキルで準備してから一気に攻撃、というプレイスタイルだったので、ドラゴン乱入戦(主に終盤)は運との戦いになってしまった…(笑)
RPG | Comments(0)
2017/05/27

レジェンドオブレガシー プレイ感想

なんかすごく久しぶりにRPGクリアした…

レジェンドオブレガシー(3DS)

めちゃくちゃ人を選ぶRPGです。やり方によってはかなりのマゾゲー。
ちまちまこつこつやる人向け、世界樹とか好きな人はいいかもしれない。
曲がめちゃくちゃ良くて、キャラデザもデフォルメ系でかわいい。世界観もほどよいファンタジー。

・概要とか
突如現れた島は、伝説の幻の大陸の名を取ってアヴァロンと呼ばれることになり、世界中から冒険のために人が集まってくる。主人公もその一人で、古代の神々の遺産とその謎を追っていくことになる。
主人公は7人の中から一人選びますが個別ストーリーはほぼ無しで、全体のストーリーも遺跡を次々発見していくのとエンディングがあるぐらいでかなり薄味。
各キャラに設定があり、それぞれのプロローグとエピローグがあります。キャラによって記憶喪失だったり精霊のことを調べに来たり、いろいろと個人的な事情があります。全員分やれば全体図が見えてくるらしいのですが、7人分やるのはなかなか根気が必要。

・システムとか
戦闘システムはなかなか面白いです。サガシリーズと似ていて、各キャラいろんな武器と盾が装備でき、技は覚醒(サガでいう閃き)で戦闘中にランダム発生で覚えます。強敵と戦うと覚えやすい。
3人パーティで、アタック・ガード・サポートのフォーメーションを適宜設定して戦います。
技は使い込むことで戦闘中にレベルが上がります。キャラにもアタックレベル・ガードレベル・サポートレベルがそれぞれ設定されていて、戦闘後に成長します。HPとSP(技ポイント)は戦闘終了後に上がりますが、敵が弱いと成長できません。
また、戦闘不能になると&そのときにダメージを受けるとHPの最大値が下がってしまいます。宿に泊まると回復します。
特徴的なのが魔法システムで、精霊と契約しないと術が使えないので、戦闘中は精霊契約にターンを使うことになります。使えるのは炎・水・風の3種類ですが、敵も精霊との契約を狙ってくるので、場合によっては精霊の取り合いになることが…
このあたりが戦略性があって面白いと取るか(行動順をずらすことですぐ取り返したり、逆に次ターンに持ち越すためにターンの最後に取り返したりできる)面倒くさいと取るかは人それぞれだと思います。
契約中は炎=攻撃力アップ、水=HP回復、風=SP(技ポイント)回復の恩恵があるので、術を使わなくても取っておきたいし敵に取られたくない。って感じが面白いかな~

地図はオートマッピングなのですが、地図情報を売ってお金に替えることができます(同じ場所は一度しか売れない)。100%に近い地図ほど高く買ってもらえますが、難易度が高い。
地図を売ると一度に出現する敵の数が減る・他の冒険者たちがやってきていろいろサポートしてくれる、と恩恵を受けられるのですが、RPG慣れした人ほど最後まで売らないと思う(笑)。私は全部100%にしてから売りました。
地図を売った場所ではたまに新しいポジション(フォーメーションの)を教えてくれる人が現れるのですが、100%にした場所だとその後なかなか行かないから罠だよね…(笑)

敵はシンボルエンカウントで、一部のボス敵以外は逃げることができるのですが、ペナルティがない代わりにダンジョンの入り口まで戻されてしまうので探索やり直しになります(逆に帰りたいときには便利)。
またサウンドがすごく良くて、敵のシンボルによって違う音(鳴き声等)を出すので、どの方向にどんな敵がいるのかわかりやすくなってて臨場感もあって良いです。
敵は地図を売らない場合かなり強いので、雑魚戦で全滅しまくれます。
クイックセーブ(R+X)・リセット(L+R+スタート)のコマンドがわりと快適ですが、これ使わないとまともに進められないと思う…かなりの敵避けゲーになるので、下手すると敵と戦わなさすぎて成長足りないままボスに行ってしまいます!(笑)

ラスダン突入時点のHPが300・300・200しかなくて、攻略サイト見たら推奨HP500ぐらいになってて、!!?ってなった…
ラストの連戦で死んで最大HP減ってたから、結局250・250・200ぐらいでクリアしました。よくクリアできたな…?
パターン作ってひたすら繰り返しで1時間ぐらいかかった…
内訳:ガード役・ひたすらガードカウンター、サポート役1・ひたすら水精霊と契約、サポート役2・回復係精霊契約係シールド係かつ手が空いたら攻撃:フォーメーションは全員ガード


とりあえずリベルでクリアしました!(パーティメンバーはオーウェンとエロイーズ)
リベルはトレジャーハンターの青年で、星杯というお宝を目当てにアヴァロン島にやってきたという設定。
エンディング部分は共通だと思うのですが、星杯ってそういうことか~~って感じの終わり方が素敵でとても良かった。
EDの曲もかわいいよ~~~
一応地図はどんどん売ってしまうのが推奨で、20時間ぐらいが想定クリアタイムだそうです。30時間かかりました!
2周目はカエル王子を主人公にするぞ~!(笑)


※追記
・周回プレイについて
2周目は1周目に所持していたアイテムが交易に出現する、神人をすべて砕くとラスボス1戦目をスキップできる、だそうです。
また、オプションでキャラのグラフィックを変えることができるようになる。

2周目5時間ぐらいプレイしてみての感想ですが、遺跡を発見した時や歌う岩に関してのセリフ等が主人公ごとに違うのでキャラ感あって楽しいです。カエル王子(フィルミア)のセリフ楽しすぎ(笑)。
また、フィルミアの場合どうやら失われた種族?らしいので、古代のことについてもなんとなく知っている?らしく、ちょこちょこ意味深なセリフがある。また岩のポエム(笑)はアヴァロンが滅びる前のストーリーみたいなので、2周目以降だとなんとなくわかってきます。
私の場合、1周目はただのトレジャーハンターでありそれ以上でも以下でもないリベルだったので全然大した情報なかったけど(笑)。特殊な事情っぽいキャラを2周目以降にするとちょっとわかりやすくなるかもしれない。
ストーリーらしいストーリーはないのですが、キャラのセリフや情報の断片を繋ぎ合わせて、自分の中で再構築していくのがストーリーって感じの作品なのかな~…確かにこれは好み分かれる…

・それとちょっと気づいたこと
精霊との契約は時間が経つと効果が薄れる、何度も契約し直すと効果が高まる。毎ターン場の精霊の強さが変わるので、チェックしつつ調整するとよい。場で一番強い精霊によって違う効果が得られる。例:風が強いと敵味方共に物理半減される
邪が一番強い場合、敵の攻撃力が大幅アップするので違う精霊に替えた方がよい。
わりと精霊が鍵になるゲームかも。精霊の取り合いになるときは行動順を調整した方がいいので(水はターン後に回復されるので最後に、炎は術が強力なので先に取り返す等)、新しいポジションをゲットして調整するとよい。
RPG | Comments(0)